ニュース

Instagram ➡ @businessfrance_japan  Facebook ➡ @BusinessFranceJP

業種別 ニュース検索

検索

フランス貿易投資庁-ビジネスフランス 日本事務所

仏Dawex(ダウェックス)社、世界経済フォーラム(WEF)のテクノロジーパイオニアに選出

Asako MATSUKI - 17-juin-2020 04:21:39

仏Dawex(ダウェックス)社、世界経済フォーラム(WEF)のテクノロジーパイオニアに選出 データエコノミーのパイオニアとしてのリーダーシップ、イノベーション、影響力が高く評価され、 第20回「世界経済フォーラム テクノロジーパイオニア」に選出される データ・エクスチェンジのリーディングカンパニーで、最大のデータマーケットプレイスを運営する仏  Dawex Systems ダウェックス・システムズ (以下ダウェックス社) は、2020年6月16日、世界経済フォーラム(WEF)が選出する「テクノロジーパイオニア」にノミネートされ、世界経済フォーラムの グローバルイノベーターズコミュニティ(Global Innovators Community) のメンバーに加わったことを発表しました。Dawex社は、テクノロジーガバナンス、データポリシーに取り組む世界経済フォーラムのワークグループである、 データポリシープラットフォーム に貢献します。その目的は、世界の新しいデータエコノミーにおいて、先見性、相互運用性、信頼性の高いデータポリシーを定義し、発効させていくことで、イノベーションと責任あるデータ利用を促進することです。 テクノロジーパイオニアのメンバーは、2年にわたるプログラムで、新技術やイノベーションの開発、発展、拡張に携わり、ビジネスや社会に大きな影響を与えることになります。テクノロジーパイオニアに指名されたことで、ダウェックス社は、ポリシー策定のメンバー、民間企業のリーダーに加わり、重要なデータポリシーの世界的指針の定義を支援します。 「ダウェックス社が世界経済フォーラムのテクノロジーパイオニアにノミネートされたことを、光栄に思います。データ取引が、今日の世界経済において、中心的な役割を担っていることが証明されました。データポリシー策定のワークグループの一員として、企業や公的機関の間で、容易にデータをやりとりできるデータエコノミーの発展を促す条件を創出する、という重要なミッションが弊社に課せられていることを認識しました」とダウェックス社共同創設者Laurent Lafaye(ロラン・ラファエ)は述べています。 ダウェックス社は、世界経済フォーラムのテクノロジーパイオニアとして、過去にノミネート実績のある、エアバス、グーグル、キックスターター、モジラ、パランティア・テクノロジーズ(Palantir Technologies)、スポティファイ、トランスファーワイズ(TransferWise)、ツイッター、日本企業ではサイバーダイン株式会社などの有名企業と肩を並べることになります。同社は2007年より、データ取引のフレンチテック企業として革新を続けており、データ企業として、初のノミネートを成し遂げました。これまで、世界経済フォーラムの「テクノロジーパイオニア」に選ばれたフランス企業は、わずか8社という、栄誉ある受賞です。 「第20回テクノロジーパイオニアのメンバーにダウェックス社を迎えることを喜ばしく感じています。ダウェックス社とそのパートナーは、世界中で最先端の技術を開発し、そのイノベーションを超えて、世界情勢を改善していくことに大きく貢献しています」グローバルイノベーターズのトップを務めるSusan Nesbitt(スーザン・ネスビット)氏は強調します。 「世界経済フォーラムによるデータポリシープラットフォームの創設は、データ取引の歴史上で後世に語り継がれる功績です。民間企業、公的機関がデータに関するビジネスチャンスを得て、新しいビジネスを開拓することを促進させるでしょう。データ取引はイノベーションを創出し、データの価値を無限大に高め、官民の協働を刷新させるでしょう。そして将来性がある未来を具体化していきます」とDawex社共同創設者、Fabrice Tocco(ファブリス・トッコ)は述べています。 世界経済フォーラムについて 世界経済フォーラム(World Economic Forum)は、官民両セクターの協力を通じて世界情勢の改善に取り組む国際機関です。政界、ビジネス界、および社会におけるその他の主要なリーダーと連携し、世界、地域、産業のアジェンダを形成します。 https://jp.weforum.org/  Dawex社について Dawex社は、データ・エクスチェンジのリーディングカンパニーで、最大のデータマーケットプレイスを運営しています。企業や組織が安全かつ効率的に、コンプライアンスに則って、直接データを取得、販売、共有できるプラットフォームを提供しています。20を超える業界の1万社以上の企業・組織がDawex社のグローバルデータマーケットプレイスとデータエクスチェンジプラットフォーム 技術により、自社のデータ戦略を構築しています。2020年、世界経済フォーラムのテクノロジーパイオニアに選出されました。2015年に設立、本社所在地はフランス、リヨン市。50か国以上でサービスを提供しています。 https://www.dawex.com/ja/     本件に関するお問い合わせ フランス大使館 貿易投資庁-ビジネスフランス 松木|  asako.matsuki@businessfrance.fr

2019年対仏直接投資結果、過去最高を更新

Asako MATSUKI - 03-juin-2020 05:38:26

2020年6月2日、パリにて、フランス対仏投資庁-ビジネスフランスは、2019年の対仏直接投資結果を発表しました。 2019年の対仏直接投資プロジェクトは、対前年比11%増の1468件を達成し、4万人にのぼる雇用創出維持を実現しました。これにより、フランスは欧州で最も魅力ある国として位置づけられました。主な投資出身国は、米国、ドイツ、英国が占めています。日本は、57件の投資プロジェクトを達成し、952人の雇用創出・維持を記録し、主要投資出身国のひとつに数えられます。累計では、現在500社以上の日系企業が、9万8000人を超える従業員を抱えており、欧州における日本の投資受入れ先として、フランスは主要国となっています (INSEE フランス国立統計経済研究所)。新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響下においても、対仏直接投資で好結果を打ち出せたことは、外国企業がフランスに信頼を寄せていること、フランスが投資先として魅力ある国で、経済回復の力があり、フランス政府が進める改革が評価されていることの証です。 報告書全文(英語)はこちら プレスリリース データでみる対仏直接投資 2019年 日本の対仏直接投資 2019年  

第4回世界原子力展示会 WNE 2020 2020年12月8~10日に開催延期を決定

Kaori SUENAGA - 16-avr.-2020 05:02:57

  第 4 回世界原子力展示会 WNE 2020 2020 年 12 月 8 ~ 10 日に開催延期を決定   3 月 20 日に延期が下された世界原子力展示会「 World Nuclear Exhibition (WNE) 」は、出展者や来場者の万全な条件の下に、この世界的な民間原子力産業のイベントを年内に開催 することを発表いたします 。 WNE の新しい日程は 12 月 8 日から 10 日、会場は当初の予定通り、パリ・ノール・ヴィルパント見本市会場(ホール 7 )です。 WNE 会長 モーリス・グルドー = モンターニュと Reed Expositions France 社長 ミシェル・フィルツィ は次のように述べています。「私どもは、お客様やパートナーの皆様から多くの励ましのお言葉を頂戴いたしました。この新たな日程と当初と同じ会場を確保できたことは、特に国外からの出展者や来場者の方々にとっては朗報です。現代的且つ安全を確保された適切な体制で、参加者の皆さんが数々のソリューションを発表し経験を享受する 3 日間となることでしょう。」 この日程の変更が関係者各々の予定にインパクトを与えるということを念頭に置いたうえで、全世界の原子力業界のコミュニティにとって最適な国際イベントの日程が検討されました。 一方、 WNE はこの未曾有の状況を革新の機会ととらえ、また原子力業界の方々とのコンタクトを維持するうえでも、当初の 6 月の日程( 23 ~ 25 日)にデジタルイベントを開催する考えです。つきましては、数週間中にプログラムを発表いたします。 詳細はこちらをご覧ください: https://www.world-nuclear-exhibition.com/en-gb.html WNE 展示会主催者連絡先: wne@reedexpo.fr    

データ取引の仏Dawex(ダウェックス)社 新型コロナウィルス対策で企業向けにデータへのアクセスを無償提供

Asako MATSUKI - 31-mars-2020 04:14:19

新型コロナウィルス感染拡大を抑止、経済的影響を最小限におさえるデータ取引 仏Dawex(ダウェックス)社 企業や公的機関向けに非個人データへのアクセスを無償で提供 世界保健機関(WHO) や 欧州連合(EU) らが情報共有の重要性をよびかけるなか、データ・エクスチェンジのリーディングカンパニーで、最大のデータマーケットプレイスを運営する 仏Dawex(ダウェックス)社 は、新型コロナウィルス感染対策の為のデータ取引を始動することを発表しました。現在の危機的状況の打開策発見に貢献する企業や公的機関らに対し、無償でプラットフォームを開放します。同社技術により、新型コロナウィルス感染症拡大を抑制し、経済的影響を最小限に抑えるためのデータ取引が可能になります。 科学者、病院、医療施設、医薬品研究所、流通、物流業、医療機器の製造販売、コンサルティング、技術開発を推進する企業、ヘルステック関連スタートアップ、銀行、保険、国や地域の保健衛生機関、その他サービス業など、幅広い業種が対象となります。これら企業や機関は、ダウェックス社が提供する、安全でプライバシーが保護されたワールドワイドなプラットフォーム上でデータを公開、または複数のデータリソースから非個人データを得るなど、データのやり取りが可能になります。こうした情報共有は危機的局面下で発生するあらゆる問題の早期解決の一助となるでしょう。 「危機を乗り越えるため、多くの企業や組織が連帯し、解決に至るべく連携を強めています。ダウェックス社は、自社技術やプラットフォームを、すべての企業や組織に速やかに開放し、企業が最適な状態でデータのやり取りができる環境を提供します」とダウェックス社共同創設者Laurent Lafaye(ロラン・ラファエ)は述べています。 国際機関や企業、自治体、すべてが一丸となって、非個人データの共有によりウィルス感染拡大防止、経済損失回避につとめています。この取り組みへご賛同いただける企業・機関の方、 こちらよりご登録お願いいたします 。 同社の新型コロナウィルス対策のデータ取引プラットフォームでは、ユーザー企業が、データを共有する相手を選択し、すべてのデータ取引のフローを管理するなど、自社で取引を完全にコントロールすることが可能です。データの機密性、有用性を保つため、審査をクリアした企業や組織に限ってプラットフォームへのアクセスが認められています。 「新型コロナ危機は、今後のデータ利用方法について改めて考えるきっかけとなるでしょう。データを提供する多くの企業が、速やかに無償でデータ共有を試みるでしょう。デロイトのデータマネジメント、医療、AI分野の専門家チームも、ダウェックス社の技術とよびかけに参加しています」とデロイトのシニアパートナー、Mathieu Colas(マチュー・コラス)氏も述べています。 Dawex社共同創設者、Fabrice Tocco(ファブリス・トッコ)は以下のように話しています。「新型コロナウィルス対策のデータ取引は、禍中にある危機を乗り越えるためにデータ取引を加速させるでしょう。さらには、企業・組織のコミュニティが一丸となって、来る難局に対応できる能力を高めていき、より良い未来を作り上げることができるのです」 Dawex社について Dawex社は、データ・エクスチェンジのリーディングカンパニーで、最大のデータマーケットプレイスを運営しています。企業や組織が安全かつ効率的に、コンプライアンスに則って、直接データを取得、販売、共有できるプラットフォームを提供しています。20を超える業界の1万社以上の企業・組織がDawex社のグローバルデータマーケットプレイスとデータエクスチェンジプラットフォーム 技術により、自社のデータ戦略を構築しています。2015年に設立、本社所在地はフランス、リヨン市。50か国以上でサービスを提供しています。 https://www.dawex.com/ja/  本件に関するお問い合わせ フランス大使館 貿易投資庁-ビジネスフランス 松木  asako.matsuki@businessfrance.fr

オルラーヌパリの夏 ボディケア3商品 期間限定で日本販売

Kaori SUENAGA - 03-mars-2020 09:40:18

オルラーヌパリの夏 ボディケア 3 商品 期間限定で日本販売 4 月 1 日~ 9 月 30 日   クロノスヴェルト S ボディ<ボディ用クリーム> ボディ D ブースター セラム<ボディ用美容液> SOS M インテンス ボディケア<ボディ用マッサージクリーム>   この夏に向けて、オルラーヌはボディケア3商品を期間限定(4月1日~9月30日)で発売します。 今回日本発売するのは、いずれも年齢を問わず、より美しくありたいと願うすべての女性のニーズに応える、即効的かつ持続的な肌のハリ・引き締め効果をめざして開発されたボディケア製品です。 オルラーヌのどの製品とも同様に、香りから肌心地まで、きめ細やかな処方で至福の時間をご提供します。   クロノスヴェルト S ボディ<ボディ用クリーム> ボディ Dブースター セラム<ボディ用美容液> SOS M インテンス ボディケア<ボディ用マッサージクリーム>   詳しくは以下のリリース全文をご参照ください。 Link: https://drive.google.com/open?id=1lhtsYfmQSw_mtKpY9b2QZ92JJc2TJDpO      商品に関するお問合せ先: ORLANE PARIS JP 株式会社 東京都港区東麻布1丁目23-5 PMCビル2階 TEL : 03-5544-8922

第4回ボルドー&ボルドーシュペリュールワイン ソムリエコンクール

Kaori SUENAGA - 20-févr.-2020 07:10:30

ボルドー&ボルドー・シュペリュールワインソムリエコンクール 2020 中止 のお知らせ   各位、   この度の新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ボルドー&ボルドー・シュペリュールワイン生産者組合は、これまで準備を進めて参りました本年度の同生産者組合ソムリエコンクールの中止を決定いたしました。 一部の皆様には応募要項等をお知らせした矢先ではございますが、日仏の現況から難しいと判断いたしました。 是非、ご理解をいただきますとともに、 どなた様も、どうぞご自愛くださいますようお願い申し上げます。     BBS ソムリエコンクール運営事務局        

第4回世界原子力展示会 WNE 2020

Kaori SUENAGA - 03-févr.-2020 08:37:34

  第 4 回世界原子力展示会 WNE 2020 世界最大の民間原子力産業展示会 2020 年 6 月 23 ~ 25 日   世界原子力展示会「 World Nuclear Exhibition (WNE) 」が、 6 月 23 日(火)~ 25 日(木) にパリ・ノール・ヴィルパント見本市会場(ホール 7 )で開催されます。 GIFEN (フランス原子力産業協会) の委託を受けて Reed Expositions France が主催する本展示会は、今回で 4 回目を迎えます。 2020 年のテーマは 「原子力産業、低炭素社会の主要パートナー」 です。 フランスで 2 年毎に開催される WNE は、世界中の原子力業界関係者が集う商談の場として、また業界が直面する主要な問題や課題を話し合う場として必要不可欠な存在になっています。 WNE の核にあるのはイノベーション。あらゆる規模(大企業グループ、中堅企業、中小企業、スタートアップ企業等)の出展者に戦略的提携や新契約の機会を豊富に提供します。   WNE 2020 主要データ : ·          出展者数 730 社 / 団体、来場者数 23 000 名、 参加国 62 ヵ国 ·          16 ヵ国のパビリオン ·          商談数 4 500 件 ·          国際的な意思決定者 1 500 名と多数の国際公式代表団が参加   原子力産業、低炭素社会の主要パートナー 2050 年までのカーボンニュートラル達成に向けて歩を進める中、エネルギー移行の問題は政治的、経済的、社会的議論の中心にあります。グローバルな気候変動の危機を前に、多くの国で化石燃料の使用削減に基づいた新しいエネルギーモデルの基本を確立する試みが続いています。将来的な持続可能なエネルギーミックスへの移行の鍵の 1 つが、 原子力 です。 WNE は 2020 年のテーマ 「原子力産業、低炭素社会の主要パートナー」 でこれらの大きな課題を取り上げます。   WNE 新 会長 Maurice Gourdault-Montagne (モーリス・グルドー = モンターニュ)は次のように述べています。 「低炭素経済の目標を達成する上で、エネルギー移行において原子力が極めて重要な役割を果たすことになると確信しています。」     2020 年の新企画   ·       小型モジュール炉( SMR )・新型炉デー として、 6 月 25 日は小型炉( 50 ~ 300MW )に関して世界各地で進められている各種プロジェクトに焦点を当てた 1 日となります。従来の原子力発電設備より小規模なこれらの設備は、時代遅れとなった化石燃料発電を実際に置き換えることのできる、低炭素エネルギーのニーズに合った発電設備であると考えられています。当日は、多くの国際公式代表団を迎え、将来的なエネルギーシステムにおける SMR 技術や新型炉の使用に関連する課題と機会について話し合う、他にはない貴重な場を提供します。 ·       世界における原子力エネルギーの推進に貢献した原子力セクターの国際的なエキスパートを表彰する名誉賞「 WNE フェローアワード 」を設け、第1回目の授賞を行います。   ビジネスミーティング、ディスカッション、多くのイノベーションが詰め込まれた 3 日間 ·       今回も、 WNE アワード でイノベーションを奨励します。展示会初日に、 製品とサービス部門 、 原子力の安全性部門 、 優秀オペレーション部門 、 ナレッジ・マネジメントとスキル部門 の 4 部門にわたり、 2018 年と同様、各部門で大企業グループ、中小企業のそれぞれに賞を 1 つずつ設け、 8 つの賞 が授与されます。 ·       今年も Startup Planet (スタートアップ・プラネット) 、 ガイド付きツアー 、 Investors’ Day (投資家デー) 、出展企業による ワークショップ 、 パネルディスカッション 等、 WNE の定番企画の数々が開催されます。   世界規模のイベント WNE には世界市場のリーダーやキープレーヤーが参加するという国際性も定着しています。 2020 年は スタンドの 4 割 を国外 40 ヵ国 ( ドイツ、ベルギー、カナダ、中国、韓国、スペイン、アメリカ、フィンランド、イタリア、イギリス、ロシア、スウェーデン、スイス… ) が占め、今回はチェコ共和国とウクライナが初参加します。 日本をはじめ、アルゼンチン、ベルギー、カナダ、中国、フィンランド、ドイツ、ポーランド、ルーマニア、韓国、スペイン、イギリス、アメリカ、ウェールズなど、 16 ヵ国のパビリオン も予定されています。また、各国政府、各種機関、大手バイヤー等を代表する国際的な 上級意思決定者 1,500 名 に加え、その他多くの公式代表団の参加も予定されています。   さらなるビジネスチャンス 2020 年の WNE は、かつてないほど原子力業界にとってビジネスを促進する場になるでしょう。 3 日間に 4,500 件のビジネスミーティング が見込まれています( 2018 年は 4,000 件)。出展企業(中小企業、中堅企業、大企業グループ)を対象にしたこれらのミーティングは、意見交換、経験の共有、新規提携、サプライヤーとグローバルな大手請負業者間での契約に、すばらしい場を提供します。 前回までの成功の上に、 WNE 2020 は再び世界の民間原子力産業全体を集め、国際的な上級意思決定者、公式代表団、科学専門家、エンジニア、技術者、スタートアップ企業、メディア等が一堂に会することになります。   GIFEN ( Groupement des Industriels Français de l’Energie Nucléaire/ フランス原子力産業協会) について  : www.gifen.fr GIFEN は、フランスの原子力産業の約 190 の企業・団体が加盟する産業協会で、世界の民間原子力関係企業・団体との関係醸成と国際文化の推進を目的としています。 GIFEN は目的達成に向けて WNE が役割を果たせると確信しており、その主催者として WNE の発展を目指しています。 WNE は世界の関係者が実際に対面し、国際的に著名なエキスパートの出席の下、かつてなかった種類のミーディングに参加する機会を提供する 3 日間です。また、原子力セクターのリーダーや意思決定者たちがビジョンや目的を共有し、ネットワークづくりや戦略的なトピックに関する意見交換を行う機会を提供するイベントでもあります。 こうして、 WNE は世界の原子力産業の優れた発展に寄与したいと願うプロフェッショナルたちや企業(小企業から中堅企業まで)が参加すべき主要イベントとなっています。   REED EXPOSITIONS FRANCE について - www.reedexpo.fr   Reed Expositions は、 18 の産業部門において 40 の主要な見本市( Batimat, EquipHotel, IFTM-Top Resa, Expoprotection, Pollutec, SITL, Maison & Objet*, Fiac, Paris Photo など)と 45 のインターネットサイトおよびブログを展開し、クライアントに向けて事業の発展促進に結びつくコンタクト、コンテンツ、ネットワークを提供しています。 Reed Expositions が主催するイベントのクライアントは、フランス国内外の企業 18,600 社余、バイヤー 108 万人にのぼります。 Reed Expositions を傘下に収める Reed Exhibitions グループは世界的な見本市主催企業です。フランスでは 2 つの子会社 Reed Expositions France と Reed Midem を擁し、 60 以上のイベントを展開するマーケットリーダーです。 * Reed Expositions の子会社 SAFI および Ateliers d’Art de France (フランス工芸家組合)が主催  

貿易投資庁-ビジネスフランスとは
フランス貿易投資庁-ビジネスフランスとは フランス経済の国際化を促進する政府機関。フランス企業の国際展開と貿易振興、外国企業のフランス進出を支援します。フランスの経済国としてのイメージ向上、特に地方や企業の魅力を伝える広報活動を推進し、フランス国際企業インターンシップ・プログラム(V.I.E)の発展を担います。世界58カ国に在外事務所を構え 1500人のスタッフが、国際的な官民ネットワークのもと活動、企業向けにサービスを提供しています。 フランス貿易投資庁-ビジネスフランス日本事務所のTwitterアカウントでは最新情報を配信しています!ぜひフォローよろしくお願いいたします!    

もっと読む

Facebook
プレス、メディアギャラリー、資料
更新カレンダー