フランスのバイオ関連企業が団体来日

Kaori SUENAGA - 21/09/17

 

cid:image004.png@01CFD3FF.F9E1F4D0

POLESDECOMP

フランスのバイオ関連企業が団体来日

二都市でBtoBイベントに参加

1010日:大阪
欧州のライフサイエンス企業との商談会 in大阪 2017 
10
1113日:横浜

Bio Japan 2017出展(Bホール、B-60) および パートナリングプログラム参加

 

来る1010日より、フランスのバイオテクノロジー企業および競争力拠点(産業クラスター)が団体来日し、まず大阪、続いてBio Japan 2017にて積極的な日仏のビジネス交流を図ります。

 

フランスのバイオテクノロジー研究は、その71%が医薬品開発に向けられています。こうした医療向けバイオテクノロジー企業はフランス国内に約450社を数え、サノフィやピエールファーブルといった大手国際企業だけでなく、多くの中小企業、スタートアップ企業らで構成されています。世界第5位の医薬品輸出国であるフランスは、今後もこの重要な部門において、こうした多くの企業らの存在によって、ますます国際化が期待されています。

 

今回は、欧州最大のライフサイエンス分野の産業クラスターであるMEDICEN PARIS REGIONを筆頭に、EUROBIOMEDLYONBIOPOLE3クラスターおよび12社が来日、日本でのビジネス拡大を目指し、以下のイベントにおいて、商談に臨みます。

 

欧州のライフサイエンス企業との商談会 in 大阪 2017

1010日(火曜日)午前9時から午後4時まで(予定)

場所:グランフロント大阪 ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター

https://osaka-bio.jp/support/protein/events/shoudankai2017/

 

Bio Japan 2017

1011日から13

場所:パシフィコ横浜 Bホール、B-60出展およびパートナリングプログラム参加

http://www.ics-expo.jp/biojapan/ja/partnering.html 

 

この来日ミッションへは以下の企業・団体が参加する予定です。

 

所属クラスター

企業・団体名

 

Alsace Biovalley

PRESTWICK CHEMICAL

抗うつや抗痙攣分子をはじめとするピリダジン誘導体の化学的・薬理学的研究。

Alsace Biovalley

CELLPROTHERA

再生医療のパイオニア。心筋梗塞における患者自身の自己幹細胞の注入による革新的な治療アプローチ。

Atlanpole Biothérapies

AFFILOGIC

まったく新しいアフィニティ・プロテイン” Nanofitins®”を開発。生体分子の捕捉やターゲティングに優れた高活性の抗体模倣剤。

Eurobiomed

EUROBIOMED

EUROBIOMEDは、南仏オクシタニ―地域圏の健康・医療分野の発展を推進する競争力拠点*2009年に設立され、現在は260のメンバー(その内企業は約220社)を擁する。

Eurobiomed

SYNCROSOME

薬効研究を専門とする前臨床CRO

Lyonbiopole

LYONBIOPOLE

リヨンバイオポールは、約200のメンバーを擁するフランス中部のオーベルニュ・ローヌアルプ地域圏にある健康・医療分野の競争力拠点*。医薬品、診断、医療機器や医療技術を軸としている。

Lyonbiopoe

EDELRIS

スクリーニング化合物の合成、Hit-to-Leadおよびリード化合物の最適化プロジェクト、受注合成などを手掛ける医薬品化学会社。

Lyonbiopole

CYTOO

生理的に適切な細胞モデルによる次世代ハイコンテントスクリーニング(HCS)

Lyonbiopole

CAPEVAL PHARMA

安全性、毒性、薬理学から規制やコンプライアンスなど、多様な分野の早期の前臨床から臨床開発までをカバーする薬事コンサルタント。

Lyonbiopole

GENOWAY (BioJapanのみ)

遺伝子組み換えマウスと細胞モデルの開発の専門企業(NYSE Alternext: ALGEN)

Medicen

MEDICEN PARIS REGION

パリを中心とした地域を欧州の医療診断、治療革新、先進医療の中心地とすべく2005年に創設された競争力拠点*300以上の企業、学術組織、医療機関、地方公共団体等が参画。

Medicen

AgenT

アルツハイマー病の前臨床研究および病状の進行を遅らせる薬の開発に最適なマウスおよびラットモデルを開発。

Medicen

OTR3

RGTA ®ReGeneraTing Agents)という全く新しい分類の治療薬を用いた再生医療” Matrix Therapy”を開発。

Medicen

PHENOCELL

研究および医薬品開発向け細胞モデルの設計、製造、販売を行う研究ベースのバイオ企業

Medicen

REGULAXIS

ヒト用医薬品に利用する画期的な合成分子を製薬会社にライセンス供与する開発企業。

 

この来日ミッションは、フランス経済・財務省企業総局(DGE)とフランス貿易投資庁-ビジネスフランスが主催しています。

 

*《競争力拠点》とは、フランスの革新性の強化を目的とし、国際的な競争力を持った技術革新と国際連携拠点の形成をめざした産業クラスターを指します。競争力拠点を中心に特定先端技術分野の企業、研究機関、教育機関を集積し、メンバー企業らがマーケットでの主たる位置を獲得できるよう、相乗効果や革新的な共同プロジェクトを推し進めています。

詳しくはこちらのサイト(英語)をご覧下さい。 http://competitivite.gouv.fr/home-903.html

 

 

プレスコンタクト                    

フランス大使館貿易投資庁-ビジネスフランス

担当者:末永かおり

Email : kaori.suenaga@businessfrance.fr   

TEL. : 03-5798-6128 

URL : http://www.youbuyfrance.com/jp/   Poste ? Twitter

 

ダウンロード: ダウンロード可能ファイルなし
Photo:
No downloadable photos present
コメント
貿易投資庁-ビジネスフランスとは
フランス貿易投資庁-ビジネスフランスとは フランス経済の国際化を促進する政府機関。フランス企業の国際展開と貿易振興、外国企業のフランス進出を支援します。フランスの経済国としてのイメージ向上、特に地方や企業の魅力を伝える広報活動を推進し、フランス国際企業インターンシップ・プログラム(V.I.E)の発展を担います。世界58カ国に在外事務所を構え 1500人のスタッフが、国際的な官民ネットワークのもと活動、企業向けにサービスを提供しています。 フランス貿易投資庁-ビジネスフランス日本事務所のTwitterアカウントでは最新情報を配信しています!ぜひフォローよろしくお願いいたします!    

もっと読む

Facebook
プレス、メディアギャラリー、資料