検索結果

第4回世界原子力展示会 WNE 2020 2020年12月8~10日に開催延期を決定

Kaori SUENAGA - 16-avr.-2020 05:02:57
  第 4 回世界原子力展示会 WNE 2020 2020 年 12 月 8 ~ 10 日に開催延期を決定   3 月 20 日に延期が下された世界原子力展示会「 World Nuclear Exhibition (WNE) 」は、出展者や来場者の万全な条件の下に、この世界的な民間原子力産業のイベントを年内に開催 することを発表いたします 。 WNE の新しい日程は 12 月 8 日から 10 日、会場は当初の予定通り、パリ・ノール・ヴィルパント見本市会場(ホール 7 )です。 WNE 会長 モーリス・グルドー = モンターニュと Reed Expositions France 社長 ミシェル・フィルツィ は次のように述べています。「私どもは、お客様やパートナーの皆様から多くの励ましのお言葉を頂戴いたしました。この新たな日程と当初と同じ会場を確保できたことは、特に国外からの出展者や来場者の方々にとっては朗報です。現代的且つ安全を確保された適切な体制で、参加者の皆さんが数々のソリューションを発表し経験を享受する 3 日間となることでしょう。」 この日程の変更が関係者各々の予定にインパクトを与えるということを念頭に置いたうえで、全世界の原子力業界のコミュニティにとって最適な国際イベントの日程が検討されました。 一方、 WNE はこの未曾有の状況を革新の機会ととらえ、また原子力業界の方々とのコンタクトを維持するうえでも、当初の 6 月の日程( 23 ~ 25 日)にデジタルイベントを開催する考えです。つきましては、数週間中にプログラムを発表いたします。 詳細はこちらをご覧ください: https://www.world-nuclear-exhibition.com/en-gb.html WNE 展示会主催者連絡先: wne@reedexpo.fr    

データ取引の仏Dawex(ダウェックス)社 新型コロナウィルス対策で企業向けにデータへのアクセスを無償提供

Asako MATSUKI - 31-mars-2020 04:14:19
新型コロナウィルス感染拡大を抑止、経済的影響を最小限におさえるデータ取引 仏Dawex(ダウェックス)社 企業や公的機関向けに非個人データへのアクセスを無償で提供 世界保健機関(WHO) や 欧州連合(EU) らが情報共有の重要性をよびかけるなか、データ・エクスチェンジのリーディングカンパニーで、最大のデータマーケットプレイスを運営する 仏Dawex(ダウェックス)社 は、新型コロナウィルス感染対策の為のデータ取引を始動することを発表しました。現在の危機的状況の打開策発見に貢献する企業や公的機関らに対し、無償でプラットフォームを開放します。同社技術により、新型コロナウィルス感染症拡大を抑制し、経済的影響を最小限に抑えるためのデータ取引が可能になります。 科学者、病院、医療施設、医薬品研究所、流通、物流業、医療機器の製造販売、コンサルティング、技術開発を推進する企業、ヘルステック関連スタートアップ、銀行、保険、国や地域の保健衛生機関、その他サービス業など、幅広い業種が対象となります。これら企業や機関は、ダウェックス社が提供する、安全でプライバシーが保護されたワールドワイドなプラットフォーム上でデータを公開、または複数のデータリソースから非個人データを得るなど、データのやり取りが可能になります。こうした情報共有は危機的局面下で発生するあらゆる問題の早期解決の一助となるでしょう。 「危機を乗り越えるため、多くの企業や組織が連帯し、解決に至るべく連携を強めています。ダウェックス社は、自社技術やプラットフォームを、すべての企業や組織に速やかに開放し、企業が最適な状態でデータのやり取りができる環境を提供します」とダウェックス社共同創設者Laurent Lafaye(ロラン・ラファエ)は述べています。 国際機関や企業、自治体、すべてが一丸となって、非個人データの共有によりウィルス感染拡大防止、経済損失回避につとめています。この取り組みへご賛同いただける企業・機関の方、 こちらよりご登録お願いいたします 。 同社の新型コロナウィルス対策のデータ取引プラットフォームでは、ユーザー企業が、データを共有する相手を選択し、すべてのデータ取引のフローを管理するなど、自社で取引を完全にコントロールすることが可能です。データの機密性、有用性を保つため、審査をクリアした企業や組織に限ってプラットフォームへのアクセスが認められています。 「新型コロナ危機は、今後のデータ利用方法について改めて考えるきっかけとなるでしょう。データを提供する多くの企業が、速やかに無償でデータ共有を試みるでしょう。デロイトのデータマネジメント、医療、AI分野の専門家チームも、ダウェックス社の技術とよびかけに参加しています」とデロイトのシニアパートナー、Mathieu Colas(マチュー・コラス)氏も述べています。 Dawex社共同創設者、Fabrice Tocco(ファブリス・トッコ)は以下のように話しています。「新型コロナウィルス対策のデータ取引は、禍中にある危機を乗り越えるためにデータ取引を加速させるでしょう。さらには、企業・組織のコミュニティが一丸となって、来る難局に対応できる能力を高めていき、より良い未来を作り上げることができるのです」 Dawex社について Dawex社は、データ・エクスチェンジのリーディングカンパニーで、最大のデータマーケットプレイスを運営しています。企業や組織が安全かつ効率的に、コンプライアンスに則って、直接データを取得、販売、共有できるプラットフォームを提供しています。20を超える業界の1万社以上の企業・組織がDawex社のグローバルデータマーケットプレイスとデータエクスチェンジプラットフォーム 技術により、自社のデータ戦略を構築しています。2015年に設立、本社所在地はフランス、リヨン市。50か国以上でサービスを提供しています。 https://www.dawex.com/ja/  本件に関するお問い合わせ フランス大使館 貿易投資庁-ビジネスフランス 松木  asako.matsuki@businessfrance.fr