フレンチライフスタイル来日ミッション

Kaori SUENAGA - 05/10/18

 

logo_bpi.jpg    

在日フランス大使館 貿易投資庁

プレスリリース No.663383

201810月吉

 

 

フレンチライフスタイル来日ミッション

フランス公的投資銀行 – Bpifranceがフレンチライフスタイル企業12社とともに来日

来日記者会見 118日木曜日 1030分~ @フランス大使館

 

 

フランス公的投資銀行 – Bpifranceは、フランスを代表するライフスタイル(ファッション・フード・生活用品)分野の優良企業12とともに来日します。116日から4日間のプログラムでは、東京周辺の各所を訪問、また日本企業との会合に臨みます。このミッションは、フレンチライフスタイルを高く評価する日本の市場に対し、フランス企業トップがそのニーズをより深く理解し、新たなコンセプトを見出し、また新しいビジネスパートナーや投資家と出会うことを目的としています。日本でのオペレーションはフランス貿易投資庁-ビジネスフランス日本事務所**PMC***が担当します。

フランス公的投資銀行は、設立当初よりフランスのライフスタイル業界の支援に携わっており、この分野のフランス企業のノウハウを日本の方々に強くアピールしたいと考えています。この来日ミッションを組織するにあたっては、フランスの名に恥じない品質と創造性にあふれた、パフォーマンスの高い企業12社を選びました。ミッションのプログラムは、日本市場の扉を開くことを意図しています。来日中は、日本のオペレーターであるビジネスフランス日本事務所とPMCがフランス企業を指導およびサポートし、帰国後も各社のビジネスが実を結ぶべく、フォローアップに努めます。

« このミッションは、業界の有望企業をあぶり出し、融資や特定の保証、または支援サービスを提供することで彼らの事業の国際化を加速させるという、フランス公的投資銀行本来の使命を体現しています。日本はアジアの戦略的な市場であり、ライフスタイル業界のフランス企業がその知名度を上げるためにも理想的な場所です。来日する12社は、 “フレンチタッチ”のイノベーション、創造性、現代性を具現化した日本へのアンバサダーです。 » (フランス公的投資銀行輸出支援担当部長、ペドロ・ノヴォ)

参加フランス企業12社は次ページをご覧ください。

重要な貿易相手国としての日本 :

70年代から90年代初頭にかけて、経済成長のモデルケースだった日本は、アジア市場進出の戦略的な市場です。日本はまさに指標となる特別な国であり、日本への輸出をアジア諸国全体が注視しています。

一方、日本対外政策において、欧州は重要な経済パートナーです。日用品、化粧品、高級ブランド品、健康関連など、複数の部門で世界トップ3の市場規模を呈する日本は、欧州にとってアジア第2の輸出相手国であり、世界的にも第6位です。また日本にとって欧州は第3の輸出先です。

フランス流のライフスタイルやフレンチ・フードは日本の消費者にも高く評価されています。成功するブランドはいずれも元来の在り方に忠実で、フランスのルーツに価値を見出し、自社の製品に“魂”を込めています。ファッション製品の輸入においては、日本人はフランスを第2の輸入相手国に位置付けており、フレンチであることに価値を見出しています。食料品に関しても同様のことが言えます。

この夏、日本と欧州の間で経済協定が締結され、2019年以降は、欧州から日本へ輸出される製品の90%において大幅な関税の引き下げが実現し、市場へのアクセスが容易になります。

 

 

来日記者会見のご案内

この来日ミッションに際し、以下の通り、フランス大使館にて記者会見を開催いたします。フランス公的投資銀行のライフスタイル部門における対日輸出施策や展望、また来日各企業についてご紹介させていただきます。今回のミッションのサポーターである仏ピエールエルメより共同創設者兼CEOのシャルル・ズナティ氏をお迎えする予定です。

日時:118日木曜日 1030分~(1015分開場)

会場:フランス大使館1階大会議室

登壇者(予定):パトリス・ベゲ フランス公的投資銀行広報部長、シャルル・ズナティ ピエールエルメパリ共同創設者兼CEO、ローラン・ピック駐日フランス大使、来日12企業代表者

お忙しいところ恐縮ですが、参加ご希望の方は1031日(水)までに末永(kaori.suenaga@businessfrance.frまで以下の情報をご記載の上、お申込みください。

①ご参加の方全員のフルネーム(フリガナ付き)②ご所属(会社名、ご担当媒体、あるいはフリーランス)③Emailアドレス ④お電話番号

フランス大使館へのご入館には身分証が必要です。身分証に記載されているお名前でお申込みください。追ってフランス大使館ご入館のためのINVITATIONをお送りいたします。

     

 

 

 

 

 

参加フランス企業12

 

MODE

 

https://www.faguo-store.com/en/

FAGUO

2009年に生まれたFAGUOは、時代に左右されないフレンチファッションブランド。紳士/婦人/子供靴、バッグと服を提案しています。FAGUO は森林再生プロジェクトを推進し、CO2排出削減に貢献。製品がひとつ売れる毎に木を1本植え、これまでに200の森に100万本以上が植林されました。こうしたコンセプトがこのブランドのDNAとなり、その象徴として各製品にココヤシのボタンが縫い付けられています。

 

 

https://www.finsbury-shoes.com/en/

FINSBURY

1986年、テイラーメイドの高級紳士靴のブランドとしてパリで設立。イギリススタイルの伝統とノウハウを受け継ぎ、クリエイティブに対する情熱を持って、時流に合った美しいドレスシューズを提供しています。80店舗を数えるFinsburyブティックには、ブラックラピド製法とグッドイヤー製法によるラグジュアリーで現代的な幅広いモデルの紳士靴と、エレガントな小物(靴下、ベルト、シューキーパー、革小物) を揃えています。高品質でありながら手ごろな価格で提供することがこのブランドの信条です。

 

 

https://www.pyrenex.com/en/

https://www.frame.jp/pyrenex/

PYRENEX

150年以上にわたってダックやグースの羽毛を扱い、代々受け継がれたノウハウは世界中で知られています。ダウンとスモールフェザーはアキテーヌ、ピレネー、ポワトゥの厳選された農場で採取されたものだけを使用。つねに完璧をめざして研鑽を積んだ自社チームが、自社工場で洗浄から選別、配合を行います。各製品は、手作業で縫製され、完璧な仕上りを自社のクチュリエが監修しています。

 

http://ruebegand.com

RUE BEGAND

気楽なスポーツテイストのメンズプレタブランドRUE BEGANDは、元々縫製業者であるL’Atelier d’Arianeが立ち上げたオリジナルブランドで、すべて自社でデザイン・縫製しています。

このブランドによってアジア市場、特に日本の百貨店やセレクトショップへの進出を図ります。

 


FOOD

 

http://www.columbuscafe.com/en.html

COLUMBUS CAFE & CO

Columbus Café & Coはフランスのコーヒーショップ・チェーン。同社の使命は、朝食からおやつまで美味しいものをご機嫌で心地よい空間で召し上がっていただくことです。イチ押しはお店で心を込めて焼いた自慢のマフィン。そしてもちろん、こだわりのコーヒーや、美味しいホットドリンクやアイスドリンク、スイーツやスナックを提供しています。

 

 

 

https://www.labelleiloise.fr/

CONSERVERIE LA BELLE-ILOISE

1932年にイワシの主要漁港のひとつだったブルターニュ地方キブロンで創業した高級魚介缶詰のファミリー企業。製造から販売までを手掛け、直営店78店舗と、カタログ/eショップの通販では、つい手に取りたくなるかわいいデザインの製品が展開されています。2016年には、自社の缶詰の魚を使った料理を提供する外食産業にも進出しました。

 

https://www.guyader.com/en

GUYADER

Guyaderは、フランスの美食のノウハウを守った、業務用/家庭用のシーフード加工品(テリーヌ、ペースト)、ケークサレ、魚の燻製、ハム・ソーセージを提供しています。

生鮮品と冷凍品があり、国際食品規格(IFS)の認証を取得した工場で生産されています。欧州、北米、中東に進出しており、日本での事業展開を目指しています。

 

 

http://www.maisonriviere.com/?lang=en

RIVIERE DIFFUSION

25年以上にわたって味と品質にこだわってきたRivièreは、自然かつオーガニック料理のエキスパートであり、伝統料理、調理野菜、アペリティフ用ペーストやパテ、香草ベースのソースなど、本格地方料理の幅広い製品ラインを展開しています。

オーガニック仕様のフランス料理をさまざまなパッケージで提供しています。

 

HABITAT

 

https://www.carreblanc.com/

CARRE BLANC

ベッド・バス周りからキッチンまでのホームテキスタイルコレクションを独自に企画・販売。家族ひとりひとりを考えたクリエイティブで現代的なデザイン。フレンチタッチを極めたブランドのポリシーは手の届く価格で高品質を実現し、一方で革新的なコンセプトの店舗を展開。世界18か国に広がる販売網は227店舗を数え、フランスの代表ブランドとなりました。

 

 

http://www.martineau.fr/

MARTINEAU

Martineauは、教会用アクセサリー、高級ブランド用メタル製および木製パーツ、記章、装飾品、バッジ、お土産品といった製品を企画・製造しています。今もフランス国内で伝統的な手法を継承して製造する無形文化遺産企業に認定されています。社内にデザインスタジオを持ち、工具から自社で制作し、4万種類にも及ぶメタル製、木製、樹脂製の幅広い製品を、2つのフランス国内にある工場で製造しています。美しいオブジェに対するフランスの伝統と現代のデジタル技術が共存し、さまざまな分野でイノベーションを起こしています。

 

 

 

 

http://mauviel1830.jp/

MAUVIEL

プロ/家庭用を合わせて何千という高級調理器具を考案してきた老舗メーカー。 「特別なものは情熱によって生まれる。受け継いできたものから未来を築く。このモットーは、家族や家業の歴史でもあります。」 (7代目社長のValérie Le Guern Gilbert) その品質を持ってして多くの国へ進出し、いまや世界中の星付き料理人たちに愛用されています。

 

 

http://provendi.fr/en/index.aspx

LABORATOIRE PROVENDI

60年以上前から、Provendiは植物性油脂をベースとした液体せっけん(マルセイユ石鹸、アレッポ石鹸、サボンノワール…) のノウハウを研究し、現在はその主力OEMメーカーです。 また自然由来の原料を使用したオーガニック、ナチュラルコスメにおいても、有力フォーミュレータになりました。

 

 

 


 

 

 

 

*フランス公的投資銀行 - Bpifranceについて

Bpifranceは企業の各発展段階において、融資、保証、出資といった形で財政支援します。Bpifranceの支援対象は企業の革新的な国際プロジェクトです。 また今後は幅広い製品群の輸出プロジェクトが加わります。スタートアップ、中小企業、中堅企業向けのコンサルティング、人材教育、ネットワーキング、アクセラレーション・プログラム等の提供も行っています。

Bpiフランスの設立により窓口が一元化され、48の支店が地方企業と近接することにより、課題解決に有効なサポートを提供しています。

ホームページ : www.Bpifrance.fr - https://presse.bpifrance.fr/

Twitter: @Bpifrance - @BpifrancePresse

 

 

 

**フランス貿易投資庁 - Business Franceについて

フランス貿易投資庁 - ビジネスフランスは、フランス経済の国際化を促進する政府機関です。

フランス企業の国際展開と貿易振興、また外国企業のフランス進出を支援します。フランスの経済国としてのイメージ向上、特に地方や企業の魅力を伝える広報活動を推進し、フランス国際企業インターンシップ・プログラム(V.I.E)の発展も担います。201511日、対仏投資庁(AFII)とフランス企業振興機構(ユビフランス)の統合により「フランス貿易投資庁-ビジネスフランス」が発足しました。世界70カ国に在外事務所を構え、1500人のスタッフが、国際的な官民ネットワークのもと活動し、企業へのサービスを提供しています。

ホームページ : https://www.youbuyfrance.com/jp/default.aspx - www.businessfrance.fr
Twitter : @BFrance_Japan - @businessfrance

 

 

 

***PMCについて :

PMCは外国企業の日本進出を支援するコンサルティング会社です。日本市場に対する正しい知識や商習慣、信頼のビジネス関係を提供します。クライアント企業が日本で商業活動を開始するにあたって、リスクと高額なコストを軽減することができます。4人のシニアコンサルタントを筆頭にコンサルタントとアシスタントのチームが、外国企業50社以上の日本市場における代表を務め、クライアント企業が開設した日本の事業拠点において、しばしばマネジメント職(カントリーマネージャー、社長、代表取締役)を務めています。

ホームページ : www.pmcjapan.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このプレスリリースに関するお問合せ先:

 

 

 

フランス大使館 貿易投資庁-ビジネスフランス 東京事務所

末永かおり(プレス担当)

Tél. : + 81(0)3 57 98 61 28

Mail : kaori.suenaga@businessfrance.fr

 

 

 

 

ダウンロード: ダウンロード可能ファイルなし
Photo:
No downloadable photos present
コメント
貿易投資庁-ビジネスフランスとは
フランス貿易投資庁 - ビジネスフランス フランス貿易投資庁 - ビジネスフランスは、フランス経済の国際化を促進する政府機関です。 フランス企業の国際展開と貿易振興、また外国企業のフランス進出を支援します。 フランスの経済国としてのイメージ向上、特に地方や企業の魅力を伝える広報活動を推進し、フランス国際企業インターンシップ・プログラム( V.I.E )の発展も担います。 2015 年 1 月 1 日、対仏投資庁( AFII )とフランス企業振興機構(ユビフランス)の統合により「フランス貿易投資庁-ビジネスフランス」が発足しました。 世界 70 カ国に在外事務所を構え、 1500 人のスタッフが、国際的な官民ネットワークのもと活動し、企業へのサービスを提供しています。   コーポレートパンフレットはこちらよりダウンロード可能です。 Twitter では、最新の日仏企業ニュース、フランスビジネス環境、フランスのデジタル産業、テクノロジー、展示会情報などを配信しています。 https://twitter.com/BFrance_Japan  

もっと読む

    
    You Buy France 

    

    Vivapolis  

   

    Healthindustry

   

    Axema

Facebook
プレス、メディアギャラリー、資料