新技術 イノベーション サービス産業

仏カップ・アンファン グランフロント大阪 ナレッジキャピタルにて展示とデモンストレーションを実施

Chihiro AIKAWA - 17-avr.-2018 05:21:22

  外国語学習の準備のための乳幼児向け教育ツール開発企業 仏カップ・アンファン グランフロント大阪 ナレッジキャピタルにて展示とデモンストレーションを実施 オープニングセレモニー: 4 月 23 日 ( 月 )  展示期間: 4 月 23 日 ( 月 ) ~ @ グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル 「 The Lab. みんなで世界一研究所 」   フランスのカップ・アンファン( Cap Enfants )社は 4 月 23 日 ( 月 ) より、グランフロント大阪 ナレッジキャピタルにて、乳幼児向けのドーム型教育ツール「ミュージカル・バブル」 ( Bulle Musicale® ) を展示します。   音楽や音を通して、乳幼児のうちから世界に目を向け、外国語を学ぶ準備を 国際化が日常となった今日、未来をになう子供たちの教育が大きな関心を集めています。とりわけ、外国語教育と多文化教育は日本にとって重要な課題であり、こうした関心を背景に、 カップ・アンファンは知的創造・交流の場であるナレッジキャピタルにて、ミュージカル・バブルの展示をする運びとなりました。この展示はナレッジキャピタルの協力により、4月 23 日 ( 月 ) より開催されます。 ミュージカル・バブルは特許取得済みのユニークな教育ツールです。 10 平方メートルほどのドームは、さまざまな知覚を刺激します。子供たちはドームの中で、まるで世界一周旅行をするように世界中の多様な音を聞くことができます。これにより、将来の外国語学習の下地を作り、幼少期から文化の多様性に親しむことが可能になります。   ミュージカル・バブル:発見・共有・創造のためのスペース ミュージカル・バブルは、子供たちが聞き、記憶し、学んだことを再現し、夢を描く能力を育み、子供たちの想像力を刺激します。乳児であっても、さまざまな音や音楽を聴くことで、五感が刺激されます。 幼児の場合には、下記のさまざまなアクティビティが可能です。   ●多様な言語の童謡や数え歌を聴き、学ぶ ●さまざまなリズムに合わせてダンスを踊る ●世界中の楽器の多様性を学ぶ ●知らない動物の鳴き声を聞いて、区別ができるようになる ●未知の音に触れる   神経科学の専門家がすすめるツール 音楽と言語の脳内での処理には共通性があるため、ミュージカル・バブルが提供するアクティビティは子供たちにとって豊かな言語刺激となります。過去 11 年にわたりカップ・アンファン社内で蓄積された専門知識により、このような音楽的感覚の早期覚醒が子供たちの学習能力を高め、自信を与え、創造性と集中力を高めることがわかっています。ミュージカル・バブルのアクティビティを通して、子供たちは国際社会で成長する上でのまたとない強みを得ることができます。   イノベーティブな教育のための技術に裏打ちされたツール 良質の音響を提供するミュージカル・バブルは、子供たちの居心地のよさと安全を第一に設計されています:   ●音を忠実に再現するために考案された音響装置 ●赤ちゃんから幼児まで安心して使える、厚いマット敷きの床面 ●調光装置を備えた LED テープによる照明   ミュージカル・バブルの中では子供たち自身がさまざまな発見の主役です。壁面を飾る音符の裏側には圧力センサーが取り付けられており、音符のマークに触れることで子供たちは自分で好きなように映像や音を再生することができます。   この教育ツールは、乳幼児と音楽の専門家とのコラボレーションによりフランスで設計されました。ミュージカル・バブルのソフトウェアと情報システムはカップ・アンファン社のパートナ―企業であり、デジタルサービスを提供する多国籍企業アトス社によって最適化されています。   ミュージカル・バブルは4月 23 日 ( 月 ) から 大阪のナレッジキャピタルにて展示されます。お子様をお持ちの方や幼児教育の専門家の方のご来場をお待ちしています。 カップ・アンファン社とは カップ・アンファン社は現在の経営者であるクローディア・ケスピ₌ヤイにより、 2006 年に創業されました。企業内保育所の開設・運営を行う企業であり、同時にミュージカル・バブル( Bulle Musicale ® )という 国内外で特許を取得したユニークな製品を製造しています。フランス国内で5つの保育所を運営し、 100 人以上の従業員を雇用しています。ミュージカル・バブルは現在、フランス南部での実験的運用が始まり、商品化へ向けた第一歩を踏み出しました。日本での導入実績はまだないものの、カナダのケベック州やチリ、ドイツなどで関心を集めています。   オープニングセレモニー 日時: 4 月 23 日 ( 月 )   10 時~ 12 時 場所:ナレッジキャピタル The Lab. みんなで世界一研究所 2F (アクティブスタジオ)※展示は 3F となります    〒 530-0011 大阪府大阪市北区大深町 3-1  グランフロント大阪 北館 内  https://kc-i.jp/access/ 参加申込(英語): japon@bullemusicale.com ­        カップ・アンファン リサーチ&イノベーション担当 エステル ・ サレ ー( Estelle Salley )によるスピーチ ­        ミュージカル ・ バブル デモンストレーション セミナー後は同会場にて簡単な懇親会を行います。   4月 17 日 ( 火 ) ~ 23 日 ( 月 ) までエステル・サレー氏は大阪に滞在します。個別取材をご希望の方は下記までご連絡ください。   プレスコンタクト フランス大使館 貿易投資庁 - ビジネスフランス 東京事務所 広報室 Mail : Presse.JP@businessfrance.fr  


ESI、溶接解析ソリューションの最新版SYSWELD 2017をリリース

Chihiro AIKAWA - 26-mars-2018 08:13:25

      製造業向け バーチャルプロトタイピング ・ソリューションの先駆者でありソフトウェア・サービスのプロバイダーである、 ESI グループ が、溶接・組立て・熱処理用ソフトウェアソリューションの最新版 SYSWELD2017 をリリースいたしました。 ESI SYSWELD は、溶接(アーク、電子ビーム、レーザー、摩擦攪拌、スポット溶接)および熱処理(浸炭、浸炭窒化、焼入れ)シミュレーション用の製品の中で最も高精度な有限要素解析( FEA )のマルチフィジックスソフトウェアです。 SYSWELD は、溶接による製品の強度、耐久性等、溶接品質を予測可能です。 各製造プロセスで発生する影響を次の工程に移行できる SYSWELD は、溶接・組立産業部品製造のための真のエンドツーエンドの予測ソリューションです。   これらのユニークな機能によって、自動車・重工・航空等産業メーカーは、製品開発のコストと時間を削減し、プロセスの自動化と最適化を実現できます。例えば、ブラジルの大手バス製造業者 COMIL 社は SYSWELD を使用して、バスの扉フレームの溶接と組立てで生じる寸法の歪みを予測し、改善することができました。 COMIL 社のエンジニア Thiago Sotilli 氏は次のように述べています。「様々な溶接シーケンスを予測することができるので、溶接時の歪みを予測するのに大いに役立ちました。短時間で高精度の結果が出て飛躍的な技術の向上につながり、以前は仕様に合わず廃棄していたプロトタイプや材料コストが削減されました 」           ESI は、今回リリースする最新版 SYSWELD 2017 で溶接と熱処理のシミュレーション機能を強化し、プロセスの実現可能性と安全性の確保、材料特性と残留応力の制御、また溶接によっておきる歪みを許容範囲内に抑えることによって、製品の性能を向上させます。新たに提供するメッシュ作成機能により、溶接や熱処理専用のメッシュを作成する時間を大幅に短縮させることができます。マルチパス溶接への対応を強化した SYSWELD 2017 は 、各溶接工程の間のパス間温度を自動制御し、相分率や応力を直接制御できるため、部品の整合性を高めることができます。最新版は、スペーサを使うスポット溶接、摩擦攪拌溶接や浸炭窒化などの新しい製造プロセスにも対応します。 1 つのシミュレーションパターンで使用したデータを他のパターンにスマートに移行できる新機能によって、製造プロセス全体のシミュレーションが可能になり、性能の向上を図ることができます。さらに、超大型モデルの処理や出力ファイルサイズの最小化など SYSWELD の新しいコア技術によって使いやすさも 改善しています。   SYSWELD 2017 は、ボディ生産工場の組立てシミュレーションのために新たな拡張機能を提供します。自動車産業向けに 2 年間の開発を重ねた結果、成形 - 溶接 - 組立ての全工程のシミュレーションをモデル化し、自動車ボディ生産工程において迅速に変形を評価することを実現します。これにより、連続的な組立プロセスの間で生じる力学的負荷の影響や溶接による熱の作用を考慮に入れて、溶接の加熱および冷間による組立部品の寸法の狂いを制御することができます。このように、実物プロトタイプを作成する前段階から物理的にリアルな仮想部品を使ってバーチャルな製造・組立て・試験を行うことができ、製造プラン・予備試験・プロセス検証にかかるコストと時間を削減することができます 。   SYSWELD 2017 による自動化と最適化によって、 造船業では、 溶接に伴う歪みの抑制や防止にかかるコストと時間を大幅に削減することができます。新たなソフトウェアの開発により、造船産業で一般的な厚みのあるパネルとマルチパス溶接を使った大型溶接組立品における歪みの制御が確実にできるようになりました。工場生産をターゲットとするソフトウェアは、直感的なわかりやすいインターフェースを使って溶接シーケンス計画を最適化し、専用の自動メッシュ機能とモデルの簡単なセットアップが可能です。製造エンジニアは歪みの主な原因となっている溶接を迅速に特定し、シーケンス、クランプ、予熱などの様々なプロセスのパラメータを調整し、その効果を確認することができます 。     v   SYSWELD に関する詳しい情報は こちら をご覧ください(日本語)。 v   ESI 関連ニュースに関しては、 こちら をご覧ください。       ESI グループ について ESI Group は、「材料物理学」を重視した革新的なソリューションおよびサービスを提供する『バーチャルプロトタイピング』のリーディングカンパニーです。物理的な試作と実験を仮想的な設計・製造・アセンブリ・試験・評価に置き換え可能とする独自のソリューションを開発してきました。 今日の最新技術を駆使した ESI のバーチャルプロトタイピングは、製品の使用開始から寿命にいたるライフサイクルでの性能評価を課題とする、より広いコンセプト: Product Performance Lifecycle ™を提唱します。それは、シミュレーション・物理学・データ分析を活用し Hybrid Twin ™を作成することで、よりスマートに製品を開発し、その実製品とのつながりを保ち、製品使用期間全域での性能予測とメンテナンス必要時期の予期を可能にします。 ESI Group は NYSE ユーロネクスト(コンパートメント B )に上場しているフランス企業です。世界 40 カ国以上のお客様ニーズに応えるため、全世界で 1,200 人以上のスペシャリストを雇用し、 2016 年には 1 億 4,100 万ユーロの売上を計上しています。               日本イーエスアイ 問合せ先 日本イーエスアイ株式会社営業本部 〒 169-0074  東京都新宿区北新宿 2-21-1   新宿フロントタワービル 28F Tel: 03-5331-3832   Fax: 03-5331-3836   e-mail: marketing@esi.co.jp http://www.esi.co.jp    


オロリア社のブランド、スペクトラコムがPRISMA™ Complianceをリリース

Chihiro AIKAWA - 23-mars-2018 07:08:34

    オロリア社のブランド、スペクトラコムが PRISMA ™ Compliance をリリース MiFID II 準拠のための真の UTC ソース・トレーサビリティ機能を提供する 新レポーティング・ソリューション   PRISMA ™ Compliance は、高度にスケーラブルな低遅延の時系列 QuasarDB データベースを使用し、真の UTC トレーサビリティによるリアルタイムのレポートを実現します。タイミング・ネットワーク内のあらゆる要素から情報を収集、総計、報告し、 MiFID および FINRA の規定に従って必要なレポートを作成するデータベース中心の最初にして唯一のレポーティング・ソリューションです。 オロリア社のブランドのひとつ、スペクトラコムが PRISMA ™ Compliance をリリースしました。特に MiFID II と FINRA 準拠のため に高性能データベースをつかって一から開発 された初めての時刻同期レポーティング・ソリューション です。 ソフトウェアを追加するだけで、リアルタイム・レポートによる真の UTC トレーサビリティ、 NTP/PTP 互換性、レジリエンスを向上するマルチサイト複製を実現する唯一のコンプライアンス・レポーティング・ソリューション となります。   スペクトラム社タイム・センシティブ・ネットワーク担当取締役ジェレミー・オニヤンは語ります。 「スペクトラコムが QuasarDB と組んだのは、大規模ネットワーク内のすべてのタイミング要素で生成された大量のデータを処理し、かつそのデータを高速で報告するためのソリューションを求めていたからです。 QuasarDB のサポートにより、 PRISMA Compliance のユーザーは MiFID Ⅱの RTS25 の要件を満たすために必要なレポートを簡単に作成できます。リアルタイムなので、数時間ではなく、わずか数秒でレポートができます。」   また、ほかのコンプライアンス・ソフトウェアと異なり、 PRISMA Compliance は時系列の関連するすべての情報を収集、総計し、真の UTC オフセットを 配信します。単に「マスターからクライアントへ」の配信ではありません。 MiFID でも FINRA でも完全な UTC トレーサビリティが要求されているため、この機能は重要です。   PRISMA Compliance はすべての一般的な NTP および PTP バージョンに完全に対応します。このため旧式の NTP ネットワークでも新型の低遅延 PTP システムのどちらにでも簡単に使用できます。   詳細については、データシートをダウンロードしてご確認ください: http://bit.ly/2tL0Ett   商品紹介ビデオがこちらからご覧いただけます(英語): https://www.youtube.com/watch?v=yEZN28Tnh-I お電話でもお問合せ可能です(英語): +33-1585-321-5863       QuasarDB について Q uasarDB ( www.quasardb.net ) は金融市場から生まれた分散型の時系列データベースで、サーバー側の集積に対応します 。ほぼ制限なくキャパシティを水平 方向にも垂直方向にも拡張可能で す。 このため低遅延のビッグデータ・アプリケーションによく使用されています。   スペクトラコムについて オロリアのブランドであるスペクトラコム ( www.spectracom.com )はクリティカル、遠隔、またはハイリスクなシステムの信頼性と性能と安全性を高めるレジリエントなポジショニング、ナビゲーション、タイミング( RPNT )ソリューションの世界有数のプロバイダーです。高精度リファレンス、信号生成、受信、同期、配信、試験と検証、シミュレーション、統合、干渉、検知、ミティゲーション、リアルタイム組み込みシステム、技術/サポート・サービスなどに対応します。   オロリア社について オロリア( www.orolia.com )は、顧客のクリティカル、遠隔、またはハイリスクなシステム運用の信頼性と性能と安全性を高めるレジリエント PNT ソリューションの世界有数のプロバイダーです。有名ブランド Kannad 、 McMurdo 、 Sarbe 、 Spectracom 、 Spectratime を擁し、世界 100 か国以上の拠点で活動しています。商用、防衛、航空、海事アプリケーションのノウハウがあり、ほぼ完全にフェイルセーフの GPS/GNSS および PNT の製品/ソリューションによって顧客の最大のミッションクリティカルなニーズに対応します。                 プレスコンタクト フランス大使館 貿易投資庁 - ビジネスフランス 東京事務所 相川千尋(プレス担当) Mail : Presse.JP@businessfrance.fr      


パリのインキュベーターに入るチャンス、スタートアップ支援プログラム募集開始

Asako MATSUKI - 23-mars-2018 02:31:21

Paris&Co(パリ市の経済開発公社)がフランスでビジネスを立ち上げる海外のスタートアップ向け支援プログラム、パリ・ランディングパック エクスプローラー シーズン6の募集を開始しました。応募締め切りは4月15日まで。詳細はこちら(英語のみ)⇒詳細および応募はこちらから(英語のみ)⇒ http://comet.parisandco.com/News/Paris-Co-launches-a-new-call-for-applications-for-the-next-session-of-Paris-Landing-Pack_Explore-in-June 2018年の6月、一か月間にわたり、パリ市内のインキュベーション施設「Comet」に入って仕事ができるチャンスです。スタートアップの認知度を高めるには?パリでビジネスを展開するには?実際どのように事業をしていけばいいのか?「Comet」には世界中のスタートアップが集まっており、パリのテックシーンで活躍する、スタートアップ、投資家、エキスパート、企業とのネットワークをつくるチャンスが得られます。 具体的には、フランスで事業展開を希望している、創設8年未満の若手スタートアップが対象で、次の分野(IT/トラベルテック/観光/フードテック/モビリティ&スマートシティ/サーキュラーエコノミー(資源効率・循環型経済)/フィンテック/Edテック、HRテック/デジタル&カルチャーインダストリー)プログラム詳細はこちら⇒ http://comet.parisandco.com/Offers/Paris-Landing-Pack_Explore   昨年は、Triple Wという、尿意を検知するセンサーのスタートアップが選ばれ、1ヶ月のインキュベーションののち、パリに子会社を設立しました。前回(シーズン5)に選出されたスタートアップのリストはこちら⇒ https://comet.parisandco.com/News/Paris-Landing-Pack_Explore-season-5-and-the-winners-are


フランスの2017年VC投資動向

Asako MATSUKI - 14-mars-2018 03:25:45

米 CB Insights によるフランスのベンチャーキャピタル投資動向 2017 年レポート( Tech Funding Trends In France 2017 )によれば、フランスのベンチャーキャピタル投資は、資金調達 743 件、総額 32 億ドルに達したことが明らかになった。金額ベースでは対前年比 49% 増、件数では 45% 増、件数ベースでフランスはイギリスに次いで欧州第 2 位を記録した。 投資分野の内訳をみると、インターネット( 466 件、 15 億 6 千ドル)モバイル・テレコム( 125 件、 3 億 7100 万ドル)エレクトロニクス( 62 件、 2 億 9300 万ドル)モバイル以外のソフトウェア( 45 件、 9900万 ドル)が上位を占めた。 海外からの投資も増加傾向にあり、 2016 年 36 件だったところ 2017 年には 52 件と 62 %増加、内訳は 34% 英国、 32% 米国、 13% ドイツであった。 2013 年以降、フランスでは総額 88 億ドルの資金調達が実現、総数 1860 件を記録している。 詳細はこちら(英語)  https://www.cbinsights.com/research/report/french-tech-q4-2017/


ESI、SimulationX 3.9を発表

Chihiro AIKAWA - 27-févr.-2018 08:30:32

      ESI 、マルチドメイン・ 1D シミュレーション ツールの最新版 SimulationX 3.9 を発表     複数の物理分野に跨る物理現象を 1 つのモデル上で表現し、 幅広い産業分野に対応     製造業向けバーチャル・プロトタイピング・ソリューションの先駆者でありソフトウェア・サービスプロバイダーである ESI Group は、自動車・エネルギー・産業機械・鉄道・航空宇宙等幅広い産業分野で活用されているマルチドメイン・システム シミュレーションツールの最新版、 SimulationX 3.9 をリリースいたしました。   新バージョンの SimulationX はマルチタスクに対応し、エンジニアのニーズに合わせたカスタマイズも可能です。           【 SimulationX とは】 SimulationX は物理モデリング言語 Modelica® に準拠した機械・電気・熱・流体等、複数の物理分野と制御ロジックを組み合わせたマルチドメイン・システムシミュレーションが可能であり、製品の仕様検討及び設計段階から SimulationX を用いた解析をすることで、試作前に製品挙動を検証することが出来ます。 SimulationX は豊富なモデルライブラリと優れた操作性により、解析初心者も簡単に利用できる解析プラットフォームです。また各産業分野のニーズに合わせてカスタマイズが可能であり、有限要素法( FEM )シミュレーションソフトの様な CAE シミュレーションソフトウェア・モデルベースシステムエンジニアリング( MBSE )・最適化ツール・リアルタイムプラットフォーム等との練成も大きな特徴です。さらには Modelica® を使用することでユーザー独自のモデルコードを簡単に作成することも出来ます。   今回リリースする SimulationX 3.9 では、モデリングとシミュレーションのプラットフォーム 1 つであらゆる技術システムに対応するソリューションへと大きく進化し、 Modelica® シンクロナス言語要素によって ESI のソフトウェアは今やほぼすべてのデジタル制御に使用されている同期回路の効率的なシミュレーションが可能となりました。   【 SimulationX 3.9 の新機能】 SimulationX 3.9 は快適かつ効率的なシステムのモデリングとシミュレーションを提供し、あらゆるユーザーに最大限の自由度を提供します。   < 例 1 :鉱業向け ベルトコンベヤー解析用ライブラリ > ベルトコンベヤーシステムの自動モデルセットアップとモデリングのための新しい技術が統合され、 SimulationX 内の他のライブラリ(パワートランスミッション、エレクトロメカニクス、熱伝導など)から実証済みの要素をベルトコンベヤーのモデルに組み込むことによりユーザーが直面しうる問題を解決に導きます。   < 例 2 :自動車業向け エレクトロメカニカルおよび車両駆動装置(エネルギーと制御)ライブラリ > SimulationX は、 E- モビリティを持続可能で効率的なエネルギーグリッドに統合するのに加えて、電気自動車の電力消費を解析出来るのみならず、経路に依存する走行サイクル・運転プロファイルの最適化や電気部品の詳細な評価まで可能です。主として陸上交通と都市計画のために設計されたこれらの機能には、温度挙動や冷却システムのエネルギー消費に対する影響・バッテリー劣化のシミュレーション・電気システムおよびエレクトロメカニカルシステムの評価などがあります。   SimulationX は自動車業界ですでに 20 年以上も使用され、性能改善を重ねてきた従来型ドライブトレイン用のシミュレーションソリューションですが、 SimulationX 3.9 では新たな段階として振動ダンパーモデリングの詳細な解析が可能になりました。例えば、特性をパラメータ化したデュアルマスフライホイールやエンジンマウントに依り、周波数に依存する制振挙動を過渡現象のシミュレーションとして再現が可能です。   < その他、主な特徴 > ・計算方法と結果の表示を改善 ・モデリング、計算、解析のあらゆる主要なステップの作業を高速化 ・大型モデル処理における性能向上 ・画面表示の強化 ・図の閲覧ナビゲーション機能 ・パラメータ設定の操作性 ・タスクマネージャーで、異なるシミュレーション法の並行タスクに柔軟かつ強力に対応     【ユーザーの声】 Torsten Hellmuth 工学博士(シーメンス AG プロセス産業駆動部門バルク素材ハンドリング担当プロダクトマネージャー) 「 SimulationX のベルトコンベヤーの機械部品や電気部品のモデルを結合してデジタルモデル版を作成し、設計の最適化やベルトコンベヤーの仮想コミッショニングを行っています。コンバータやモーターのパラメータや複雑な制御装置は前もってテストをして選択し、技術的な性能を検証しておけば、現場での作業時間や試験が最小になり、短時間のプロセスで安全なコミッショニングができます。当社にとってもお客様にとっても素晴らしい結果が得られます」。     v   SimulationX に関する詳しい情報は SimulationX Blog をご覧ください(日本語)。 v   ESI 関連ニュースに関しては、 こちら をご覧ください。   *SimulationX は ESI ITI GmbH の登録商標です。 **Modelica® the Modelica Association の登録商標です。 ESI グループ について ESI Group は、「材料物理学」を重視した革新的なソリューションおよびサービスを提供する『バーチャルプロトタイピング』のリーディングカンパニーです。物理的な試作と実験を仮想的な設計・製造・アセンブリ・試験・評価に置き換え可能とする独自のソリューションを開発してきました。 今日の最新技術を駆使した ESI のバーチャルプロトタイピングは、製品の使用開始から寿命にいたるライフサイクルでの性能評価を課題とする、より広いコンセプト: Product Performance Lifecycle ™を提唱します。それは、シミュレーション・物理学・データ分析を活用し Hybrid Twin ™を作成することで、よりスマートに製品を開発し、その実製品とのつながりを保ち、製品使用期間全域での性能予測とメンテナンス必要時期の予期を可能にします。 ESI Group は NYSE ユーロネクスト(コンパートメント B )に上場しているフランス企業です。世界 40 カ国以上のお客様ニーズに応えるため、全世界で 1,200 人以上のスペシャリストを雇用し、 2016 年には 1 億 4,100 万ユーロの売上を計上しています。   ESI の詳細については、 Google + 、 Twitter 、 Facebook 、および YouTue でもご覧になれます。           日本イーエスアイ 問合せ先 日本イーエスアイ株式会社営業本部 〒 169-0074  東京都新宿区北新宿 2-21-1   新宿フロントタワービル 28F Tel: 03-5331-3832   Fax: 03-5331-3836   e-mail: marketing@esi.co.jp http://www.esi-group.com/jp    


米ラスベガスCES  フレンチテックパビリオン出展

Chihiro AIKAWA - 05-déc.-2017 08:24:04

          米ラスベガス CES 25 社のスタートアップがフレンチテックパビリオンに出展 2018 年 1 月 9 日~ 12 日 ブース番号: Eureka Park   50626   2018 年 1 月 9 日 ( 火 ) ~ 12 日 ( 金 ) 、米ラスベガスにて開催される CES ( International Consumer Electronics Show / 国際家電見本市 ) のフレンチテックパビリオンに出展するスタートアップ 25 社が選出されました。 5 年連続でフランス貿易投資庁 - ビジネスフランスが主催する フレンチテックパビリオン は、エウレカ パーク (Eureka Park) 50626 ブースを中心に展開されます。 この世界が注目する家電見本市 CES には、昨年、世界各国から 17 万人が来場し、 3900 社あまりが出展しました。   専門家からなる審査員によって 100 社以上のフランス企業の中からもっとも有望なスタートアップとして選出された 25 社が、今後のテクノロジーのトレンドを紹介します。 CES は、まさに最新デジタル製品の世界的なショールームです。スタートアップ企業にとって、この展示会に出展することは、メディアに取り上げられるまたとないチャンスです。コネクテッドデバイス、ペットテック、 VR 、 3D アバター、インテリジェントごみ分別ロボット、触感を再現するハプティクススクリーン、ビューティ IoT など…。この CES 2018 では、フランスのスタートアップ各社は、フランス色で彩られた FrenchTech バナーを掲げます。   「 CES に来場するデシジョンメーカーに関心を持っていただけるように、私たちは、実際に国際的な発展が期待でき、また加速的にビジネス展開が可能な、革新的な企業を優先しました。展示会の効果を最大限に享受するために、ラスベガスで展示されるプロトタイプは年内に入手可能なものに限っています。家電を扱うスタートアップにとって、 CES は、こうした企業の世界市場への夢を実現する第一歩なのです。」(ビジネスフランス、フレンチテックパビリオン担当責任者、トマ・ドゥルヴリエ)   前回の CES では、フランスは、アメリカ、中国に次ぐ第 3 の参加国でした。参加スタートアップの企業数では、アメリカに次ぐ第 2 位( 200 社)で、以下のイスラエル、韓国、中国を大きく上回りました。このデータは、フレンチテックの成熟したエコシステムを反映しており、世界中で評価の高いフランスのエンジニアやデザイナー、数学者らの手腕によってもたらされたものです。   以下、ビジネスフランスがフレンチテックパビリオンでサポートする 25 社のスタートアップです。     -   AirNodes ( コネクテッドデバイスをデザイン。スマートミラー Anna を出展 )   -   Aurasens ( 音楽とマッサージを融合した新しいアームチェア )   -   Blade ( クラウドを使ったハイパフォーマンス バーチャル PC サービス Shadow)   -   CamToy ( 留守中の飼い主と愛犬の双方向コミュニケーションを可能にするスマートロボット Laïka)   -   Catspad ( 猫用スマートフード・ウォーターディスペンサー )   -   Caveasy ( 家庭用ワインストック管理アプリケーション )   -   Energy Square ( 置くだけで同時に複数のスマホやタブレットを充電できる導電性ワイヤレス充電パッド )   -   eXsens ( フィットネス、健康 / 医療、ファッション( E コマース)、広告、ゲーム等に応用可能な 3D アバター )   -   Green Creative ( 飲料容器をリアルタイムに分別、圧縮、回収のモニタリングまで行うインテリジェントごみ箱 R3D3)   -   Hap2U ( スクリーン上での新しいタッチインターフェースやユーザーエクスペリエンスを可能にするハプティクス テクノロジー )   -   Shapeheart ( 心拍数を計測するスポーツ用アームバンド )   -   Jagger & Lewis ( 犬用スマート首輪 )   -   Joy ( 幼児が時間の感覚や毎日の習慣を身に着けるためのアイコン表示機能付き子供用スマートウォッチ OCTOPUS)   -   Lancey Energy Storage ( 節電を可能にするバッテリー内蔵ヒーター )   -   Lovebox ( 恋人や家族へのラブメッセージを伝えるためのコネクテッド メッセンジャー・ボックス )   -   MainBot (7-10 歳の子供向け教育用スマートロボット Winky)   -   Miraxess ( スマホをノート PC に換える Book 型エクステンション Mirabook)   -   myBrain Technologies ( ストレスレベルを感知して、状態に合わせた音楽を流すヘッドフォン )   -   R-Pur ( バイク / 自転車ライダー用公害対策マスク )   -   Romy Paris ( ひとりひとりの肌に合わせた基礎化粧品を生成するテクノロジー )   -   Snips (IoT デバイス、自動車、スマートホーム等に組み込み可能な音声アシスタントミドルウェア及びプラットフォーム )   -   Team8 ( 自分だけのスーパーヒーローと、遊びながら身体を鍛える 5-12 歳の子供向けスマートウォッチ )   -   Timescop e ( 観光地で時代を遡った情景を体験することができる設置型 VR ビューワ― )   -   Unistellar ( 光の増幅と AR インターフェースを応用したコンパクトなスマート天体望遠鏡 )   -   Vandelay ( スマホアプリでデータアクセス権管理やファイル転送ができる新世代 USB キー Lokly)   中でも、 CamToy 、 Lancey Energy Storage 、 myBrain Technologies 、 R-Pur 、 Unistellar の 5 社は、 CES Unveiled Paris にて « CES Innovation Award » を受賞しています。 この CES Unveiled は、次の CES で発表されるいくつかのイノベーションを先行してお披露目する公式イベントです。今年の 10 月から 1 月にかけて、パリ - アムステルダム - ニューヨーク - ラスベガスと、ヨーロッパからアメリカまで巡回しています。   また同時に、ビジネスフランスは、約 10 社の若手企業からなる « Family & Friends » と称したデレゲーションを組んでおり、この世界的な家電展示会 CES で総勢 35 社のフランス企業をサポートします。その他にも多くのフランス企業の参加が期待され、前回の 260 社余りを上回る企業がフレンチテックの旗を掲げ、ヨーロッパ最大のデレゲーションを構成することとなるでしょう。   詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。 http://events-export.businessfrance.fr/ces/     CES フレンチテックパビリオン担当者 ( 現地 英語対応 ) : Business France Thomas Delouvrier ( トマ・ドゥルヴリエ ) – thomas.delouvrier@businessfrance.fr   Maxime Sabahec ( マクシム・サバエック ) – maxime.sabahec@businessfrance.fr     このプレスリリースのお問合せ先 フランス大使館貿易投資庁 - ビジネスフランス  相川 千尋 (広報担当) Mail : Presse.JP@businessfrance.fr  電話 : 03-5798-6127      


貿易投資庁-ビジネスフランスとは
フランス貿易投資庁 - ビジネスフランス フランス貿易投資庁 - ビジネスフランスは、フランス経済の国際化を促進する政府機関です。 フランス企業の国際展開と貿易振興、また外国企業のフランス進出を支援します。 フランスの経済国としてのイメージ向上、特に地方や企業の魅力を伝える広報活動を推進し、フランス国際企業インターンシップ・プログラム( V.I.E )の発展も担います。 2015 年 1 月 1 日、対仏投資庁( AFII )とフランス企業振興機構(ユビフランス)の統合により「フランス貿易投資庁-ビジネスフランス」が発足しました。 世界 70 カ国に在外事務所を構え、 1500 人のスタッフが、国際的な官民ネットワークのもと活動し、企業へのサービスを提供しています。   コーポレートパンフレットはこちらよりダウンロード可能です。 Twitter では、最新の日仏企業ニュース、フランスビジネス環境、フランスのデジタル産業、テクノロジー、展示会情報などを配信しています。 https://twitter.com/BFrance_Japan  

もっと読む

    
    You Buy France 

    

    Rail industry 

   

    Vivapolis  

   

    Healthindustry

   

    Axema

          
   
Facebook
プレス、メディアギャラリー、資料