日仏水素モビリティーセミナー

Asako MATSUKI - 11/06/19

6月24日(月)~26日(水) 次世代エネルギーとして期待される水素エネルギー関連のフランス企業・機関13団体が来日し、フランスの強みを紹介するとともに日本の水素技術、エコシステムを視察、日仏技術交流を図ります。
24日(月)には関係者を招聘しフランス大使館にて「日仏水素モビリティーセミナー」を開催します。

 

日仏水素モビリティーセミナー 概要

2019年6月24日 於 東京
プログラム
開会の辞ローラン・ピック駐日フランス大使
第一部水素と産業発展のための国家政策 (14:00-15:45) 
-エネルギーを所管する省庁の代表者により、日仏両国における水素政策の概要、
-フランスの産業クラスターと地方経済開発局、日系企業がモビリティーにおける水素利用のノウハウを紹介
第二部水素に関する日本の研究開発プロジェクト (16:00-17:30)
モビリティーにおける水素利用に関する日本の学術プロジェクトの方向性(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が支援する主力研究開発プロジェクト、戦略的イノベーション創造プログラムSIP、主な研究基盤など)
第三部フランス大使公邸にて懇親会 (17:30-19:30)

詳細およびお申込み方法
•日時 : 2019年6月24日(月)14時00分~19時30分
•場所 : フランス大使公邸
•言語 : 登壇者によって、日本語/フランス語(逐次通訳)または 英語(通訳なし)
•料金 : 無料
•事前登録制:申し込みはこちらから(席に限りがございます。定員になり次第締め切りとさせて頂きますので予めご了承ください)

ダウンロード: ダウンロード可能ファイルなし
コメント
貿易投資庁-ビジネスフランスとは
フランス貿易投資庁-ビジネスフランスとは フランス経済の国際化を促進する政府機関。フランス企業の国際展開と貿易振興、外国企業のフランス進出を支援します。フランスの経済国としてのイメージ向上、特に地方や企業の魅力を伝える広報活動を推進し、フランス国際企業インターンシップ・プログラム(V.I.E)の発展を担います。世界58カ国に在外事務所を構え 1500人のスタッフが、国際的な官民ネットワークのもと活動、企業向けにサービスを提供しています。 フランス貿易投資庁-ビジネスフランス日本事務所のTwitterアカウントでは最新情報を配信しています!ぜひフォローよろしくお願いいたします!    

もっと読む

Facebook
プレス、メディアギャラリー、資料