通信技術 宇宙開発

ユニステラ社のまったく新しい一般向け望遠鏡が日本上陸!

Kaori SUENAGA - 15-nov.-2019 03:43:06

     渋谷で天体観測⁈ 世界と繋がって天文学的発見に貢献⁈ ユニステラ社のまったく新しい一般向け望遠鏡 が日本上陸 ! 誰でも夜空の美しさや天文学的発見の興奮を体験   仏米 スタートアップ企業 Unistellar / ユニステラ 社 (本社:仏マルセイユ) は、銀河や星雲をライブ観測することができるユニークで使い方の簡単なロボット天体望遠鏡を発明しました。特別な研究者でなくとも、全国的なまた世界的な天体観測キャンペーンに参加して、惑星の発見といった最先端の科学に貢献したり、あるいは地球を有害な小惑星から守るといったこともできるかもしれません。この「 Unistellar eVscope 」は欧米で何千もの顧客を獲得し、大成功を収めました。比類のない宇宙空間のライブ観測を、まもなく日本でも体験することができます。   eVscope は、遠距離天体を難しい操作無しでディテールまで観測することができる望遠鏡です。 Unistellar の「視覚補強 (Enhanced Vision) 」技術により、銀河や星雲をライブで これまでにない フルカラーで精細に見ることができます。宇宙の美しさや発見の興奮という貴重な天文体験をアマチュアファンに届けます。その性能は、 都市部での天体観測 (太陽系の外まで)も可能にします  !   誰もが天文学的発見の興奮を体験できるように、 Unistellar はアメリカの SETI 研究所 [1] と提携し、世界中の eVscope ユーザーで構成される アマチュア観測家初の世界的ネットワーク を構築します。 この取り組みにおいて、 eVscope は太陽系外惑星や小惑星の観測に寄与し、超新星や彗星の検出に用いられました。また最近では、 NASA の LUCY ミッションが訪れる小惑星オルスについて詳しく知ることに貢献しました。 誰もが JAXA の DESTINY+ ミッションの次のターゲットとなるファエトンのような、科学的な天体観測キャンペーンや市民天文学プログラムに参加し、天文学的発見に貢献することを可能にします。   米ローレンス・バークレー国立研究所の元ケック遠隔望遠鏡オペレーション施設マネージャーで、現在チャボット宇宙科学センター で 望遠鏡デッキガイドをされている大和正明氏は、「先にチャボット宇宙科学センターで行われた Franck Marchis 博士による eVscope のデモンストレーションで、その素晴らしい性能を拝見しました。これがあらゆるレベルの天文学愛好家のためのゲームチェンジャーとなると確信しています。 若者からお年寄り、初心者からプロの天文学者まで、光の汚染された都市環境からでも、星空をはるかに楽しくする可能性があります。 私は先の Kickstarter キャンペーン を通じてスポンサーとなり、まもなく eVscope を手にします。 家族や友人、様々な天文学のアウトリーチイベントで eVscope を使って共有し、市民科学プログラムにもっと深く関わることを楽しみにしています。」と期待を膨らませています。   いよいよ日本上陸! Unistellar は、日本最大のクラウドファンディング Campfire (キャンプファイヤー) にて、 eVscope の先行予約を 12 月中旬に時間・数量を限定して開始します。   Unistellar 社と会い、 eVscope を体験しましょう! このキャンペーンに先立ち、 11 月 15 日から 22 日まで Unistellar の CEO (最高経営責任者) Laurent Marfisi と CSO (最高科学責任者)兼 SETI 研究所シニアサイエンティストである Dr. Franck Marchis が来日し、日本で初めて eVscope を披露します。 渋谷の EdgeOf や、六本木ヒルズの屋上で行われるスターパーティー、大阪 うめきた広場でのデモンストレーションを含む様々なイベントを予定しています。   イベントプログラムは、こちらをご覧ください➡ https://japan.unistellaroptics.com/   ユニステラ社の詳細情報は こちら をご覧ください。 次世代天文学や市民天文学に興味がある方は、 是非 press.jp@unistellaroptics.com  までご連絡ください。 (日本語可)   コンタクト Unistellar Head of Communication / コミュニケーション責任者 Mr Ludovic Nachury Email : press.jp@unistellaroptics.com     TEL : + 33 6 24 31 63 89   Chief Scientific Officer / 最高科学責任者 Dr. Franck Marchis Email: franck.marchis@unistellaropticscom Tel.: +1 510 599 0604   [1] SETI 研究所 は、カール・セーガン、 ジル・ターターなど、錚々たる学者により創設された、地球外生命の発見を目的とした非営利組織。本部はカリフォルニア州マウンテンビュー。 www.seti.org


Slush Tokyo にフレンチテック・パビリオンが初登場!

Kaori SUENAGA - 30-janv.-2019 06:34:44

  Slush Tokyo に フレンチテック・パビリオンが初登場! 2 月 22 日㈮~ 23 日㈯ 東京ビッグサイト 西ホール 1/ ブース No.5 BtoB マッチング: 2 月 21 日(木) フレンチテックピッチ: 2 月 22 日(金) 13 : 25 ~ 14 : 55  @ Dialog Stage, SlushTokyo 会場内 フレンチテック ネットワークイベント: 2 月 22 日(金) 19 : 00 ~ @渋谷 EDGEof   2019 年 2 月 22 日金曜日~ 23 日土曜日に東京ビッグサイト西ホールで開催される Slush Tokyo に、今回初めてフレンチテック・パビリオンが登場します。フランス貿易投資庁 - ビジネスフランスが組織するフレンチテック・パビリオン(西ホール 1 ブース No.5 )には、 8 社の革新的な中小企業 / スタートアップが出展し、またフレンチテックの情報ブースが設けられます。   ヘルシンキ発のスタートアップイベント Slush の東京版 Slush Tokyo は、国際的なスタートアップエコシステムのアクターが集まり、コンフェランス、ピッチイベント、展示が実施され、今年は 800 以上のスタートアップ、 300 以上の投資家、総勢 8000 名以上の参加者が予想されています。   Slush 開催中の 2 月 22 日(金) 13 時 25 分~ 14 時 55 分には、会場内の Dialog Stage にて、「 フレンチテックピッチ 」を開催いたします。ピッチでは今回来日するフィンテック、セキュリティ、ビッグデータ、アドテック、 AI 関連企業が登壇します。 登録は不要です。直接会場へお越しください。   Slush Tokyo フレンチテック・パビリオンに参加する企業は、以下の 7 社です。   フーマノ https://hoomano.com/jp/home-jp/ BtoB マッチング希望 HOOMANO (フーマノ) は 2014 年からソーシャルロボット向けに AI (人工知能)などを活用したソフトウェアを開発しており、日本とヨーロッパで長年のパートナーである Softbank Robotics 社の Pepper や Nao 向けに様々なビジネスソリューションを提供してきました。 Hoomano の「ソーシャルブレイン」は、マシンと人間の自然なやり取りを約束する技術革新です。 小売や、高齢者介護、ホスピタリティ、交通機関、公共サービスなどのさまざまな分野において実績を重ねており、ソーシャルロボットのユーザーエクスペリエンスを日々向上させています。 ペイツウィーク https://www.paytweak.com/ BtoB マッチング希望 Paytweak( ペイツウィーク ) は、 E メールや SMS を使ってカード決済を安全に、即時に行うことを可能にします。直接決済のため、仲介手数料も発生しません。   Paytweak.com でのやりとりや情報は、最新世代の SSL 証明書と 軍事レベルの AES によって安全に管理され、 E メール送信も Paytweak のアンチフィッシング技術によって守られています。こうした技術の革新性により、多くの銀行や支払いサービス業者に支持されています。 ソー・クリップ! http://www.so-clip.com/fr/ BtoB マッチング希望   ミュージッククリップを簡単に So Clip! ( ソー・クリップ!)社は、ミュージッククリップを簡単に作ることのできる、特許取得のユニークなソリューションを OEM で提供しています。 このビデオクリップ自動編集アプリを使えば、誰でも瞬時にスマホ上でプロ品質のビデオクリップを制作することができます。 スニップス https:// www.snips.ai BtoB マッチング希望   2013 年に創立した Snips 社は AI を用いた最先端の音声認識ソフトウェアを開発するスタートアップです。従来の音声認識システムと異なりクラウドを介することなくデバイス上で音声解析を行うことができます。オフライン環境での音声操作という新しい Voice User Experience を提供するだけではなく、 AI 機械学習を基にした言語モデルと効率的なソフトウェアデザインによって高い認識率を誇っています。個人音声データを貯めないという、昨今のプライバシー問題を解決するユーザー主義・ GDPR 対応の音声認識テクノロジーです。 ユビキューブ https://www.ubiqube.com/ BtoB マッチング希望 次世代ネットワーク大手の Ubiqube ( ユビキューブ)は、サービスプロバイダーや大・中企業向けに、ベンダーに依存しないマルチドメイン E2E ネットワークや、セキュリティオーケストレーション・ソリューションを提供しています。ネットワーク業界のデジタル化を牽引するユビキューブ社が開発・提供している MSActivator™ は、ハイブリッドなコミュニケーションインフラ (legacy, SDN/NFV/IoT) 上のさまざまなサービスの設計、オートメーションおよびオーケストレーションのためのオープンフレームワークを可能にする DevOps です。 コムエクスポジアム・ジャパン http://comexposium-jp.com/ Comexposium は、 世界をリードするイベントオーガナイザーのひとつです   。そのイベントは 30 か国以上で、 1 年間に累計 48000 社の出展者を数え、 350 万人の来場者を迎えます。農業、建設、ファッション、フード、健康、レジャー、不動産、リテール、など、さまざまな産業分野をカバーしています。中でも、 Comexposium Japan ( コムエクスポジアム・ジャパン ) が 11 月に開催する ad:tech Tokyo は、アドテクノロジーやマーケティングマネジメントの最先端情報を発信する、アジア最大の国際マーケティングイベントです。 スキャリティ https://www.scality.com/ Scality (スキャリティ)社は 2009 年に仏パリで設立された、 Gartner などの業界アナリストからも高く評価されているペタバイト規模のソフトウェア・デファインド・ストレージ( SDS )の業界リーダーです。 Scality RING は、 REST API 、 Amazon S3 互換 API に加え NFS 、 CIFS などのファイルアクセスにも対応する柔軟性を備えており、世界中の 200 以上の法人・団体でペタバイトクラスの稼働実績があります。 ソース・インタラクティブ https://sourceinteractive.fr/ Source Interactive ( ソース・インタラクティブ)社は、ウェブサイトや IoT 、アプリといったクリエイティブで革新的なデジタル製品に、機能とデザイン性を融合させることを目的に設立されました。ユーザーの行動様式や期待をよりよく理解するために、ユーザー研究を重視しています。アーティストであり、技術者であり、エコノミストであり、また最新テクノロジーが大好きなソース・インタラクティブは、ユーザーのニーズと企業の目的の妥協点を見つけることに挑戦しています。   また今回の Slush 出展に合わせて、以下のプログラムが組まれています。   BtoB マッチング また参加企業の中で、フーマノ社、 ソー・クリップ!社、 ペイツウィーク社、スニップス社、ユビキューブ社の 5 社は、 2 月 21 日(木) に BtoB マッチングを希望しています。プレスの取材も可能です。 ご希望の 企業の方 は、 林 ( kaoruko.hayashi@businessfrance.fr ) まで、 プレスの方 は、 末永( kaori.suenaga@businessfrance.fr ) までご連絡ください。   フレンチテック ネットワークイベント 2 月 22 日(金) 19 時より、渋谷 EDGE of にて、「フレンチテック ネットワークイベント」を開催いたします。出展フランス企業はもちろんフレンチテックにかかわる在日フランス企業、日本企業、アカデミア、 VC などが参加します。 お申込みは以下、 Peatix よりお願いします。 https://frenchtechday.peatix.com/view   フランス貿易投資庁-ビジネスフランスについて フランス貿易投資庁 - ビジネスフランスはフランス経済の国際化を促進する政府機関です。フランス企業の国際展開と貿易振興、また外国企業のフランス進出を支援します。フランスの経済国としてのイメージ向上、特に地方や企業の魅力を伝える広報活動を推進し、フランス国際企業インターンシップ・プログラム( V.I.E )の発展も担います。世界 64 カ国に在外事務所を構え、 1500 人のスタッフが、国際的な官民ネット ワークのもと活動し、企業へのサービスを提供しています。 詳細はウェブサイトをご参照ください。  www.businessfrance.fr   https://www.youbuyfrance.com/jp/   フレンチテックとは フレンチテックとは、フランスのスタートアップコミュニティ(起業家、エンジニア、デザイナー、インキュベーター、公的機関をつなぐネットワーク)であり、フランスにおけるスタートアップの成長と国際化を促進しています。このネットワークには、 BlablaCar 、 Criteo 、 Vente-privee などフランスを代表するスタートアップや、 2016 年に 1 億 5 千ユーロの資金調達を実現した Sigfox 、 2018 年にそれぞれ、 1 億 6 千ユーロを調達した Devialet や 、 1 億 7 千ユーロを調達した Voodoo が存在します。フレンチテックは、スタートアップコミュニティの活性化を目指し、 2013 年に始動した政策です。詳しくは公式サイト(英語)をご参照ください。 www.meetlafrenchtech.com   フランス大使館 貿易投資庁 ビジネスフランス 日本事務所 企業からのお問合せ 担当 林薫子  kaoruko.hayashi@businessfrance.fr   プレスからのお問合せ プレス担当 末永かおり  kaori.suenaga@businessfrance.fr    Tel : + 81(0)3 57 98 61 28  


モバイルイベントMWC19にフレンチテック パビリオン出展

Asako MATSUKI - 16-janv.-2019 07:09:40

スペイン、バルセロナ 2月25日~28日 #BonjourMobile 2019年2月25日~28日、バルセロナで開催されるMWC19 Barcelona(旧称Mobile World Congress: 以下MWC)にてフランス貿易投資庁-ビジネスフランスは、13年目となるフレンチテック・パビリオンを主催します。フランスから100社を超える革新的な中小企業やスタートアップが出展します。 MWCは、世界の大手携帯キャリア、モバイルサービス、コンテンツ・プロバイダーが結集する最大級のモバイルイベントです。昨年は208か国から2400社の出展企業、10万7000人を超える来場者数を記録しています。 フランス貿易投資庁-ビジネスフランスは、オランジュ、BNPパリバ、Vivatechの協賛を得て、出展フランス企業をサポートしています。 フレンチテック・パビリオンは、参加国のパビリオンとしては最大規模の630平方メートルを占めます。ホール5の2ブロック(5B41/5B61)とホール8.1の2ブロック(8.1D41 / 8.1E49)「Digital Planet」に分かれ、通信インフラ、ソフトウェア、モバイルアプリ、ゲーム、関連アクセサリ、デジタルマーケティング、Eコマース、フィンテックなど多岐にわたる分野の事業者が出展します。 パビリオンでは一週間にわたり様々なイベントが行われます。2月25日はビジネスフランス アワードの授賞式、ホール5の「Demo Room」ではイノベーティブな製品やソリューションのデモ、来場した海外企業やベンチャーキャピタルとの商談会が開催されます。フレンチテック・パビリオンの状況については、リアルタイムでツイートしています。ぜひTwitterで #BonjourMobile をフォローしてください(フランス貿易投資庁-ビジネスフランス日本事務所公式ツイッターアカウントはこちら  @Bfrance_Japan ) フレンチテック・パビリオンには、ブルターニュ、オクシタニ、南仏などフランスの地域圏からの参加に加え、「システマティック・パリ・レジオン(Systematic Paris Region)」や「セキュアード・コミュニケーティング・ソリューションズ(SCS)」などクラスターからの出展もあります。 出展するフランス企業は、フランス貿易投資庁-ビジネスフランスの仲介により、アフリカ、東欧、ASEAN、南米、北米など30か国から来場する通信キャリア、インテグレーターのバイヤーと商談を行います。 MWCでは多くのフレンチテック企業がイノベーションをご紹介します。 以下は出展企業例です: コンロウ(KONROW): 南仏のスマートフォン・タブレット端末メーカー。ユーザーのニーズ、アクセシビリティを配慮した製品設計を行う。シンプルで使いやすいことを重視した製品開発で、主流のスマホの代替案を提案。 https://www.konrow.com/en/   フォクシー・ネール・ステュディオ(FOXY NERDS STUDIO): 大企業向けにSaaSデジタルマーケティング・ソリューションを開発。企業ブランドについて、ソーシャルメディアや顧客専用サイトで、消費者や顧客の反応をモニタリングするデジタル技術を提供。 https://www.foxynerds.studio / デジャ・モバイル(DEJAMOBILE): ホワイトラベルのスマートフォン決済アプリケーションを提供するフィンテック企業。金融業、店舗、配送業者向けにNFC、QRコード、ブルートゥースなどの近接通信を用いた安全でインタラクティブなモバイル・サービス運用を提案。 https://www.dejamobile.com/ 出展企業リストはフレンチテック・パビリオン公式サイト(英語)をご確認ください: https://events-export.businessfrance.fr/mwc/ MWC19 公式サイトはこちら: https://www.mwcbarcelona.com/ フランス貿易投資庁-ビジネスフランスについて フランス貿易投資庁- ビジネスフランスはフランス経済の国際化を促進する政府機関です。フランス企業の国際展開と貿易振興、また外国企業のフランス進出を支援します。 フランスの経済国としてのイメージ向上、特に地方や企業の魅力を伝える広報活動を推進し、フランス国際企業インターンシップ・プログラム(V.I.E)の発展も担います。世界64カ国に在外事務所を構え、1500人のスタッフが、国際的な官民ネット ワークのもと活動し、企業へのサービスを提供しています。 詳細はウェブサイトをご参照ください。 www.businessfrance.fr フレンチテックとは フレンチテックとは、フランスのスタートアップコミュニティ(起業家、エンジニア、デザイナー、インキュベーター、公的機関をつなぐネットワーク)であり、フランスにおけるスタートアップの成長と国際化を促進しています。このネットワークには、BlablaCar、Criteo、Vente-privee などフランスを代表するスタートアップや、2016年に1億5000万ユーロの資金調達を実現したSigfox、2018年にそれぞれ、1億6000万ユーロを調達したDevialet や 、1億7000万ユーロを調達したVoodoo が存在します。フレンチテックは、スタートアップコミュニティの活性化を目指し、2013年に始動した政策です。詳しくは公式サイト(英語)をご参照ください。 www.meetlafrenchtech.com プレスコンタクト フランス大使館 貿易投資庁-ビジネスフランス 日本事務所  広報-プレス担当 松木 Tel : + 81(0)3 57 98 61 49  asako.matsuki@businessfrance.fr  


オロリア社、米陸軍への人員救助装置供給で3,400万ドルの契約が成立

Chihiro AIKAWA - 15-mai-2018 09:55:17

    オロリア社   米陸軍への人員救助装置供給で   3,400 万ドルの契約が成立   画期的なビーコン位置情報で兵士の生存率を向上                             レジリエントなポジショニング/ナビゲーション/タイミング( PNT )ソリューションの世界的リーダーであるオロリア社は、本日子会社のマクマード社と米陸軍が人員救助装置( PRD )の製造に関する 33,986,800 ドルの契約を締結したことを発表しました。この PRD はデュアルモードの MIL-SPEC パーソナルロケータービーコンで、米陸軍の人員救助サポートシステム( PRSS )に組み込まれます。オープンな信号とセキュアな信号の両方(訓練/戦闘デュアルモード)の送信が可能で、兵士が孤立、行方不明、拘束された時、あるいは捕虜になった場合に警報で通知します。   この画期的な位置確認装置は、困難な状況に陥った兵士の救出作戦をセキュアな拡張機能によって最適化し、成功に導きます。軍事規格および軍事仕様対応の設計で、さらに高精度で小型・軽量・低消費電力( SWaP )な条件に対応します。   オロリア社 CEO ジャン = イヴ・クルトワは次のように述べています。「米軍戦闘員の命を守る重要な位置確認装置のサプライヤーに選ばれたことは大変光栄であり、誇りに思います。人員救助行動に簡単に組み込むことができる PRD は、戦闘捜索救難( C-SAR )システムや戦闘地に展開した兵士のためのその他の Assured PNT アプリケーション向けの、堅牢で小型の新しいオロリア PNT プラットフォームをベースとします。今回の契約は、 2016 年のアメリカ沿岸警備隊からの 16,000 基のパーソナルロケータービーコン FastFind 220 の受注に続くものです。まさにオロリア社のレジリエントなポジショニング/ナビゲーション/タイミング分野における世界的なリーダーシップを証するものと言えるでしょう」   人員救助サポートシステムの人員救助装置に関する契約は、 2022 年 3 月 6 日を履行期限として、アラバマ州ハンツビルのレッドストーン兵器廠アメリカ陸軍航空部隊戦闘員製品管理部を代表するメリーランド州アバディーン性能試験場のアメリカ陸軍契約司令部から受注しました。   オロリア社について オロリア社は、クリティカル、遠隔、ハイリスクな業務の信頼性、パフォーマンス、安全性を高めるレジリエントなポジショニング/ナビゲーション/タイミング( PNT )ソリューションの世界的リーダーです。政府、海運、航空、企業向けアプリケーションの専門知識による実質的にフェールセイフの GPS/GNSS および PNT 製品やソリューションによって、お客様の最大のミッションクリティカルなニーズに対応します。オロリア社はフランスの欧州本社のほか、世界 100 か国以上の拠点で事業を展開しています。 www.orolia.com   プレスコンタクト フランス大使館 貿易投資庁 - ビジネスフランス 東京事務所 広報室 Mail : Presse.JP@businessfrance.fr    


クラウドを介せずプライバシーを守るデバイス上で稼働する音声プラットフォームSNIPS 日本語版を提供開始

Kaori SUENAGA - 09-mai-2018 03:17:38

    在日フランス大使館貿易投資庁 プレスリリース No.660188   2018 年 5 月 9 日 クラウドを介せずプライバシーを守る デバイス上で稼働する音声プラットフォーム Snips   日本語版を提供開始   コネクテッドデバイスに搭載する音声プラットフォームを開発するフランスのスタートアップ、 Snips (スニップス)社は、この 6 月に日本語版の提供を開始します。ウェイクワードの検知、会話認識、自然言語理解、対話管理といった機能を、クラウドを介さずに、クラウドを使ったシステム以上のパフォーマンスで提供する Snips の音声テクノロジーを、日本向け製品に活用することが可能になります。   独自の AI 技術による Snips のプラットフォームは、クラウドを介さずデバイス上で稼働します。そのためインターネット接続が不要で、反応が速く、プライバシー保護や GDPR* への準拠を保証します。こうしてメーカー側のブランドアイデンティティやデータ管理を安全に行うことができます。さらに Snips の深層学習をベースとしたモデルがパフォーマンスと効果を最適化し、 Raspberry Pi 3 レベルのシンプルなデバイス上でも稼働します。   *GDPR : 2018 年 5 月 25 日から施行される EU 一般データ保護規則( General Data Protection Regulation )   「 2013 年来、私たちはあらゆるデバイスへの AI の導入に取り組んできました。 2017 年に独自の音声プラットフォームを英語版とフランス語版でリリース、翌 2018 年 3 月にはドイツ語版が加わりました。日本語への展開は、私たちの次なる大きな目標でした。 Snips の発想は、 AI や音声テクノロジーとプライバシー保護は決して相反するものでないという考え方をベースとしています。私は、日本市場向けにデータプライバシーを保証した堅牢な生産用音声ソリューションを日本国内外のメーカー各社にご提供できるようになったことを誇りに思っております。」( Snips 社 CEO 、ランド・ヒンディ博士)   キッチンで リビングで               Snips 音声プラットフォームの特長 : ●        オンデバイスと設計段階からのデータ保護対策 : Snips はクラウドを介せず 100 %デバイス上で稼働する初めての AI 音声プラットフォームです。インターネット接続が不要なためオフラインで機能します。またユーザーのデータがデバイス上で安全に処理されるため、プライバシーを保証します。これは 2018 年より施行される欧州の GDPR 規格に準拠しています。 ●        エンドツーエンドのオンデバイス音声認識エンジン : Snips 音声プラットフォームは ASR( 自動音声認識 ) や NLU(2018 年 2 月にオープンソース化された自然言語理解 ) 、ウェイクワードの検知、対話管理等の機能を提供します。プラットフォームは、デバイス上で ASR と NLU の両方が稼働する、最先端の深層学習機能を利用しています。 ●        データ生成 : Snips のテクノロジーは、リアルユーザーデータを必要としないデータ生成ソリューション(特許出願中)を使い、音声アシスタントの高いパフォーマンスを保証します。 Snips テクノロジーをベースとしたアシスタント機能により、発売前から数か月分のユーザーデータ相当で学習を開始することができ、 AI にありがちなコールドスタート問題を解決しします。 ●        スキルストア : スキルストアにより、デベロッパーやメーカーは、音声クエリを使ってワンアクションで起動することのできる独自のスキルを創作することができ、このスキルはあらゆる IoT デバイスに接続可能です。デベロッパーやメーカーはまた、ユーザーインテントの認識に加え、すでに評価を得たプレビルトのスキルを配置することもできます。照明、スピーカー、コーヒーメーカー、テレビなど、さまざまな機器を音声でコントロールし、個人情報は一切外部に漏れることはありません。 ●        一定したコスト : クエリ毎に課金されるクラウドのプロバイダーとは異なり、 Snips はデバイス毎に課金するため、クエリを無制限に出すことができます。音声アシスタントはサービスというよりコンポーネント(部品)といえます。料金は商品にのみ課金されるため、コンソールを使って組み立てられたプロトタイプは無料です。     Snips について : Snips はコネクテッドデバイス用音声プラットフォームで、機器メーカーが自社製品に音声アシスタント機能を付加することを可能にします。 2013 年創設の Snips 社は、あらゆるデバイスに AI アシスタントを搭載することで、操作が直感的になり、テクノロジーが隠れて見えなくなると考えました。 Snips の独自性は、ユーザーと対話するデバイス上ですべての処理が行われ、データが一切デバイスの外(クラウド)に出ないという点です。こうして、プロセス全体を通してプライバシーを考慮する「 Private-by-Design 」やインターネット接続のない環境における柔軟性を保証し、 Snips は GDPR に準拠した最初の音声テクノロジーとなりました。   さらに詳しい情報はは同社ウェブサイト www.snips.ai . をご覧ください。   Snips 社 コンタクト Ms Genia Shipova, Communications, Snips.ai  (英語あるいは仏語) Email: genia.shipova@snips.ai Tel: +33 6 67 42 20 42     プレスコンタクト フランス大使館 貿易投資庁 - ビジネスフランス 東京事務所 末永かおり(プレス担当) Tél. : + 81(0)3 57 98 61 28 Mail : kaori.suenaga@businessfrance.fr          


フレンチテックツアー2017

Kaori SUENAGA - 18-oct.-2017 07:49:14

          FRENCH TECH TOUR フレンチテック ツアー  2017 2017 年 11 月 9 日~ 10 日(ソウル)、 13 日~ 15 日(東京)、 16 日~ 17 日(台北) Orange Fab Asia Fall 2017 Demo Day 11 月 14 日 ( 火 ) 15 時~       フレンチテック ツアー 2017 が、 11 月 9 日から 17 日まで、ソウル、東京 台北を巡り、情報通信分野におけるフランス企業と日・韓・台湾企業とのビジネス・リレーションを目指します。第 7 回目を迎える今回は、フランスから IoT  、 AI 、フィンテック分野などで革新的な技術を持つ 9 社のスタートアップ企業が来日します。   フレンチテック ツアーには、北東アジア市場でのポテンシャルや技術レベルを認められた企業が事前に選出され、参加します。企業の選出は、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ、サムスンや ASUS といった、日本・韓国・台湾の大手企業をはじめとする各市場ニーズを熟知する専門家パネルが行います。日本の専門家パネルは、前述の株式会社エヌ・ティ・ティ・データのほか、在日フランス企業のブイグアジア、 LM3Labs 、 Next Level Japan その他 IT エキスパートらで構成されています。 詳しくは以下のフレンチテック ツアーサイトから “OUR EXPART PANEL” をご覧ください。 http://events-export.businessfrance.fr/frenchtechtour-asia/   参加フランス企業の大部分にとって、今回のフレンチテックツアーは日本・韓国・台湾でのパートナーシップあるいは製品販売のための最初のステップとなります。同ツアーのメリットは日韓台のリーダー企業や投資家にフランススタートアップの高い技術力を紹介するだけにとどまらず、参入が難しいと言われるこれらの市場へ、ツアー参加企業が実際に進出し、プレゼンスを向上する可能性があるという点です。   今回選出され来日するスタートアップ企業は以下の 9 社です。 フレンチテック ツアー東京 参加企業:(詳細は 参加企業リスト をご覧ください。 ) EDEVICE, GLOBAL EXAM, GO TOUCH VR, IVALUA, KERLINK, PROVE&RUN, QUANTCUBE TECHNOLOGY, SNIPS, TEMPOW   参加フランス企業 9 社 は、Orange Fab Asia Fall 2017 Demo Dayに参加し 、 日本の IT 企業関係者や投資家ら との交流を図ります。   【 Orange Fab Asia Fall 2017 Demo Day 】 ・日時 : 2017 年 11 日 14 日(火) 14:30 開場、 15:00 開始 ~ 21:00 終了、 20:00 頃より懇親会 ・場所 : 弊社オフィス 〒 160-0022 新宿区新宿 3-1-13  京王新宿追分ビル 9F ・参加費用: 無料 ・ 参加のお申し込み:以下のフォームよりご登録ください。   https://goo.gl/forms/6oLr3nbct9asrPSH3   ※席数に限りがございます。満席となった場合には、お申込みを締め切りとさせていただきます。   ・プログラム 15:00  スタートアップ プレゼンテーション(英語) Orange Fab Asia (東京・ソウル・台北) 全 16 社 韓国 G-CCEI アクセラレータープログラム参加チーム 17:20  オーディエンス賞の発表 17:30   French Tech Tour10 社、 France Travel Tech4 社 プレゼンテーション 19:10  スタートアップ ブース展示・デモンストレーション プレゼンテーションをする全社 20:00  懇親会 (ブース展示も並行して行います) 21:00  終了予定        フレンチテック ツアー について フレンチテック ツアーは、在日フランス大使館貿易投資庁 - ビジネスフランス東京事務所とビジネスフランス ソウル事務所 台湾事務所が主催するフランス企業支援プログラムです。各市場の大手企業を含むエキスパートらが、新たな技術調達先となりそうなフランス企業を選出し、ターゲット市場でビジネスミーティングを展開します。このフレンチテック ツアーは、アメリカ市場での成功をきっかけに、 2011 年以来、毎年日本で開催され、翌 2012 年からは韓国へまた 2014 年からは台湾へと拡大してきました。日本の大手企業とフランスの革新的な企業との出会いを実現し、これまで具体的なビジネス・リレーションへと導いてきました。     「フレンチテック東京」 について スタートアップ企業の経済的価値と雇用創出への貢献を見据えたフランス政府は、 2013 年末、これら企業の発展を支援する「 La French Tech (フレンチテック)」の推進を決定しました。国外では世界のイノベーション先進都市において展開され、フランス企業のこれら都市への進出および外国スタートアップ企業のフランス進出を支援するものです。 2015 年 6 月にニューヨークで始動した 「 French Tech NEW YORK CITY 」 に続き、 「 フレンチテック東京 」は 2015 年 10 月 5 日に スタートしました。 公式サイト: http://tokyo.lafrenchtech.com/        企業からのお問合せ先 フランス大使館 貿易投資庁 - ビジネスフランス 東京事務所 林 薫子 Tél. : + 81(0)3 57 98 61 11 Mail : kaoruko.hayashi@businessfrance.fr   報道関係者からのお問合せ先 フランス大使館 貿易投資庁 - ビジネスフランス 東京事務所 末永かおり Tél. : + 81(0)3 57 98 61 28 Mail : kaori.suenaga@businessfrance.fr             


仏クエステル社、日本市場強化に向けアルトリサーチ(株)を買収

Kaori SUENAGA - 26-mai-2017 03:47:59

  仏クエステル社がアルトリサーチ株式会社を買収   特許検索サービスから知財管理へとサービス拡大にあたり 日本市場を強化   先進的な知的財産データベース “Orbit Intelligence” で知られるフランスのクエステル社( Questel 、本社パリ)が、この度、 5 月 15 日に知的財産関連ソフトウェアの開発販売会社、アルトリサーチ株式会社(東京都江東区)を買収しました。これによって Questel アジアパシフィック代表のティエリー・コンシニがアルトリサーチ(株)の代表取締役社長に就任いたしました。   日本では、 2011 年以来、中央光学出版株式会社( CKS )が代理店となり Orbit ソリューションの提供を行っています。当時は特許検索を主体としていたサービスも、この数年で特許ポートフォリオの解析や評価といった機能が加わり、現在では、商標や企業情報を対象に扱うデータベースや知的財産のコスト管理を行うツールを開発し、総合的なサービスへと成長しました。   今回のアルトリサーチの買収により、これまで大手国際企業を中心とした約 300 社の Orbit ユーザーに加え、中小企業、大学、特許事務所といったアルトリサーチの持つ顧客層へのアプローチが可能となり、新規拡大分野における市場の足固めにつなげます。     さて、クエステル社と中央光学出版は、フランス大使館にて、同社のオンラインサービス Orbit Platinum のユーザーに向けて、下記の通りセミナーを開催いたします。この機会に、クエステル本社からはミゲル・イグレシアス エグセクティブ・ディレクターが来日し、アルトリサーチ買収を踏まえ、今後の日本における拡張計画について発表いたします。   •        日時:    2017 年 6 月 9 日(金)                            セミナー 14:15 - 18:00  (受付開始  14:00 )                         懇親会   18:00 - 19:30 •        会場:    フランス大使館 会議室 (港区南麻布 4-11-44 ) •        プログラム詳細は添付をご覧ください。   ご取材をご希望の方は、下記までお申し込みください。(締め切り 6 月 7 日) 事前のお申込みのない方はフランス大使館にご入館いただけませんので、ご了承ください。   お問い合わせ先 フランス大使館 貿易投資庁-ビジネスフランス 東京事務所 プレス担当  末永 かおり Mail : kaori.suenaga@businessfrance.fr Tel. : + 81(0)3 57 98 61 28   twitter.com/BFrance_Japan


貿易投資庁-ビジネスフランスとは
フランス貿易投資庁-ビジネスフランスとは フランス経済の国際化を促進する政府機関。フランス企業の国際展開と貿易振興、外国企業のフランス進出を支援します。フランスの経済国としてのイメージ向上、特に地方や企業の魅力を伝える広報活動を推進し、フランス国際企業インターンシップ・プログラム(V.I.E)の発展を担います。世界58カ国に在外事務所を構え 1500人のスタッフが、国際的な官民ネットワークのもと活動、企業向けにサービスを提供しています。 フランス貿易投資庁-ビジネスフランス日本事務所のTwitterアカウントでは最新情報を配信しています!ぜひフォローよろしくお願いいたします!    

もっと読む

Facebook
プレス、メディアギャラリー、資料