プレスリリース

仏ダウェックス(Dawex)社 分散型データ取引技術を発表

Asako Matsuki - 09-oct.-2019 10:13:09

データマーケットプレイスの利用者が、フレキシブルにデータ取引と決済を管理できるハイブリッド機能 データ・エクスチェンジのリーディングカンパニーで、最大のデータマーケットプレイスを運営する 仏Dawex(ダウェックス)社 は、10月6日~10日、中東・アフリカ・南アジア地域で最大のIT見本市 GITEX2019 に出展し、 データ・エクスチェンジ・プラットフォームのハイブリッド機能  (Data Exchange Platform hybrid capabilities) を発表しました。分散モードと管理モードを組み合わせることで、データ取引で収益が出る場合に、データ提供者と利用者の間の決済管理をサポートします。 多くの企業・組織間で、安全かつ簡単にデータ取引が可能となった今日、データは戦略的資産と化し、劇的にその価値を高めつつあります。データの提供者・利用者が、信頼できる枠組みのなかで取引を行える仕組みを整備することは、データマーケットプレイス、データ取引プラットフォーム運営側の役目です。 このたび発表したハイブリッド機能により、データの提供者、利用者、取引プラットフォームの運営者の間で取引が収益化される場合、データ取引と決済管理において、2つのモードを選択できるようになりました。分散型モードでは、ブロックチェーンを活用し、安全で、トレーサビリティ、透明性が確保された枠組みのなかで、仲介なしでデータ取引を行うことが可能です。この新機能は、改ざん耐性のある 既存のブロックチェーンを基盤とした機能 を補完するものです。管理モードでは、ステークホルダーがデータ・エクスチェンジ・プラットフォームの豊富な機能を利用して、データ取引と決済を管理することができ、さまざまな付加価値の高いサービスから利益を得られるというメリットがあります。 Dawex社共同創設者兼CEO、Laurent Lafaye(ロラン・ラファエ)は「世界の8000社を超える企業・組織が利用する最大のデータマーケットプレイスを運営することで、Dawex社はデータ流通市場の拡大に向けた機運が高まるなか、エキスパートとしての地位を高めています。データ流通に積極的な企業や組織は、今や、どういったモデルで、いつ取引するかを決定できる仕組みを求めていると弊社は感じています。ハイブリッド機能により、企業や組織のデータ戦略にフレキシブルに対応できる運営者として、唯一無二の地位を確立しつつあります」と述べています。 企業によっては、分散型のブロックチェーンを基盤としたモデルの早期適用を検討しています。Dawex社の新しい分散型データ取引技術をローンチし、大規模なデータマーケットプレイスの運営者として、専門知識をもつ企業の担当者に向けて、技術的プロセスをデモンストレーションする機会として、イノベーションの最先端をいくドバイの巨大IT展示会GITEXに出展しています。 同じくDawex社共同創設者兼CEOのFabrice Tocco(ファブリス・トッコ)は「データマーケットプレイスに参加する企業や組織にとっては信頼が鍵となります」と付け加えています。「企業規模にかかわらず、あらゆる業界の企業・組織が、ワンストップでデータ流通できるプラットフォームを提供しています。データ流通のステークホルダーが求めているのはプライバシーが保護された安全で信頼できる枠組みです。ブロックチェーンを基盤としたデータ取引プラットフォームで取引を行うことで、企業は、アルゴリズムに基づいた信頼というさらなる恩恵を享受できるようになります」と述べています。 Dawex社について Dawex社は、データ・エクスチェンジのリーディングカンパニーで、最大のデータマーケットプレイスを運営しています。企業や組織が安全かつ効率的に、コンプライアンスに則って、直接データを取得、販売、共有できるプラットフォームを提供しています。20を超える業界の8000社以上の企業・組織がDawex社の グローバルデータマーケットプレイス と   データエクスチェンジプラットフォーム 技術により、自社のデータ戦略を構築しています。2015年に設立、本社所在地はフランス、リヨン市。パリ、サンフランシスコ、モントリオールに事務所を構え、アジア、中東へ事業を拡張しています。 https://www.dawex.com/ja/   本件に関するお問い合わせ フランス大使館 貿易投資庁-ビジネスフランス 松木 03-5798-6149 |  asako.matsuki@businessfrance.fr

プレスリリース
  新技術 イノベーション サービス産業

電子 コンピューター

ボルドー甘口ワインが11月8日にイベントを開催

Kaori SUENAGA - 04-oct.-2019 11:29:10

    ボルドー甘口ワインの生産者来日 Sweet Bordeaux ワイン業界プロ向けマスタークラス& テイスティング開催 201 9 年 11 月 8日 (金) 会場:東京ステーションホテル 陽光の間 https://www.tokyostationhotel.jp/ 要事前申し込み   マスタークラス(定員40名): 13 : 00 ~ 14 : 00 ( 12 : 45 開場)  フリー・テイスティング(試飲商談会): 14 : 15 ~ 15 : 30       来る 11 月 8 日(金)東京ステーションホテルにて、ボルドー甘口ワイン生産者連合主催のマスタークラスとテイスティング(試飲商談会)を開催します。   今回のイベントでは来日する生産者とともにスウィートボルドーの 10 以上のドメーヌをご紹介し、主に未輸入のワインを日本のプロの皆様に飲み比べ頂きます。   生産者たちは日本市場開拓を目指して、日本のワイン業界プロの方、インポーター様へ様々なご提案をご用意致します。   ボルドー甘口ワイン生産者連合は現在 8 つのアペラシオン( Bordeaux Supérieur 、 Côtes de Bordeaux Saint-Macaire 、 Sainte-Croix-du-Mont 、 Loupiac 、 Cadillac 、 Premières Côtes de Bordeaux 、 Cérons 、 Bordeaux Moelleux ) を統括しており、 350 以上の生産者が高品質で希少なワインを作っています。その生産量は、ボルドーワインの全生産量の 2 %ほどにすぎません。   マスタークラスでは、トップソムリエ井黒卓氏を講師にお迎えし、和の食材とのペアリングもご堪能頂きます。 セミナー後は、フリー・テイスティングスタイルで、生産者と直接対話しながら、さらに様々な種類のワインをテイスティングして頂きます。   貴重なこの機会をお見逃しなく、是非ご参加ください。 マスタークラス&テイスティング 概要 特別講師 井黒卓氏 会場:東京ステーションホテル  https://www.tokyostationhotel.jp/ ※要事前申込み 日時: 2019 年 11 月 8 日 (金) §   マスタークラス(定員 40 名): 13 : 00 ~ 14 : 00 ( 12 : 45 開場)  §   フリー・テイスティング(試飲商談会): 14 : 15 ~ 15 : 30   マスタークラスは定員 40 名に達した場合、お断りする場合がございます 。   【お申し込み】 参加ご希望の方は 10 月 25 日(金)までに 、下記のエントリーフォームよりお申込みください。 ・メール、ファックスの場合は「 Sweet Bordeaux 申し込み」と明記の上、氏名、企業名、ご連絡先メールアドレス、電話番号を下記までお送りください。   こちらから ⇒   エントリーフォーム   お問い合わせ: フランス大使館 貿易投資庁-ビジネスフランス 酒類・食品担当:木曽 Email :  agrotech.japon@businessfrance.fr   Tel : 03-5798-6121 / Fax : 03-5798-6081    

プレスリリース
  食品 酒類

食品 グルメ

オルラーヌの新製品 B21 ネック アンド デコルテ

Kaori SUENAGA - 30-sept.-2019 05:35:29

新製品 ネック・デコルテの最新エイジングケア * ¹ B21 ネック アンド デコルテ   2019 年 11 月 1 日 ( 日 ) 発売開始   オルラーヌブランドのベストセラー・プログラム“ B21 エクストラオーディネール ”から、この冬、新製品“ B21 ネック アンド デコルテ”が発売になります。その名の通り、 お肌の中でも特にデリケートで年齢を感じさせてしまう 首からデコルテにかけてのケアにフォーカスしています。 11 月 1 日(日)新発売  B21 エクストラオーディネール ネック アンド デコルテ B21 SOIN EXTRAORDINAIRE Neck & Décolleté Lifting Care 50 m l  本体価格 17,500 円   首からデコルテにかけては、以下のような特徴があります。 ·         皮膚が薄く、デリケート ·         時と共にハリが失われ、首には横ジワ、デコルテには縦ジワが出現 ·         シワは年齢以外にも、環境や紫外線、姿勢、睡眠時の位置にも起因 ·         加齢により顔の皮膚よりも早く弛む傾向があり、顎のラインがぼやける オルラーヌは、こうしたダメージが表れやすい首元へ、 独自のアプローチで、若々しい印象に欠かせないハリ・弾力・うるおいに満ち、なめらかで引き締まった肌へと導きます。     オルラーヌの長年のエイジングケア * ¹研究の結晶 “ B21 エクストラオーディネール ”プログラムとは… 若い頃は治癒が早かったキズや病気…。肌も同様に、若い頃はダメージをその日のうちに修復できたのに、段々と修復力が落ちてダメージを蓄積するようになります。それは細胞の老化が原因です。そこでオルラーヌは、老化した細胞をリセットし、若々しさに必要な細胞機能とエネルギーの回復を目指す、革新的なアプローチでエイジングに立ち向かいます。 その秘密は、オルラーヌの独自の複合体 “ユースリセットコンプレックス * ²”とバイオ技術を駆使して抽出された 21 種のアミノ酸を含む“ペールアイリス葉細胞エキス(イリスパリダ葉細胞エキス )* ³ ”。 “ B21 エクストラオーディネール”はこの 2 つの成分をコアに、美容液、ローション、アイクリーム、クリームの 4 つの製品を展開し、この度ネック&デコルテが加わりました。 * ¹ 年齢に応じたケア   * ² ・加水分解ダイズタンパク    ・トリフルオロアセチルトリペプチド‐2 / デキストラン    ・ゲラニルゲラニルイソプロプロパノール / トリ(カプリル酸 / カプリン酸)グリセリル * ³ 保湿成分   オルラーヌについて: オルラーヌは 1947 年にフランスで誕生しました。この最高級スキンケアブランドは、製品の品質の高さ、優れた効果、また素晴らしい体験を提供するサロンで、世界中に知られています。また、高級百貨店、小売店、サロン(フランス、イタリア、ロシア、米国、カナダ、メキシコ、中国)との独占的なパートナーシップを通して、世界の最も重要なスキンケア市場において確固たる地位を確立してきました。   商品に関するお問合せ先: Orlane Paris JP 株式会社 東京都港区東麻布 1 丁目 23-5   PMC ビル 2 階 TEL : 03-5544-8922    

プレスリリース
  ファッション ライフサイエンス 化粧品

香水 化粧品

仏ダウェックス(Dawex)社、兼松株式会社と提携、データ取引技術を日本で展開

Asako Matsuki - 25-sept.-2019 03:25:10

戦略的提携で域内のデータエコノミー発展を促進、データ流通の最新技術を企業や公的機関に提供 データ・エクスチェンジのリーディングカンパニーで、最大のデータマーケットプレイスを運営する仏 Dawex(ダウェックス) 社は、日本におけるデータ取引技術のさらなる展開と普及を狙い、兼松株式会社(本社:港区芝浦 代表取締役社長 谷川薫氏)と戦略的パートナーシップ契約を締結したと発表しました。兼松株式会社はDawex社の技術に基づいたデータ取引プラットフォームを自社で開発・運営し、同社の国内外のネットワークに提供するとともに、データコミュニティの構築にも意欲的に取り組みます。本提携合意は 2018年11月の業務提携 を拡張し、各種規制に完全に則った形で、セキュリティが確保されたデータ取引プラットフォームにおいて、企業や団体がデータの調達、取引、マネタイズできる仕組みを日本国内に普及させる2社の取り組みを強化するものです。 「商社の使命は事業創造を通した社会貢献であるとの信念のもと、企業活動を展開しています。データ取引は、ますますデジタル化が進む経済において1つの基盤となります。Dawex社との提携により、データ取引業界における弊社の存在感を高められるでしょう」と兼松株式会社の上席執行役員 電子・デバイス部門長、原田雅弘氏は述べています。 Dawex社共同創設者兼CEO、Laurent Lafaye(ロラン・ラファエ)は「データ取引はグローバルな活動です。今日、弊社のマーケットプレイスを利用する組織の50%が外国企業です。日本はG20大阪サミットを経て「大阪トラック」を立ち上げるなど、データ取引事業を積極的に推進することで、国際的なデータ取引の規制枠組み構築におけるリーダーシップと取り組みを示しています」と述べています。 同じくDawex社共同創設者兼CEOのFabrice Tocco(ファブリス・トッコ)は「兼松株式会社とDawex社の提携は、データエコノミー発展に対する日本の重要な役割と貢献を反映しています。地位ある日本の商社との提携を前進させることができ光栄です」と述べています。「Dawex社と兼松株式会社は、データが新たなアセットクラスであり、最終的にはコモディティや株式と同じように、体制の整った取引所で取引されるものであるという展望を共有しています」 日本は「信頼性のある自由なデータの流通(DFFT : Data Free Flow with Trust)」というコンセプトの下、デジタルガバナンスに関するルール作りを進めるため、2019年6月に開催されたG20大阪サミットで「大阪トラック」を立ち上げました。また、欧州委員会と日本政府は2019年1月に、日EU間で個人データ保護水準に関する相互十分性を認定し、世界最大の安全なデータ流通圏を形成しました。 兼松株式会社は、一般社団法人データ流通推進協議会(DTA)でDawex社の総代理人として、日本におけるセキュアなデータ利活用の普及に貢献します。 兼松株式会社について 兼松株式会社は130年にわたり事業を営む総合商社です。国内外のネットワークと各事業分野で培った専門性と、商取引・情報収集・市場開拓・事業開発・組成・リスクマネジメント・物流などの商社機能を有機的に結合し、多種多様な商品・サービスを提供しています。また新たな時代に向け価値創造につとめます。 http://www.kanematsu.co.jp/   Dawex社について Dawex社は、データ・エクスチェンジのリーディングカンパニーで、最大のデータマーケットプレイスを運営しています。企業や組織が安全かつ効率的に、コンプライアンスに則って、直接データを取得、販売、共有できるプラットフォームを提供しています。20を超える業界の8000社以上の企業・組織がDawex社の グローバルデータマーケットプレイス と   データエクスチェンジプラットフォーム 技術により、自社のデータ戦略を構築しています。2015年に設立、本社所在地はフランス、リヨン市。パリ、サンフランシスコ、モントリオールに事務所を構え、アジア、中東へ事業を拡張しています。 https://www.dawex.com/ja/   本件に関するお問い合わせ フランス大使館 貿易投資庁-ビジネスフランス 松木03-5798-6149 |  asako.matsuki@businessfrance.fr

プレスリリース
  新技術 イノベーション サービス産業

電子 コンピューター

ラグビーワールドカップ2019TM ~ファンゾーン in 東京(調布駅前広場)に フランスブースを開設

Kaori SUENAGA - 17-sept.-2019 11:17:40

ラグビーワールドカップ 2019 TM   ~ファンゾーン in 東京(調布駅前広場)に フランスブースを開設   フランスでは国民的スポーツのひとつであるラグビー。フランス大使館およびフランス農業・食料省は、調布駅前広場で展開される ファンゾーン にフランスブースを開設します。フレンチ・フードを堪能しながら、「 Les Blues (レ・ブルー)」の愛称を持つフランス代表チームを一緒に応援しましょう。   フランスブースは、出場各国のブースが置かれる文化・交流エリアに開設されます。 ヴァン・ド・フランス委員会( ANIVIN DE FRANCE ) 、 フランス全国酪農経済センター (CNIEL) 、 フランスシャルキュトリ・ケータリング・食肉加工工業連盟( FICT ) の協力の下、フランスの食を代表するチーズ、シャルキュトリー、ワインをご提供します。また、ブースで資料を配布する他、試合の合間には、パブリックビューイングの大スクリーンでも、ワイン、チーズ、シャルキュトリーをご紹介する映像で、フランスの食への理解を深めていただきます。   【メニュー例】 -      グラスワイン( 300 ~ 500 円 / 税込): ヴュー・パープ・ルージュ / ブラン、メゾン・カステル・シャルドネ、マス・デル・ペリエ(赤・白)、ジェラール・ベルトラン KOSMOS レッドの 6 アイテムが並びます。ジェラール・ベルトラン氏は、ラグビーの元フランス代表。ワイン業界に転身後も、彼のワインは数多くのコンクールやワイン専門誌で高い評価を得ています。 -      AOP チーズ 3 種 プレート( 500 円 / 税込)、 6 種プレート( 800 円 / 税込): ブルー・ドーヴェルニュ、コンテ、カマンベール、マンステール、サンタンドレ、ブルサン、ブリー、ラングル、フルム・ダンベール、ミモレット、ボーフォール、モルビエ、ルブロション、サレールと、フランスを代表する様々なチーズをお楽しみいただけます。 -      シャルキュトリー プレート( 500 円 / 税込): ワイン、チーズと並ぶ、フランスの食文化を代表するシャルキュトリーは、ハムやソーセージ、パテといった、主にブタ肉を使った加工食品を指します。生ハムで有名なバイヨンヌは、フランスでもラグビーの盛んな南西地方の特産品です。   フランスブースは、フランス代表の試合日程を中心とした以下の日程でファンゾーンに登場します。 日付 開催時間 注目のフランス戦 9 月 20 日㈮ 12 : 00 ~ 22 : 30   9 月 21 日㈯ 12 : 00 ~ 22 : 00 フランス VS アルゼンチン(東京スタジアム) 9 月 22 日㈰ 12 : 00 ~ 22 : 00   10 月 5 日㈯ 12 : 00 ~ 22 : 00   10 月 6 日㈰ 12 : 00 ~ 20 : 00 フランス VS トンガ(熊本スタジアム) 10 月 12 日㈯ 12 : 00 ~ 22 : 00 イングランド VS フランス(横浜スタジアム) 10 月 13 日㈰ 12 : 00 ~ 22 : 00   10 月 19 日㈯ 14 : 00 ~ 22 : 00   10 月 20 日㈰ 14 : 00 ~ 22 : 00       フレンチバスのキッチンカーで、沢山の方のご来場をお待ちしております。   ラグビーワールドカップ 2019TM   ファンゾーンin東京 フランスブースに関するお問合せ先 : Sopexa Japon 担当 : 吉岡 Mail : pr_jp@sopexa.com   Tel. 03-5789-0083 ( 平日 9 : 30 ~ 12 : 30/14 : 00 ~ 18 : 00 ) FAX: 03-5789-0087     プレスコンタクト  : フランス大使館貿易投資庁 - ビジネスフランス  東京事務所 担当:末永 Mail : kaori.suenaga@businessfrance.fr  

プレスリリース
  食品 酒類

食品 グルメ

リヨンのバイオテクノロジー産業クラスター LyonBiopole 仏企業を率いて来日、バイオイベントに参加

Asako Matsuki - 13-sept.-2019 03:14:47

リヨンのバイオテクノロジー産業クラスター 仏企業を率いて来日、バイオイベントに参加 バイオ産業クラスター「リヨンバイオポール」は、フランス貿易投資庁- ビジネスフランスとオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏の支援のもと、革新的な会員企業6社を率いて来日し、10月8日の「 欧州のライフサイエンス企業との商談会 」(大阪)、さらに10月9~11日、アジア最大級のバイオ展示会「 BioJapan2019 」に参加し、日仏ビジネス交流を促進します。 フランスの優れた技術を日本に紹介 日本は今日、医療機器や医薬品分野において世界第2位、市場シェア10%以上に位置付けられる有望市場です。リヨンバイオポールは、会員企業が日本という重要な国との戦略的パートナーシップを確立できるよう、長年にわたる支援を行っており、今回は以下の6社を率いて、連続6年目となる来日を果たします。    ANS biotech (ANSビオテック)   鎮痛薬の前臨床薬理学に特化したサービス企業。2015年にISO9001認証取得。痛みにおける基礎薬理と、新たな鎮痛薬の研究開発プログラム実施における専門知識を組み合わせてクライアントに提案。     Axoltis Pharma (アクソルティス・ファーマ) 中枢神経系の神経変性疾患および外傷性疾患の治療に特化したバイオテクノロジー企業。   BioMeca®(ビオメカ) 生体試料の分析企業。バイオテクノロジー、製薬、デルモコスメティクス、メディカル分野の企業に向け、力学データや高解像度画像を提供する。 BioMeca® はDermoMeca®(デルモメカ)という独自のソリューションを開発し、デルモコスメティクス業界が求める効率的な試験のニーズに応じている。   Covalab (コヴァラブ) 抗体工学を専門とするバイオテクノロジー企業。研究者の発見に日々寄り添うためのツールやソリューションを提供。     genOway (ゲノウェイ) バイオ医薬、化学、農芸化学、農産物加工、また学術的研究のため高付加価値の分子・細胞・動物の研究モデルを考案、開発するバイオテクノロジー企業。   Indicia Production (インディシア・プロダクション)   ライフサイエンス企業向けに、製品や液体試薬(培養環境下、医療機器、医薬品として使用する補薬)の製造、消毒、分類のサービスを提供。 パートナー関係構築とビジネス展開を求めて 欧州の合同クラスター bioXclusters(BioCat、 BioM、BioPmed、Lyonbiopole)、大阪バイオ・ヘッドクオーター、日欧産業協力センターが共催する、第4回「欧州のライフサイエンス企業との商談会 in 大阪 2019」に参加、新しいパートナーシップを求め、関西企業と個別商談を行います(昨年同イベントは商談278件を達成)。また、第21回BioJapanへも参加し、日本の医療現場をけん引する製薬グループ、有名大学、バイオテクノロジー企業やCROと交流します。チャンスを生み、ビジネスネットワークや成功の足掛かりとなる専門的技術へのアクセスを容易にすることも、リヨンバイオポールが2009年以降世界的に取り組んでいることです。その狙いは、当地域圏の革新企業が日本のような収益の見込める市場に参入できるようサポートすることです。 リヨンバイオポールについて オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏で医療関連のイノベーティブなエコシステムを結成する産業クラスター。世界規模のクラスターとして2005年の創設以来、医療分野のプロジェクトや企業を支援し、革新的技術・製品・サービスの開発強化に向け未来の課題に取り組んでいます。リヨンバイオポールの戦略的事業は、ヒト用医薬品、動物用医薬品、診断、医療機器・医療技術の4分野にわたり、研究開発促進、企業の経営発展・世界進出・業界のインフラ活用によるプロジェクト拡大を支援、また広報活動を通じたエコシステム全体の価値向上といった、5つの主軸となるミッションを担います。今日、サノフィパスツール、ビオメリュー、ベーリンガーインゲルハイム アニマルヘルス、ベクトン・ディッキンソンといった仏大手4社とCEA、メリュー財団を含む創設メンバー6社、海外の大手や中堅企業の子会社11社、仏中小企業191社、18の専門機関(大学病院、大学、財団など)から成る計226社が参画しています。リヨンバイオポールはEUクラスター政策(ECEI:European Cluster Excellence Initiative)のゴールド・ラベル の評価を受け、欧州合同クラスターbioXclustersの一員も務めます。詳細はこちらをご参照下さい: https://lyonbiopole.com/en/       【取材のお問合せ】フランス貿易投資庁-ビジネスフランス プレス/広報 松木TEL03-5798-6149  asako.matsuki@businessfrance.fr

プレスリリース
  ファッション ライフサイエンス 化粧品

バイオテクノロジー 医薬

働き方改革の波に乗り 急成長を遂げるフレンチスタートアップ

Kaori SUENAGA - 23-juil.-2019 08:11:47

  働き方改革の波に乗り 急成長を遂げる Made in France の次世代のエンタープライズポータル LumApps フランスの IT スタートアップ企業 LumApps/ ルムアップス 社(本社:仏リヨン)は、 G Suite とシームレスに連携する 企業向けソーシャルイントラネット作成ツールを提供しています。 現在、世界で約 350 万人が LumApps のイントラネットで繋がっています。 2017 年 8 月には東京に拠点を開設し、 以来急成長を遂げています。   日本ではこの 2 年弱の間に、 DeNA 、イトーキ、ヤマトインターナショナル、ソネット・メディア・ネットワークスをはじめとする 20 社余りが LumApps を採用、その結果、今年は初年度の 400 %増の売上が見込まれています。 (日本販売代理店:株式会社電算システム、ソフトバンク株式会社) また同社はこの成長を受け、この秋に日本支社開設を予定しています。   LumApps はこうした成長に際し、従来のイントラネット・ソリューションはここ数年進化がなく、一方で企業のデジタル化が急激に進み、最新のツールと連動し且つ社員のニーズに合った企業 SNS が求められていると分析します。   特に日本においては、残業制限、出産後の女性の職場復帰や再雇用、在宅勤務との組み合わせにより通勤がフレキシブルになるなど、社員のオフィスの滞在時間が減少傾向にあります。 こうした変化に対応するため、企業は社内コミュニケーションの改革を余儀なくされています。 企業は優秀な人材確保の問題に直面する中、優秀な人材を惹きつけ、そうした人材が継続的に働けるような環境を整えることが重要であり、これは 企業のブランドイメージ にも通じています。   来る 7 月 30 日から開催される Google Cloud   Next ’19 in Tokyo では、クライアント企業のご協力を得て、下記の通り事例紹介を行います。   GOOGLE CLOUD – NEXT ’19 in Tokyo にて事例を紹介 8 月 1 日( 木 ) 16 : 00 ~ 16 : 40   Session ID : D2-4-S05   会場 :ザ・プリンスタワー東京・ Room05     LUMAPPS 社 会社概要 設立年: 2012 年 従業員数: 200 名 国際ネットワーク:リヨン 、 パリ、ロンドン、ニューヨーク、オースティン、サンフランシスコ、 東京 主要顧客: Colgate, Logitech, Electronic Arts, The Economist, Veolia, Air Liquide, Itoki, So-Net Media Networking 日本事務所 代表: Thierry DARSIN   thierry@lumapps.com 住所:東京都港区六本木 1-4-5 アークヒルズサウスタワー URL: https://www.lumapps.com/japan/     LumApps について: LumApps は、 G Suite に連携する 企業向けポータル&ソーシャルサイト作成ツールです。 HTML の知識がなくても、 30 以上あるガジェットを組み合わせて簡単にポータルサイトが作成できます。 Google の強固なセキュリティによって運用されている GCP ( Google Cloud Platform )上に構築された、クラウド型サービスです。 日本販売代理店: 株式会社電算システム 、 ソフトバンク株式会社        

プレスリリース
  新技術 イノベーション サービス産業

電子 コンピューター

貿易投資庁-ビジネスフランスとは
フランス貿易投資庁-ビジネスフランスとは フランス経済の国際化を促進する政府機関。フランス企業の国際展開と貿易振興、外国企業のフランス進出を支援します。フランスの経済国としてのイメージ向上、特に地方や企業の魅力を伝える広報活動を推進し、フランス国際企業インターンシップ・プログラム(V.I.E)の発展を担います。世界58カ国に在外事務所を構え 1500人のスタッフが、国際的な官民ネットワークのもと活動、企業向けにサービスを提供しています。 フランス貿易投資庁-ビジネスフランス日本事務所のTwitterアカウントでは最新情報を配信しています!ぜひフォローよろしくお願いいたします!    

もっと読む

Facebook
プレス、メディアギャラリー、資料