クボタ、フランスに研究開発拠点を新設

Asako MATSUKI - 09/07/18

7月6日、株式会社クボタは、研究開発体制のグローバル化の一環として、北フランス、クレピーアンヴァロア市(Crépy-en-Valois)に敷地面積27万平米におよぶ新しい研究開発拠点を設立すると発表した。2020年7月の稼働を見込む。本拠点を通じて、欧州向け畑作用トラクタの開発、事業拡大を目指す。日欧共同開発により畑作トラクタ開発を加速させ、より一層現地のニーズに対応していく。同社は2015年に同じく北フランス、ダンケルク近郊(ノール県ビエルヌ市)にて畑作用大型トラクタ工場を始動させている。

企業リリースはこちら