ESI、溶接解析ソリューションの最新版SYSWELD 2017をリリース

Chihiro AIKAWA - 26/03/18

 

 

 

製造業向けバーチャルプロトタイピング・ソリューションの先駆者でありソフトウェア・サービスのプロバイダーである、ESIグループが、溶接・組立て・熱処理用ソフトウェアソリューションの最新版 SYSWELD2017をリリースいたしました。ESI SYSWELDは、溶接(アーク、電子ビーム、レーザー、摩擦攪拌、スポット溶接)および熱処理(浸炭、浸炭窒化、焼入れ)シミュレーション用の製品の中で最も高精度な有限要素解析(FEA)のマルチフィジックスソフトウェアです。SYSWELDは、溶接による製品の強度、耐久性等、溶接品質を予測可能です。

各製造プロセスで発生する影響を次の工程に移行できるSYSWELDは、溶接・組立産業部品製造のための真のエンドツーエンドの予測ソリューションです。

 

これらのユニークな機能によって、自動車・重工・航空等産業メーカーは、製品開発のコストと時間を削減し、プロセスの自動化と最適化を実現できます。例えば、ブラジルの大手バス製造業者COMIL社はSYSWELDを使用して、バスの扉フレームの溶接と組立てで生じる寸法の歪みを予測し、改善することができました。COMIL社のエンジニアThiago Sotilli氏は次のように述べています。「様々な溶接シーケンスを予測することができるので、溶接時の歪みを予測するのに大いに役立ちました。短時間で高精度の結果が出て飛躍的な技術の向上につながり、以前は仕様に合わず廃棄していたプロトタイプや材料コストが削減されました

 

 

 

 

 

ESIは、今回リリースする最新版SYSWELD 2017で溶接と熱処理のシミュレーション機能を強化し、プロセスの実現可能性と安全性の確保、材料特性と残留応力の制御、また溶接によっておきる歪みを許容範囲内に抑えることによって、製品の性能を向上させます。新たに提供するメッシュ作成機能により、溶接や熱処理専用のメッシュを作成する時間を大幅に短縮させることができます。マルチパス溶接への対応を強化したSYSWELD 2017、各溶接工程の間のパス間温度を自動制御し、相分率や応力を直接制御できるため、部品の整合性を高めることができます。最新版は、スペーサを使うスポット溶接、摩擦攪拌溶接や浸炭窒化などの新しい製造プロセスにも対応します。1つのシミュレーションパターンで使用したデータを他のパターンにスマートに移行できる新機能によって、製造プロセス全体のシミュレーションが可能になり、性能の向上を図ることができます。さらに、超大型モデルの処理や出力ファイルサイズの最小化などSYSWELDの新しいコア技術によって使いやすさも改善しています。

 

SYSWELD 2017は、ボディ生産工場の組立てシミュレーションのために新たな拡張機能を提供します。自動車産業向けに2年間の開発を重ねた結果、成形-溶接-組立ての全工程のシミュレーションをモデル化し、自動車ボディ生産工程において迅速に変形を評価することを実現します。これにより、連続的な組立プロセスの間で生じる力学的負荷の影響や溶接による熱の作用を考慮に入れて、溶接の加熱および冷間による組立部品の寸法の狂いを制御することができます。このように、実物プロトタイプを作成する前段階から物理的にリアルな仮想部品を使ってバーチャルな製造・組立て・試験を行うことができ、製造プラン・予備試験・プロセス検証にかかるコストと時間を削減することができます

 

SYSWELD 2017による自動化と最適化によって、造船業では、溶接に伴う歪みの抑制や防止にかかるコストと時間を大幅に削減することができます。新たなソフトウェアの開発により、造船産業で一般的な厚みのあるパネルとマルチパス溶接を使った大型溶接組立品における歪みの制御が確実にできるようになりました。工場生産をターゲットとするソフトウェアは、直感的なわかりやすいインターフェースを使って溶接シーケンス計画を最適化し、専用の自動メッシュ機能とモデルの簡単なセットアップが可能です。製造エンジニアは歪みの主な原因となっている溶接を迅速に特定し、シーケンス、クランプ、予熱などの様々なプロセスのパラメータを調整し、その効果を確認することができます

 

 

v  SYSWELDに関する詳しい情報はこちらをご覧ください(日本語)。

v  ESI関連ニュースに関しては、こちらをご覧ください。

 

 

 

ESIグループについて

ESI Groupは、「材料物理学」を重視した革新的なソリューションおよびサービスを提供する『バーチャルプロトタイピング』のリーディングカンパニーです。物理的な試作と実験を仮想的な設計・製造・アセンブリ・試験・評価に置き換え可能とする独自のソリューションを開発してきました。

今日の最新技術を駆使したESIのバーチャルプロトタイピングは、製品の使用開始から寿命にいたるライフサイクルでの性能評価を課題とする、より広いコンセプト:Product Performance Lifecycle™を提唱します。それは、シミュレーション・物理学・データ分析を活用しHybrid Twin™を作成することで、よりスマートに製品を開発し、その実製品とのつながりを保ち、製品使用期間全域での性能予測とメンテナンス必要時期の予期を可能にします。

ESI GroupNYSEユーロネクスト(コンパートメントB)に上場しているフランス企業です。世界40カ国以上のお客様ニーズに応えるため、全世界で1,200人以上のスペシャリストを雇用し、2016年には14,100万ユーロの売上を計上しています。

 

 

     

日本イーエスアイ 問合せ先

日本イーエスアイ株式会社営業本部

169-0074 東京都新宿区北新宿2-21-1  新宿フロントタワービル28F

Tel: 03-5331-3832 Fax: 03-5331-3836 e-mail: marketing@esi.co.jp

http://www.esi.co.jp

 

 

ダウンロード: ダウンロード可能ファイルなし
Photo:
No downloadable photos present
コメント
貿易投資庁-ビジネスフランスとは
フランス貿易投資庁 - ビジネスフランス フランス貿易投資庁 - ビジネスフランスは、フランス経済の国際化を促進する政府機関です。 フランス企業の国際展開と貿易振興、また外国企業のフランス進出を支援します。 フランスの経済国としてのイメージ向上、特に地方や企業の魅力を伝える広報活動を推進し、フランス国際企業インターンシップ・プログラム( V.I.E )の発展も担います。 2015 年 1 月 1 日、対仏投資庁( AFII )とフランス企業振興機構(ユビフランス)の統合により「フランス貿易投資庁-ビジネスフランス」が発足しました。 世界 70 カ国に在外事務所を構え、 1500 人のスタッフが、国際的な官民ネットワークのもと活動し、企業へのサービスを提供しています。   コーポレートパンフレットはこちらよりダウンロード可能です。 Twitter では、最新の日仏企業ニュース、フランスビジネス環境、フランスのデジタル産業、テクノロジー、展示会情報などを配信しています。 https://twitter.com/BFrance_Japan  

もっと読む

    
    You Buy France 

    

    Rail industry 

   

    Vivapolis  

   

    Healthindustry

   

    Axema

          
   
Facebook
プレス、メディアギャラリー、資料