プレスリリース

ボルドー甘口ワインが11月1~2日にイベントを開催

AIKAWA Chihiro - 05-oct.-2018 10:37:19

      ボルドー甘口ワインの生産者が団体来日 Sweet Bordeaux プレス向けテイスティングセミナー開催 2018 年 11 月 1 日 ( 木 ) 11 : 30 ~ 14 : 00 ( 11 : 00 開場 )   会場 : 割烹 小田島   マスタークラス   ・合同試飲商談会 @ 大阪 2018 年 11 月 2 日( 金 ) 会場:レストラン「ルポンドシエル」   マスタークラス: 14 : 30 ~ 15 : 45 合同試飲商談会 : 15 : 45 ~ 17 : 45       11 月 1 日~ 2 日、ボルドー甘口ワインの生産者組合スウィートボルドーが団体来日し、 11 月 1 日に東京でプレス向けテイスティングセミナー、翌 2 日に大阪で初めてとなるマスタークラスと合同試飲商談会を開催します。   昨年に引き続き2回目となる今回の団体来日では、日本市場へのさらなる浸透をめざし、ボルドー甘口ワインのさまざまなアペラシオンの特徴をご紹介します。ボルドー甘口ワインは、 10 のアペラシオンを擁し、 500 以上の生産者によって作られている高品質で希少なワインです。その生産量は、ボルドーワインの全生産量の 2 %ほどにすぎません。   東京のプレス向けセミナーではソムリエでワインテイスターの大越基裕氏を講師にお迎えし、旬の食材である牡蠣をテーマに、和食と甘口ワインのユニークなペアリングについてお話しいただきます。お料理は、 1976 年の創業以来「和食とワイン」のパイオニアとして業界をけん引してきた六本木の割烹 小田島に、甘口ワインに合う特別メニューをご提供いただきます。プレスセミナーでは、ボルドー・モワルー(半甘口)、カディヤック、ルーピアック、プルミエール・コート・ド・ボルドー、サント・クロワ・デュ・モン、ソーテルヌの6つのアペラシオンをご紹介します。   大阪で初めてとなるスウィートボルドーのマスタークラスでは、大阪北浜のフレンチレストラン「ルポンドシエル」にて、 2017 年日本最優秀ソムリエの岩田渉氏を講師にお迎えし、「和」のペアリングをテーマにお話いただきます。そして、幅広いヴィンテージで「スパイス・苦味・酸味・塩味」といった様々な風味に合わせることのできる、ボルドー甘口ワインの多様性とその魅力についてご紹介いただきます。また、マスタークラスの後に同会場にて、合同試飲商談会を行います。   イベント概要につきましては、下記をご参照ください。 ご多忙中とは存じますが、万障お繰り合わせの上、是非ご参加いただけますようお願い申し上げます。   プレス向けテイスティングセミナー 概要 201 8 年 11 月 1 日 ( 木 ) 1 1 : 30 ~ 1 4 : 00 ( 11 : 00 開場 ) 会場 : 割烹 小田島  東京都港区六本木 7-18-24 ( http://odajima.info/ ) TEL : 03-3401-3345   プレスセミナーは 20 席ほどのアットホームな割烹で、生産者達と一緒にテーブルを囲んでいただく着席形式になります。 大越氏からは特に牡蠣を中心に、ボルドー甘口ワインと和の食材とのペアリングについて、また、スウィートボルドー生産者組合のディレクター、エマ・ボードリー氏からは、スウィートボルドーワインの最新情報についてお話をお聞きします。 少人数の着席形式のため、ご参加の有無をお早めにお返事いただければと存じます。定員に達した場合、お断りする場合がございます。(万が一、直前でのご欠席の場合は、代理の方を立てていただければ結構です。)   【お申し込み方法】 参加ご希望の方は 10 月 20 日までに 、お名前、媒体名、メールアドレスを明記の上、広報担当相川千尋まで、メールにてお申し込みください。 (このセミナーはメディア向けです。一般の方はご入場いただけません。) フランス大使館 貿易投資庁-ビジネスフランス 広報担当:相川千尋 Email : Presse.JP@businessfrance.fr   【大阪マスタークラス・合同商談会】 マスタークラス 特別講師 岩田渉氏(着席 先着 35 名)  2018 年 11 月 2 日 ( 金 ) 14 : 30 ~ 15 : 45   合同試飲商談会 2018 年 11 月 2 日 ( 金 ) 15 : 45 ~ 17 : 00   会場: レストラン「ルポンドシエル」  大阪府大阪市中央区北浜東 6-9  ルポンドシエルビル  1 F ( https://www.pont-de-ciel.co.jp/index.php?pid=profile ) TEL : 06-6947-0888   【お申し込み方法】 参加ご希望の方は 10 月 20 日までに 、お名前、企業名、メールアドレスを明記の上、酒類・食品担当高津香まで、メールにてお申し込みください。 (このセミナーは業界関係者・メディア向けです。一般の方はご入場いただけません。) フランス大使館 貿易投資庁-ビジネスフランス 酒類・食品担当:高津香 Email : kaori.kozu@businessfrance.fr TEL : 06-6123- 7622  

プレスリリース
  食品 酒類

ワイン アルコール 飲料

フレンチライフスタイル来日ミッション

Kaori SUENAGA - 05-oct.-2018 05:41:17

        在日フランス大使館 貿易投資庁 プレスリリース  No.663383 2018 年 10 月吉 日     フレンチライフスタイル来日ミッション フランス公的投資銀行 – Bpifrance がフレンチライフスタイル企業 12 社とともに来日 来日記者会見   11 月 8 日木曜日  10 時 30 分~ @フランス大使館     フランス公的投資銀行 – Bpifrance ⋆ は、フランスを代表するライフスタイル(ファッション・フード・生活用品)分野の優良企業 12 社 とともに 来日します。 11 月 6 日から 4 日間のプログラムでは、東京周辺の各所を訪問、また日本企業との会合に臨みます。このミッションは、フレンチライフスタイルを高く評価する日本の市場に対し、フランス企業トップがそのニーズをより深く理解し、新たなコンセプトを見出し、また新しいビジネスパートナーや投資家と出会うことを目的としています。日本でのオペレーションはフランス貿易投資庁 - ビジネスフランス日本事務所 ** と PMC *** が担当します。 フランス公的投資銀行は、設立当初よりフランスのライフスタイル業界の支援に携わっており、この分野のフランス企業のノウハウを日本の方々に強くアピールしたいと考えています。この来日ミッションを組織するにあたっては、フランスの名に恥じない品質と創造性にあふれた、パフォーマンスの高い企業 12 社を選びました。ミッションのプログラムは、日本市場の扉を開くことを意図しています。来日中は、日本のオペレーターであるビジネスフランス日本事務所と PMC がフランス企業を指導およびサポートし、帰国後も各社のビジネスが実を結ぶべく、フォローアップに努めます。 « このミッションは、業界の有望企業をあぶり出し、融資や特定の保証、または支援サービスを提供することで彼らの事業の国際化を加速させるという、フランス公的投資銀行本来の使命を体現しています。日本はアジアの戦略的な市場であり、ライフスタイル業界のフランス企業がその知名度を上げるためにも理想的な場所です。来日する 12 社は、 “フレンチタッチ”のイノベーション、創造性、現代性を具現化した日本へのアンバサダーです。 »  (フランス公的投資銀行輸出支援担当部長、ペドロ・ノヴォ) 参加フランス企業 12 社は次ページをご覧ください。 重要な貿易相手国としての日本  : 70 年代から 90 年代初頭にかけて、経済成長のモデルケースだった日本は、アジア市場進出の戦略的な市場です。日本はまさに指標となる特別な国であり、日本への輸出をアジア諸国全体が注視しています。 一方、日本 の 対外政策において、欧州は重要な経済パートナーです。日用品、化粧品、高級ブランド品、健康関連など、複数の部門で世界トップ 3 の市場規模を呈する日本は、欧州にとってアジア第 2 の輸出相手国であり、世界的にも第 6 位です。また日本にとって欧州は第 3 の輸出先です。 フランス流のライフスタイルやフレンチ・フードは日本の消費者にも高く評価されています。成功するブランドはいずれも元来の在り方に忠実で、フランスのルーツに価値を見出し、自社の製品に“魂”を込めています。ファッション製品の輸入においては、日本人はフランスを第 2 の輸入相手国に位置付けており、フレンチであることに価値を見出しています。食料品に関しても同様のことが言えます。 この夏、日本と欧州の間で経済協定が締結され、 2019 年以降は、欧州から日本へ輸出される製品の 90 %において大幅な関税の引き下げが実現し、市場へのアクセスが容易になります。     来日記者会見のご案内 この来日ミッションに際し、以下の通り、フランス大使館にて記者会見を開催いたします。フランス公的投資銀行のライフスタイル部門における対日輸出 施策 や展望、また来日各企業についてご紹介させていただきます。今回のミッションのサポーターである仏ピエールエルメより共同創設者兼 CEO のシャルル・ズナティ氏をお迎えする予定です。 日時: 11 月 8 日木曜日  10 時 30 分~( 10 時 15 分開場) 会場:フランス大使館 1 階大会議室 登壇者(予定):パトリス・ブゲ フランス公的投資銀行広報部長、シャルル・ズナティ ピエールエルメパリ共同創設者兼 CEO 、ローラン・ピック駐日フランス大使、来日 12 企業代表者 お忙しいところ恐縮ですが、参加ご希望の方は 10 月 31 日(水) までに末永( kaori.suenaga@businessfrance.fr ) まで以下の情報をご記載の上、お申込みください。 ①ご参加の方全員のフルネーム(フリガナ付き)②ご所属(会社名、ご担当媒体、あるいはフリーランス)③ Email アドレス ④お電話番号 フランス大使館へのご入館には身分証が必要です。身分証に記載されているお名前でお申込みください。追ってフランス大使館ご入館のための INVITATION をお送りいたします。                     参加フランス企業 12 社   MO DE   https://www.faguo-store.com/en/ FAGUO 2009 年に生まれた FAGUO は、時代に左右されないフレンチファッションブランド。紳士 / 婦人 / 子供靴、バッグと服を提案しています。 FAGUO は森林再生プロジェクトを推進し、 CO 2 排出削減に貢献。製品がひとつ売れる毎に木を 1 本植え、これまでに 200 の森に 100 万本以上が植林されました。こうしたコンセプトがこのブランドの DNA となり、その象徴として各製品にココヤシのボタンが縫い付けられています。     https://www.finsbury-shoes.com/en/ FINSBURY 1986 年、テイラーメイドの高級紳士靴のブランドとしてパリで設立。イギリススタイルの伝統とノウハウを受け継ぎ、クリエイティブに対する情熱を持って、時流に合った美しいドレスシューズを提供しています。 80 店舗を数える Finsbury ブティックには、ブラックラピド製法とグッドイヤー製法によるラグジュアリーで現代的な幅広いモデルの紳士靴と、エレガントな小物(靴下、ベルト、シューキーパー、革小物 ) を揃えています。高品質でありながら手ごろな価格で提供することがこのブランドの信条です。     https://www.pyrenex.com/en/ https://www.frame.jp/pyrenex/ PYRENEX 150 年以上にわたってダックやグースの羽毛を扱い、代々受け継がれたノウハウは世界中で知られています。ダウンとスモールフェザーはアキテーヌ、ピレネー、ポワトゥの厳選された農場で採取されたものだけを使用。つねに完璧をめざして研鑽を積んだ自社チームが、自社工場で洗浄から選別、配合を行います。各製品は、手作業で縫製され、完璧な仕上りを自社のクチュリエが監修しています。   http://ruebegand.com RUE BEGAND 気楽なスポーツテイストのメンズプレタブランド RUE BEGAND は、元々縫製業者である L’Atelier d’Ariane が立ち上げたオリジナルブランドで、すべて自社でデザイン・縫製しています。 このブランドによってアジア市場、特に日本の百貨店やセレクトショップへの進出を図ります。   FOOD   http://www.columbuscafe.com/en.html COLUMBUS CAFE & CO Columbus Café & Co はフランスのコーヒーショップ・チェーン。同社の使命は、朝食からおやつまで美味しいものをご機嫌で心地よい空間で召し上がっていただくことです。イチ押しはお店で心を込めて焼いた自慢のマフィン。そしてもちろん、こだわりのコーヒーや、美味しいホットドリンクやアイスドリンク、スイーツやスナックを提供しています。       https://www.labelleiloise.fr/ CONSERVERIE LA BELLE-ILOISE 1932 年にイワシの主要漁港のひとつだったブルターニュ地方キブロンで創業した高級魚介缶詰のファミリー企業。製造から販売までを手掛け、直営店 78 店舗と、カタログ / eショップの通販では、つい手に取りたくなるかわいいデザインの製品が展開されています。 2016 年には、自社の缶詰の魚を使った料理を提供する外食産業にも進出しました。   https://www.guyader.com/en GUYADER Guyader は、フランスの美食のノウハウを守った、業務用 / 家庭用のシーフード加工品(テリーヌ、ペースト)、ケークサレ、魚の燻製、ハム・ソーセージを提供しています。 生鮮品と冷凍品があり、国際食品規格( IFS )の認証を取得した工場で生産されています。欧州、北米、中東に進出しており、日本での事業展開を目指しています。     http://www.maisonriviere.com/?lang=en RIVIERE DIFFUSION 25 年以上にわたって味と品質にこだわってきた Rivière は、自然かつオーガニック料理のエキスパートであり、伝統料理、調理野菜、アペリティフ用ペーストやパテ、香草ベースのソースなど、本格地方料理の幅広い製品ラインを展開しています。 オーガニック仕様のフランス料理をさまざまなパッケージで提供しています。   HABITAT   https://www.carreblanc.com/ CARRE BLANC ベッド・バス周りからキッチンまでのホームテキスタイルコレクションを独自に企画・販売。家族ひとりひとりを考えたクリエイティブで現代的なデザイン。フレンチタッチを極めたブランドのポリシーは手の届く価格で高品質を実現し、一方で革新的なコンセプトの店舗を展開。世界 18 か国に広がる販売網は 227 店舗を数え、フランスの代表ブランドとなりました。     http://www.martineau.fr/ MARTINEAU Martineau は、教会用アクセサリー、高級ブランド用メタル製および木製パーツ、記章、装飾品、バッジ、お土産品といった製品を企画・製造しています 。今もフランス国内で伝統的な手法を継承して製造する無形文化遺産企業に認定されています。社内にデザインスタジオを持ち、工具から自社で制作し、4万種類にも及ぶメタル製、木製、樹脂製の幅広い製品を、 2 つのフランス国内にある工場で製造しています。美しいオブジェに対するフランスの伝統と現代のデジタル技術が共存し、さまざまな分野でイノベーションを起こしています。         http://mauviel1830.jp/ MAUVIEL プロ / 家庭用を合わせて何千という高級調理器具を考案してきた老舗メーカー。 「特別なものは情熱によって生まれる。受け継いできたものから未来を築く。このモットーは、 家族や家業の歴史でもあります。」 ( 7 代目社長の Valérie Le Guern Gilbert) その品質を持ってして多くの国へ進出し、いまや世界中の星付き料理人たちに愛用されています。     http://provendi.fr/en/index.aspx LABORATOIRE PROVENDI 60 年以上前から、 Provendi は植物性油脂をベースとした液体せっけん(マルセイユ石鹸、アレッポ石鹸、サボンノワール …) のノウハウを研究し 、現在はその主力 OEM メーカーです 。 また自然由来の原料を使用したオーガニック、ナチュラルコスメにおいても、有力フォーミュレータになりました。               * フランス公的投資銀行 - Bpifrance について Bpifrance は企業の各発展段階において、融資、保証、出資といった形で 財政支援 します。 Bpifrance の支援対象は企業の革新的な国際プロジェクトです。 また今後は幅広い製品群の輸出プロジェクトが加わります。スタートアップ、中小企業、中堅企業向けのコンサルティング、人材教育、ネットワーキング、アクセラレーション・プログラム等の提供も行っています。 Bpi フランスの設立により窓口が一元化され、 48 の支店が地方企業と近接することにより、課題解決に有効なサポートを提供しています。 ホームページ  : www.Bpifrance.fr - https://presse.bpifrance.fr/ Twitter: @Bpifrance - @BpifrancePresse       ** フランス貿易投資庁 - Business France について フランス貿易投資庁 - ビジネスフランスは、フランス経済の国際化を促進する政府機関です。 フランス企業の国際展開と貿易振興、また外国企業のフランス進出を支援します。フランスの経済国としてのイメージ向上、特に地方や企業の魅力を伝える広報活動を推進し、フランス国際企業インターンシップ・プログラム( V.I.E )の発展も担います。 2015 年 1 月 1 日、対仏投資庁( AFII )とフランス企業振興機構(ユビフランス)の統合により「フランス貿易投資庁-ビジネスフランス」が発足しました。世界 70 カ国に在外事務所を構え、 1500 人のスタッフが、国際的な官民ネットワークのもと活動し、企業へのサービスを提供しています。 ホームページ  : https://www.youbuyfrance.com/jp/default.aspx - www.businessfrance.fr Twitter : @BFrance_Japan   - @businessfrance       ***PMC について : PMC は外国企業の日本進出を支援するコンサルティング会社です。日本市場に対する正しい知識や商習慣、信頼のビジネス関係を提供します。クライアント企業が日本で商業活動を開始するにあたって、リスクと高額なコストを軽減することができます。 4 人のシニアコンサルタントを筆頭にコンサルタントとアシスタントのチームが、外国企業 50 社以上の日本市場における代表を務め、クライアント企業が開設した日本の事業拠点において、しばしばマネジメント職(カントリーマネージャー、社長、代表取締役)を務めています。 ホームページ : www.pmcjapan.com                       このプレスリリースに関するお問合せ先 :       フランス大使館 貿易投資庁 - ビジネスフランス 東京事務所 末永かおり(プレス担当) Tél. : + 81(0)3 57 98 61 28 Mail : kaori.suenaga@businessfrance.fr        

プレスリリース
  ファッション ライフサイエンス 化粧品

インテリア デザイン

フランスのバイオ関連企業が団体来日

AIKAWA Chihiro - 13-sept.-2018 08:58:50

    フランスのバイオ関連企業が団体来日 二都市で BtoB イベントに参加 10 月 9日:大阪 欧州のライフサイエンス企業との商談会 in 大阪 2018   10 月 10 ~ 12 日:横浜 Bio Japan 2018 パートナリングプログラム 参加   来る 10 月 9 日より、フランスのバイオテクノロジー競争力拠点(産業クラスター)「リヨンバイオポール」が6社のメンバー企業とともに来日し、大阪の「欧州のライフサイエンス企業との商談会」および東京の Bio Japan 2018 にて日仏のビジネス交流を図ります。   フランスのバイオテクノロジー研究は、 その 71 %が医薬品開発に向けられています。こうした 医療向けバイオテクノロジー企業はフランス国内に約 450 社を数え、サノフィやピエールファーブルといった大手国際企業だけでなく、多くの中小企業、スタートアップ企業で構成されています。世界第 5 位の医薬品輸出国であるフランスは、今後もこの重要な部門において、ますます国際化が期待されています。   今回来日する企業は、日本でのビジネス拡大を目指し、以下のイベントにおいて、商談に臨みます。   欧州のライフサイエンス企業との商談会 in 大阪 2018 10 月 9 日(火)午前9時から午後4時まで(予定) 場所:グランフロント大阪 ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター https://osaka-bio.jp/shoudankai2018/   Bio Japan 2018 10 月 10 日(水)~ 12 日(金) 場所:パシフィコ横浜  A ・ B ・ C ・ D ホール 商談ルーム http://www.ics-expo.jp/biojapan/ja/partnering.html     この来日ミッションへは以下の企業・団体が参加する予定です。   企業・団体名   L yonbiopôle リヨンバイオポール   リヨンバイオポールは、フランス中部のオーヴェルニュ = ローヌ = アルプ地域圏にある健康・医療分野の競争力拠点 * 。 4社の世界的企業(サノフィパスツール、ビオメリュー、ベーリンガーインゲルハイム アニマルヘルス、ベクトン・ディッキンソン)と 17 の研究所を含む 約 200 のメンバーを擁し、メンバーの革新的技術・製品・サービスの開発をサポートしています。医学・獣医学・体外診断用医薬品・医療機器の4つを戦略的分野とし、1)革新的な研究開発の共同プロジェクトの創出促進、2)中小企業のパートナーシップ締結および個人投資家・専門家・研修へのアクセスのサポート、3)中小企業の国際化促進、4) GLP / GMP のための施設へのアクセスのサポートを行っています。 Erytech エリテック Bio Japan のみ参加 2004 年創業のガンと希少疾病分野をターゲットとしたバイオ 医薬企業。治療用分子の赤血球内へのカプセル化を基礎とする技術を保有しています。カプセル化には、アレルギー反応の可能性を減らし、治療剤を体内に長く留めるなど、遊離型化合物に比べて数多くの利点があります。同社の初めての製品は腫瘍を餓死させることで効果を発揮するものですが、現在は第 III 相試験を完了し、再発した難治性の急性リンパ性白血病患者への治療ソリューションをまもなく提供できる見込みです。「製薬施設」に位置付けられた生産設備を備えています。 LX Repair LX リペア LX リペアは DNA 修復酵素の作用を特定するための多重かつ高度な機能テスト を開発しています。臨床医がガン治療用の放射線療法や化学療法を最適化するのを助ける、独自の DNA 修復バイオマーカーを用いたコンパニオン診断キットを設計します。また、医薬品開発、化粧品・エイジングサイエンス、環境・産業毒性学分野の大学および企業の研究者が、 DNA 修復バイオマーカーを特定できるよう、研究ツールを提供します。同社は、ヒトおよび非ヒトの前臨床モデル用にカスタマイズされたサービスを提供する研究開発センターを備えています。 Microlight 3D マイクロライト 3D マイクロライト 3D は二光子直接描画を基にした技術を用いた 3 Dプリンターの開発および販売を行っています。この技術は、描画スピードを高速に保ちつつ、正確さも要求されるポリマーのようなさまざまな生体適合性材料にきわめて 適しています。同社のシステムはさらに高速の描画スピードに合わせて調整可能な解像度を提供しています。また、同社の 3 Dプリンターは、細胞培養のための足場製作のテストをクリアした、幅広い生体適合性材料や生分解可能素材とともに提供されます。 Novadiscovery ノヴァディスカヴァリー ノヴァディスカヴァリーはインシリコ臨床試験を専門とするリスク回避テクノロジープロバイダーです。同社は、バイオテクノロジー企業・製薬企業・大学等の研究センター・非営利団体を支援することを目的としています。クライアントが、患者の利益にかなった新しい治療法の研究開発をさらに改良 できるよう、モデリングとシミュレーションのポテンシャルを引き出すお手伝いをします。 Synapcell シナプセル シナプセルは中枢神経系疾患に特化した創薬をターゲットとする CRO 企業。分子の治療的可能性特定を支援します。 2005 年の創業以来、同社は統合的な電気生理学的マーカーと動物モデル、専門的ノウハウを基にした、市場革新的な創薬ソリューションの分野で発展を遂げてきました。同社のソリューションにより、医薬品のポテンシャルを開発段階の非常に早い時期に特定し、上市品との比較することが可能になります。 Theranexus テラネクサス テラネクサスは中枢神経系疾患治療の医薬品候補を開発するバイオ医薬企業です。同社独自の特許技術は、すでに承認を受け、上市された中枢神経系疾患用医薬品の有効性を高めることを目的としています。その技術はまた、さまざまな条件に合った、高付加価値な特許をもつ医薬品候補の創薬に活用されています。さらに、標準的な医薬品開発プロセスと比較して、市場に出るまでの時間を短縮し、市場投入コストとリスクを軽減することも可能となります。   *《競争力拠点》とは、フランスの革新性の強化を目的とし、国際的な競争力を持った技術革新と国際連携拠点の形成をめざした産業クラスターを指します。競争力拠点を中心に特定先端技術分野の企業、研究機関、教育機関を集積し、メンバー企業らがマーケットでの優位な位置を獲得できるよう、相乗効果の促進と革新的な共同プロジェクトの推進に取り組んでいます。 詳しくはこちらのサイト(英語)をご覧下さい。 http://competitivite.gouv.fr/home-903.html    

プレスリリース
  ファッション ライフサイエンス 化粧品

バイオテクノロジー 医薬

ジョジアンヌロールの世界観とメソッド発表会

Kaori SUENAGA - 23-août-2018 06:57:45

  在日フランス大使館 貿易投資庁 プレスリリース No.664261     Philosophy of Josiane Laure 〜人は健やかである時のみ美しく輝ける〜 スカルプケアのパイオニア ジョジアンヌロールの世界観とメソッド発表会のご案内 9 月 6 日 ( 木 )   14 :30 〜 17 :30  於 : フ ラ ンス 大使 館    報道各位、 平素は大変お世話になっております。   さて、来る9月、株式会社ビューティーハウスヘルシー(本社:東京)が国内で販売を手がけるフランスの本格スカルプケアブランド Josiane Laure (ジョジアンヌロール) の創始者、ジョジアンヌ・ロール氏が来日いたします。いつまでも美しく健康的であることは、男女を問わず共通の願いであり、特に髪は肌やメイク以上に第一印象を左右します。アンチエイジングが注目される今こそ、日本の業界・プレスの皆様に、ジョジアンヌロールの世界観とメソッドを、ジョジアンヌ・ロール氏自身の言葉とデモンストレーションでご紹介させていただ きたく 、下記の通り発表会を開催いたします。   皆様のご参加を心よりお待ちしております。     - 記 - ジョジアンヌ・ロール氏 来日記念発表会 Philosophy of Josiane Laure 〜人は健やかである時のみ美しく輝ける〜   日時: 9 月 6 日 ( 木 )   14 :30 〜 17 :30 (受付開始 14 : 00 ~) 会場:フランス大使館 アトリウムルーム 〒 106-8514  東京都港区南麻布 4-11-44 プログラム(予定):ジョジアンヌロールのブランドフィロソフィーとメソッドのご紹介、デモンストレーション、カクテルタイム     ご出席のご回答を 8 月 30 日(木) までに、 Email にて末永( kaori.suenaga@businessfrance.fr )まで、 下記の情報をご記載の上、お送りください。 ※ セキュリティの関係上、お申し込みが無い方はフランス大使館へのご入館はできません。   1/  ご出席者フルネーム(フリガナ) ※ 旧姓等をお使いの方は身分証のお名前も併記をお願いいたします。 2/  貴社名、ご担当媒体名あるいは部署名 3/  ご連絡先電話番号 4/  ご連絡先 Email 参加ご登録いただいた方には、 Email にてご招待状をお送りいたします。   【参加お申込みおよびお問い合わせ先】 在日フランス大使館 貿易投資庁 - ビジネスフランス 広報担当 末永かおり Email : kaori.suenaga@businessfrance.fr TEL: 03-5798-6128     ジョジアンヌ・ロール氏 プロフィール 「本質的な美は健康と共にある」という考えのもと、 1975 年、パリのサントノーレ通りにサロンをオープン。アロマテラピー、植物療法、東洋思想を融合させた独自のメソッド“フィトエステティック”を確立し、植物療法の専門家である夫と共に 1985 年に「ジョジアンヌ・ロール」ブランドを立ち上げました。パリの5つ星ホテル、ホテル・リッツのサロンで名誉顧問を歴任するなど、顧客リストには世界の王室、政財界、映画界をはじめとするセレブリティが名を連ねる、世界的セラピスト・エステティシャンです。    

プレスリリース
  ファッション ライフサイエンス 化粧品

香水 化粧品

FRENCH JAPAN SPORT & OUTDOOR DAYS 2018開催

AIKAWA Chihiro - 21-juin-2018 05:02:57

        “FRENCH JAPAN SPORT & OUTDOOR DAYS 2018” フランスのスポーツ関連企業4社が合同商談会を開催 2018 年 7 月 4 日~ 6 日     来る 7 月 4 日~ 6 日、 フランス貿易投資庁 - ビジネスフランスは、スポーツ関連のフランス企業を紹介する合同商談会 “French Japan Sport & Outdoor Days” を開催します。 今回の商談会には、今後東京で開催される巨大スポーツイベントを見据え、フェンシング用品製造販売会社、スポーツイベントオーガナイザー、スポーツ施設等のフロア材メーカー、大規模スポーツイベントなどに付随するキッチンやケータリングスタッフ研修も担う教育機関4 社のフランス企業が参加します。参加企業は、3日間にわたり日本企業や関連団体との面談にのぞみ、パートナーシップの提携を目指します。   参加企業 企業 概要 エスクリーム・ディフュジオン https://www.escrime-diffusion.fr/ 1990 年設立のフェンシング用品販売・製造を専門とする企業。ドイツのフェンシング用品ブランド、アルスターおよびウルマンのフランス総代理店として、実店舗およびオンラインでの販売を行うと同時に、 2018 年からは 100 %メイドインフランスの FIE (国際フェンシング協会)公認マーク付きユニフォーム「 DEFI 」の製造販売を開始。「 DEFI 」の海外展開を目指しています。 ジェルフロア https://www.gerflor.com/world-map.html   革新的でデザイン主導の環境に配慮したフロア材メーカー。特殊なフロア材ソリューションを開発し、住宅・病院・教育施設・スポーツ施設・店舗・工場・オフィス・ホテル・レストラン・輸送車両など、すべての内装需要に対応。 Taraflex® 、 Mipolam® 、 DLW® 、 Tarabus® 、 Connor Sports® 、 Sportcourt® 、 Gradus® 等、世界的に知られるブランドを擁しています。 環境にも配慮し、すべての生産工場で ISO14001 を取得。製品はメンテナンスが容易で、「グリーンビルディング」認証を多くの国で取得しています。 イロップ・スポーツ http://ilop.re/categorie/ilop-sport/   1999 年創業の仏領レユニオン島のアウトドアスポーツ企画・運営企業。数々のトレイルランニングレース(未舗装の山野をフィールドとする中・長距離レース)の考案者であり、「トロピカ・ダング」レースのような革新的なコンセプトのレースを提案し続けています。また、レユニオン島で毎年 10 月に開催される「グラン・レイド」を主宰するグラン・レイド協会のコミュニケーションおよびイベントパートナーとのリレーションシップを担当するコンサルティング企業としても活動。 2014 年からは、レユニオン地域圏および WWF との共催によるエコ・スポーツイベント「パンダスロン」も開催。 ル・コルドン・ブルー https://www.cordonbleu.edu/japan/home/ja   1895 年創立以来、ル・コルドン・ブルーはガストロノミー、ホスピタリティ、マネジメントにおける教育機関として 20 か国 35 校余りで展開、製品・サービスの開発や教育・研究の国際ネットワークを通じて、業界の発展に貢献。また、各種業界・高等教育機関との連携も行っています。スポーツ関連では、オーストラリアのル・コルドン・ブルー・シドニー校がニューサウスウェールズ州政府の要請により学校運営を開始し、インターナショナルスポーツイベントの準備としてケータリングスタッフのトレーニングを開始( 1996 )するなど、カリナリーアーツ・ホスピタリティ分野の人材育成で貢献しています。   企業の取材のご希望がございましたら、下記までご連絡ください。 プレスコンタクト                     フランス大使館貿易投資庁 - ビジネスフランス 担当者:相川千尋 Email : Presse.JP@businessfrance.fr        

プレスリリース
  ファッション ライフサイエンス 化粧品

観光 ホテル スポーツ

仏領レユニオン島のアウトドアスポーツ「グラン・レイド」主催団体来日

AIKAWA Chihiro - 15-juin-2018 09:53:38

      仏領レユニオン島で開催される人気アウトドアスポーツ 「グラン・レイド」主催団体 グラン・レイド協会が来日 7 月 4 日~ 6 日     来る7月4日~6日、仏領レユニオン島で毎年開催されている トレイルランニング(未舗装の山野をフィールドとする中・長距離レース)「グラン・レイド」の主催団体である「グラン・レイド協会」が来日し、スポーツ関連の合同商談会 “ French Japan Sport Days ”に参加します。   今回はグラン・レイド協会会長ロベール・シコー( Robert CHICAUD )および同事務局長フレデリック・ベナール( Frederick BENARD )が、 協会のコミュニケーションおよびイベントパートナーとのリレーションシップを担当するイロップ・スポーツ社を伴って来日し、日本のトレイルランニング主催者等とのコラボレーションに向けたミーティングを行います。   グラン・レイドとは グラン・レイドとは毎年 10 月にインド洋に浮かぶ仏領レユニオン島で開催される トレイルランニングレースです。 中でも最も歴史ある「ディアゴナル・デ・フー」(愚か者たちの対角線)と呼ばれるレースは 170 キロメートル以上、累積標高差 10,000 メートル以上のコースからなる、世界で最も過酷なレースのひとつとして知られています。   コースは南部のサン・ピエールを出発点とし、島を対角線上に横切り、北部サン・ドニのゴールへと向かいます。参加ランナーは、ラ・フルネーズ火山や、ユネスコ世界遺産の圏谷群、希少な原生林などレユニオン島にきわめて特徴的な自然の中を駆け抜けます。   ディアゴナル・デ・フーはスポーツであるにとどまらず、レユニオン島の生活そのものに根差した、いわばレユニオン島のツール・ド・フランスのような存在です。数千人の観客が沿道からランナーに声援を送り、大会3日間の間、限界に挑む 2500 人のクレイジーなランナーの冒険を島中が見守ります。参加者の国籍は 30 か国近くにのぼり、世界中のメディアがレースの映像を配信しています。日本からの参加者もあり、 2017 年には奥宮俊祐氏が 10 位フィニッシュを果たし、日本人ランナーの最高順位を記録しました。   第 26 回大会は 2018 年 10 月 18 日~ 21 日に開催予定です(申し込みはすでに締め切られました)。 グラン・レイド協会とは ( Association Le Grand Raid ) 26 年前からレユニオン島でグラン・レイドを主催。多数の地元ボランティアの協力のもと、安全性の高い、環境に配慮したコース運営を行っています。 公式サイト: www.grandraid-reunion.com   イロップ・スポーツ社とは グラン・レイド協会のコミュニケーションおよびイベントパートナーとのリレーションシップを担当する仏領レユニオン島の 1999 年創業の企業。自社でもレユニオン島で開催される数々のトレイルランニングを主催し、「トロピカ・ダング」レースのような革新的なコンセプトのレースを企画しています。   このプレスリリースに関するお問い合わせ先 フランス大使館 貿易投資庁-ビジネスフランス 広報室 Mail : Presse.JP@businessfrance.fr   グラン・レイド協会のお問合せ先 Tel : +262 (0)2 62 20 32 00 Mail : info@grandraid-reunion.com 168 rue du Général de Gaulle 97400 Saint Denis – Ile de la Réunion            

プレスリリース
  ファッション ライフサイエンス 化粧品

観光 ホテル スポーツ

モバイル診断/患者モニタリング・ソリューションのリーディング企業 バイオセレニティ(BioSerenity)来日

Kaori SUENAGA - 24-mai-2018 08:25:47

    在日フランス大使館貿易投資庁 プレスリリース No.662246   2018 年 5 月 24 日 モバイル診断 / 患者モニタリング ・ ソリューションのリーディング企業 フランスのバイオセレニティ ( BioSerenity ) 来日 French Tech Tour   6 月 11 日~ 13 日   フランスのバイオセレニティ社( BioSerenity 、本社パリ) はモバイル診断および患者モニタリング用ソリューションを開発する研究開発型スタートアップ企業です。グローバルに大規模大学病院と連携し、急成長を遂げた同社が、日本進出を図ります。   バイオセレニティ社は、生体センサーを搭載したウェアラブルデバイスとモバイルアプリケーション、 AI を使った専門家用プラットフォームを組み合わせ、特定の病気に対する診断のスピードアップ、フォローアップ支援および治療適正化のソリューションを提供しています。現在、てんかん、心疾患、妊婦のモニタリング、 泌尿器および睡眠障害という 5 つの分野にフォーカスし、以下のような製品を展開しています。   - ウェアラブル EEG ポリグラフ(てんかん患者用) - ウェアラブル 12 誘導 ECG (心疾患モニタリング及び診断用)⇒ 写真右 - 胎児の ECG 、子宮収縮の EMG モニタリングソリューション - デジタルバイオマーカーの自動識別用の AI を使ったクラウドプラットフォーム - ウェアラブル睡眠ポリグラフ   バイオセレニティ社は、製薬会社と協力的なビジネスモデルの構築に成功しています。こうした製薬会社とのパートナーシップは、ハードウェアからスマートフォンアプリ、メディカル・クラウド、 AI を使った自動データ分析までを網羅した、コンプリートな技術ソリューションの創出をベースとしており、製薬各社が得意とする病理分野を中心に展開しています。    こうした製薬会社のほか、欧州を中心とした 75 の病院、また産科および睡眠障害に関してはパリ公立病院連合 AP-HP へソリューションを提供しています。   Figure 2 BIOSERENITY © 在宅での記録を可能にするウェアラブルシステム~患者と交信するためのアプリ (eCOA) ~ AI アシストを使った専門家用システム。目的は可能な限り素早く適正な治療に到達すること。   バイオセレニティの創設者でもあるピエール・フルワン CEO は、同社の成功はいくつもの要素の組み合わせにあると考えています。 「多くのスタートアップ企業は単一のテクノロジーにフォーカスしているのに対し、弊社はデータ取得から医学的な分析に至るまで、ソリューション・ベースのアプローチを行っています。バイオセレニティがこの分野における医学の進歩を生むことのできる企業のひとつに数えられているのも、こうした理由によるものです。すでに重要な知財ポートフォリオを開発していること、大きなエコシステムと協働する一流チームを抱えていることも挙げられます。また、パリのラ・ピティエ ⁼ サルペトリエール病院内の ICM – フランス脳脊髄研究所( http://www.icm-institute.org ) という環境で誕生してたことから、私たちの臨床上の課題に対する深い理解は、パートナーの製薬企業からも高く評価されています。バイオセレニティ社は、このほど、泌尿器モニタリング・ソリューションの開発において、ピエールファーブルと大きな契約を交わしました。」   バイオセレニティ( BioSerenity )社について 欧州最大にして最古の病院のひとつであるラ・ピティエ ⁼ サルペトリエール病院の ICM – フランス脳脊髄研究所で 2014 年に設立。 ICM と人工知能ラボを共有。従業員 90 名以上。病院内のパートナーや研究ネットワークおよび製薬産業との連携を糧に、急速に、遠隔モニタリング用スマートメディカルソリューションのテクノロジーリーダーの一社に成長しました。 フランス、中国、アメリカに拠点を構えています。   詳細は企業ウェブサイトをご覧ください。 www.bioserenity.com    企業お問合せ先 : corporate@bioserenity.com  

プレスリリース
  ファッション ライフサイエンス 化粧品

健康 医療機器

貿易投資庁-ビジネスフランスとは
フランス貿易投資庁 - ビジネスフランス フランス貿易投資庁 - ビジネスフランスは、フランス経済の国際化を促進する政府機関です。 フランス企業の国際展開と貿易振興、また外国企業のフランス進出を支援します。 フランスの経済国としてのイメージ向上、特に地方や企業の魅力を伝える広報活動を推進し、フランス国際企業インターンシップ・プログラム( V.I.E )の発展も担います。 2015 年 1 月 1 日、対仏投資庁( AFII )とフランス企業振興機構(ユビフランス)の統合により「フランス貿易投資庁-ビジネスフランス」が発足しました。 世界 70 カ国に在外事務所を構え、 1500 人のスタッフが、国際的な官民ネットワークのもと活動し、企業へのサービスを提供しています。   コーポレートパンフレットはこちらよりダウンロード可能です。 Twitter では、最新の日仏企業ニュース、フランスビジネス環境、フランスのデジタル産業、テクノロジー、展示会情報などを配信しています。 https://twitter.com/BFrance_Japan  

もっと読む

    
    You Buy France 

    

    Vivapolis  

   

    Healthindustry

   

    Axema

Facebook
プレス、メディアギャラリー、資料