食品 酒類

第3回ボルドー&ボルドー・シュペリュールワイン ソムリエコンクール2019 開催

Kaori SUENAGA - 10-avr.-2019 03:55:32

        第 3 回ボルドー&ボルドー・シュペリュールワイン ソムリエコンクール 2019  開催   ボルドー&ボルドー・シュペリュールワイン生産者組合は、在日フランス大使館にて、同生産者組合の第 3 回公式ソムリエコンクールを開催します 。 お蔭様で、当コンクールでは、井黒卓氏(第 1 回)、塚元晃氏(第 2 回)という、今後の活躍が非常に期待される優勝者を輩出することができました。 このボルドー&ボルドーシュペリュール( BBS )のソムリエコンクールは、こうした意欲的な日本の若手ソムリエの方々の研鑽の場として、さらなる飛躍の一助となればと願っております。 尚、本コンクールの意図を一層前面に打ち出すために、今回より エントリー資格の年齢枠 を 2019 年 4 月 1 日現在 20 ~ 35 歳 と改めました。 また、多くの受験者にコンクールをより身近に感じて頂くため、新たに 準決勝 を設け、複数名のセミファイナリストを選出致します。準決勝は決勝当日の午前中に開催され、 7 月 5 日午後、 ファイナリスト 3 名 が 決勝 を戦います。 開催概要は下記の通りです。   ❏ 日程 2019 年 6 月 11 日(火)特別講義・予選 9:15 ~ 15:00 特別講義 講師:第 2 回コンクール優勝者 塚元晃氏 15:30 ~ 16:30 予選  筆記、テイスティングなど 2019 年 7 月 5 日(金) 準決勝・ 決勝・表彰式 10 : 00 ~ 準決勝(非公開) 15 : 30 ~ 17:15  決勝 テイスティング、サービスの試験など 17:40 ~ 19:30  表彰式、パーティ   ❏ 会場 : 在日フランス大使館 ❏ 賞品 :   【優勝】 森覚氏随行豪華ボルドー研修旅行 * 、認定ディプロム、 BBS アンバサダーに任命、 雑誌「ワイン王国」購読 1 年 【準優勝】 ボルドー研修旅行 * 、認定ディプロム * ボルドー研修旅行は 2019 年 9 月中を予定 (入賞商品は変更となる場合がございます) ❏ 審査員 審査員長 森 覚氏(一般社団法人日本ソムリエ協会常務理事技術研究部長) 審査員  岩田 渉氏(一般社団法人日本ソムリエ協会執行役員) 井黒 卓氏(一般社団法人日本ソムリエ協会執行役員、第 1 回本コンクール優勝) 塚元 晃氏(第 2 回本コンクール優勝) ❏決勝出席者 (予定) ローラン・ピック 駐日フランス大使 ボルドー&ボルドー・シュペリュールワイン生産者組合 ❏ 主催: ボルドー&ボルドー・シュペリュールワイン生産者組合 ❏ 共催: 在日フランス大使館貿易投資庁 - ビジネスフランス ❏ 後援:   一般社団法人 日本ソムリエ協会 ❏ 協賛:   株式会社ワイン王国、他         募集要項   エントリー資格: ·         ワインを中心とする酒類、飲料、食全般の専門知識・テイスティング能力を有する方(一般社団法人日本ソムリエ協会が定めるソムリエ呼称資格認定の定義を満たす方ですが、資格保有については不問)であり、かつ日本のホテル、レストラン、カフェなど飲料を提供する施設においてソムリエとしてサービスに従事している方。 ·         将来にわたりソムリエとしての職務を遂行する意思を有する方。 ·         2019 年 4 月 1 日現在 20 ~ 35 歳 ·         性別、国籍不問   参加費:無料  ※交通費自己負担   注意事項: ·         当コンクールのエントリーには特別講義の受講が必須です。尚、特別講義のみの受講や見学は、ご遠慮いただいております。 ·         当コンクールでのメインの使用言語は日本語ですが、英語もしくはフランス語で表現をしていただく場面がございます。 ·         特別講義及び試験の内容は、変更となる場合がございます。   主なアペラシオン ボルドー・ルージュ ボルドー・シュペリュール・ルージュ ボルドー・ブラン ボルドー・シュペリュール・ブラン ボルドー・ロゼ  ボルドー・クレレ クレマン・ド・ボルドー    定員 : 40 名   * 定員以上の応募があった場合、先着順といたしますので、ご了承ください。     受付開始: 2019 年 4 月 19 日(金) 10 : 00 受付終了: 2019 年 5 月 31 日(金) 18 : 00   下記フォームよりエントリーしてください。 https://bit.ly/2UDU8l4     また、 2019 年 7 月 5 日(金)にフランス大使館にて開催される決勝及び表彰式にプレスの皆様をご招待いたします。参加ご希望の方は、下記、末永までご連絡ください。 会場のセキュリティ管理の都合により、事前登録が必要です。   プレスからのお問合せ先: フランス大使館 貿易投資庁-ビジネスフランス 広報担当: 末永かおり Email : kaori.suenaga@businessfrance.fr Tel : 03-5798-6128 一般からのお問合せ先: BBS ソムリエコンクール運営事務局 Email : concoursbbs@businessfrance.fr Tel :03-5798-6133    


Tastin’FRANCE春のフランスワイン試飲商談会開催 東京:5月29日(水)、大阪:30日(木)

Kaori SUENAGA - 23-avr.-2019 10:35:27

          Tastin’FRANCE春のフランスワイン試飲商談会開催 ご案内 (対象:インポーター、小売店、料飲店、その他すべてのワイン業界プロの方)   昨年の11月にご好評頂きました「Tastin’FRANCE」(テイスティン・フランス)に続き、春のフランスワイン合同試飲商談会を東京、大阪にて開催致します。 未輸入のワインを中心に300以上のアイテムをテイスティング頂きます。 (Alsace, Bordeaux, Bourgogne, Champagne, Languedoc-Roussillon, Multi Régions, Rhône, South-West, spirits) このイベントを通して、皆さまの新しい商品の輸入ご検討、アイテムの充実にお役立てください。 万障お繰り合わせの上、是非ご参加ください。   出展社数:約40社   ご招待状・出展社リストは こちら からご覧ください。   【日時・会場】 ・東京:5月29日(水) 13 : 00-17:00  会場 :ホテルニューオータニ東京 おり鶴麗の間 (ザ・メイン アーケード階)      〒102-8578東京都千代田区紀尾井町4-1 TEL:03-3265-1111      最寄り駅:赤坂見附/永田町/麹町/四ツ谷      https://www.newotani.co.jp/tokyo/banquet/hall/orizuru-rei/      地図・アクセスhttps://www.newotani.co.jp/tokyo/access/    ・大阪:5月30日(木) 12:30-16:30  会場:リーガロイヤルホテル大阪 2F « ペリドット » (ウエストウイング2階)      〒530-0005大阪市北区中之島5-3-68        最寄駅:京阪中之島線「中之島」駅直結      地図・アクセス:http://www.rihga.co.jp/osaka/access/index.html   【お申込み方法】  •申込み用紙ダウンロード ⇒  こちら •ファックスの方:申込み用紙にご記入の上、下記番号へ送信願います。   Fax : 03-5798-6081 (東京・大阪共通 ) •メールの方:申込み用紙にご記入の上、下記アドレスへ添付、メール送信願います。  E-mail : tastinfrancejapon@businessfrance.fr •WEB申込み: こちら をクリック   【お申込み締め切り】: 5月22日(水)   « Tastin’France »とは、私共ビジネスフランス(世界70か国)のワイン&スピリッツ部門が50都市以上で開催しているプロ向けテイスティングです。 2019年は世界各国60都市以上約30か所で開催致します。   【注意事項】 1. 当日は受付用とバッジ用にお名刺を2枚ご用意ください。 2. 未成年、一般の方はご入場出来ません。 3. ご参加には事前の登録が必要です。ご登録後、主催者側事務局からお送りするコンファメーションを当日受付にご提示ください。ご提示がない場合はご入場をお断りする場合があります。締め切り5/22までにお申込みいただいた方には開催日6日前(5/23)までにコンファームをお送りします。受け取られていない場合は事務局( 東京会場:03-5798-6133 / 大阪会場:06-6123-7622)までご連絡ください。また、受付にて企業アンケートをお願いする場合がございます。その際にはご協力をお願い致します。 4. 商談(輸入、仕入れ)を目的としたプロの方対象の試飲会です。目的に沿わないご来場はお断りする場合がございます。 5. ワインサンプルの持ち出しは上記の目的に応じた使用に限り可能です。出展者、主催者(ビジネスフランス)の了承なく会場外に持ち出すことは固くお断りいたします 6. 会場内では節度あるテイスティングをお願いいたします。会場内に設置の吐器をできるだけ使用し、体調管理に十分留意してください。万が一気分が悪くなられた場合は、スタッフまで早めにお声をおかけください。体調、運営を鑑み、場合によってはご退場をお願いする場合がありますことをご承知おき下さい。 7. ご来場者個人の貴重品、所持品の破損、紛失、盗難その他の事故等につきまして主催者側は一切の責任を負いかねますので、予めご了承下さい。 8. 今回頂きました情報は、本催しの入場登録に関する諸手続き及び出展社向け情報に使用させて頂きます。 9. お車でのご来場は固くお断り致します。 主催者事務局一同、ご来場の皆さまのより快適でビジネスメリットのあるイベント開催を心がけております。      お問い合わせ: ビジネスフランス (東京)TEL : 03-5798-6122 フォレスト kaori.forest@businessfrance.fr (大阪)TEL : 06-6123-7622 高津 kaori.kozu@businessfrance.fr     フランス大使館 貿易投資庁-ビジネスフランス 東京事務所 〒106-8514 東京都港区南麻布4-11-44 www.businessfrance.fr http://www.youbuyfrance.com/jp/Category-1- 


FOODEXのフレンチパビリオンで試食・試飲つきワークショップを開催

Kaori SUENAGA - 18-févr.-2019 07:21:42

    FOODEX JAPAN 2019 (国際食料・飲料展) フランスパビリオンの French Tasting Room フランス製品の試食・試飲つきワークショップを開催   2019 年 3 月 5 日(火)~ 8 日(金) 幕張メッセ :ホール 3 C40-07     2019 年 3 月 5 日(火)から 8 日(金)まで幕張メッセで開催される第 44 回国際食品・飲料展 FOODEX に、今年もフランス貿易投資庁 - ビジネスフランスがフランスパビリオンを出展いたします。総面積 700m 2 のフランスパビリオン(ホール 3 C40-07 )には、新規出展者 34 社を含む 67 社のフランス企業が参加します。 フランスパビリオン出展企業は こちら をご覧ください。   French Tasting Room フレンチ・テイスティング・ルーム 昨年の好評を得て、今年もフランスパビリオン内にフレンチ・テイスティング・ルームを開設します。 フレンチ・テイスティング・ルームでは会期中毎日、試食・試飲つきのワークショップを開催し、フランスパビリオン出展のワイン・スピリッツおよび食品をご紹介します。ワークショップでは専門家の方を講師にお招きし、各回のテーマに合わせて、フランス製品の特徴や歴史をご解説いただきます。   昨年のフレンチ・テイスティング・ルームの様子 フード部門では、テレビ・雑誌でもご活躍の料理研究家 脇雅世氏と、脇氏の次女で料理家の加藤巴里氏をお迎えいたします。 またワイン部門では、昨年に引き続き、五鬼上泰樹氏にご登壇いただきます。 詳細は以下のプログラムをご覧ください。フード部門のワークショップはタイトルが同じでも日時により内容が変わります。ツイッターでは連日ワークショップでご紹介する製品の詳細をご案内します。ぜひビジネスフランスの公式ツイッターアカウント ( https://twitter.com/BFrance_Japan )をフォローしてください。 フランス産食材・ワイン・スピリッツをお試しいただくまたとない機会です。ご応募お待ちしております。   お申込み方法 各回とも事前登録制で、申込先着順で定員( 16 名)になり次第締め切らせていただきます。 業界関係者およびメディアの方を対象としています。 一般の方のお申し込みは受け付けておりません。 下記の web サイトよりお申し込みください。 https://bit.ly/2TJMelW     フレンチ・テイスティング・ルーム  ワークショップ プログラム 3月 5 日 ( 火 ) 10:30-11:30   フランス流朝食を楽しむ技! 12:00-13:00   フランス料理は(実は)簡単! 14:00-15:00   ワインの産地や品種をあててみよう!赤ワイン編 Part 1  15:30-16:30   メダル受賞ワインにフォーカス 3 月 6 日 ( 水 ) 10:30-11:30   フランス流朝食を楽しむ技! 12:00-13:00   フランス料理は(実は)簡単! 14:00-15:00   ヴァン・ナチュール、オーガニック、ビオディナミック・ファーミング 15:30-16:30   多様性を楽しむフレンチ・スピリッツ 3月 7 日 ( 木 ) 10:30-11:30   フランス流朝食を楽しむ技! 12:00-13:00   フランス料理は(実は)簡単! 14:00-15:00   ワインの産地や品種をあててみよう!白ワイン編 15:30-16:30   フランス・イズ・スパークリング ! ( シャンパーニュ&スパークリング・ワインズ) 3月 8 日 ( 金 ) 10:30-11:30   フランス流朝食を楽しむ技! 14:00-15:00   ワインの産地や品種をあててみよう!赤ワイン編 Part 2   注:ワークショップ開始5分前までにフレンチ・テイスティング・ルーム(ホール 3 C40-07 )までお越しください。5分前までにお越しいただけない場合は、当日ウェイティングの方をご案内する場合がございますので、あらかじめご了承ください。   講師のご紹介(敬称略):   脇雅世 (わき まさよ) 料理家。約 10 年フランスに滞在し、パリのコルドンブルー校や数々のレストランで料理を習得。出版した料理書は 50 以上。 2014 年フランス政府より農事功労章を受勲。   加藤巴里(かとう ぱり) 料理家、利き酒師。脇雅世の次女。パリの料理学校、フェランディー校で学んだ後、料理と製菓の国家資格 C.A.P. を取得。自身の料理教室を東京・神楽坂で開催。   五鬼上泰樹(ごきじょう やすき) 「美味しいワインをもっと楽しく!」をテーマに一般社団法人 日本ソムリエ協会関東支部役員として愛好家の裾野を広げる。またワインを学ぶ会「ごき塾」を通し 500 人以上のソムリエを輩出。ひとりでも多くの方にワインの美味しさ、楽しさを伝えるため 20 年以上普及活動を続ける。 フランス・ボルドーワイン委員会( C.I.V.B. )国際講師、ボージョレー騎士団 マスター騎士号、ワインディレクター、レストランコンサルタント、 Soirée Moderne ソワレ モデンヌ代表     FOODEX JAPAN 2018 (国際食料・飲料展)    フランスパビリオン: ホール 3 C40-07 日時: 2018 年 3 月 5 日(火)~ 8 日(金) 10 時~ 17 時(最終日は 16 時半終了) 場所:幕張メッセ  https://www.m-messe.co.jp/access/     FOODEX フランスパビリオンに関する問い合わせ: foodex@businessfrance.fr                  


FOODEX JAPAN 2019 (国際食品・飲料展) フランスパビリオン

Kaori SUENAGA - 10-janv.-2019 07:27:09

約700㎡のパビリオンに67社が参加(新規出展34社) 今年もフレンチ・テイスティング・ルームにてフランス製品の試食・試飲ワークショップを開催 FOODEX JAPAN 2019(国際食品・飲料展) フランスパビリオン:ホール 3 C40~07 日時:2019年3月5日(火)~8日(金)10:00〜17:00(最終日は16:30まで) 場所:幕張メッセ https://www.m-messe.co.jp/access/ 公式サイト : http://www.jma.or.jp/foodex/  2019年3月5日(火)から8日(金)まで幕張メッセで開催される第44回国際食品・飲料展FOODEXに、今年もフランス貿易投資庁-ビジネスフランスがフランスパビリオンを出展いたします。 2019年は、日本市場にとって歴史的な年です。日本とEUの経済連携協定(EPA)という重要な関税上の合意が2019年2月1日より発効され、世界のGDPのおよそ1/3に値する日本とEU間で自由貿易が開始されます。この関税撤廃は農産物・食品の85%におよび、欧州からの輸出の87%に該当します。特にフランス産の食品は11.5億ユーロに上る輸出第一位の品目で、フランス全体の18%を占めています。 中でもフランスのワインおよびスピリッツ部門は、2018年には日本の輸入市場の約1/3を満たしました。すでに年始から9か月で輸入高6億5500万ドルを上回り、新たなピークを築きました。このように、フランスの食品産業にとって日本は重要な国のひとつです。 ワイン以外にも、乳製品/チーズ、精肉、製菓、チョコレートなど、さまざまな部門で対日輸出は上昇傾向にあり、今年のEPAの発効によってこの傾向の継続が期待されます。 このようにフランスの重要市場である日本で開催されるFOODEXには、この展示会を日本市場における必須イベントとして継続参加する出展者がいる一方で、新たに日本のパートナーを求めるフランス企業が集まります。フランスパビリオンでは昨年の出展企業の約半分が入れ替わり、今年はワイン&スピリッツおよびグルメ製品分野の34社が新規参加いたします。フランスパビリオン参加企業リストは こちら をご覧ください。 中でも今年のFOODEXでは、ボルドーを中心としたフランス南西部のヌーヴェルアキテーヌ地域圏食品局AANAがフランスパビリオンのパートナーとなり、主にワイン&スピリッツの企業14社を引き連れて来日します。 フレンチ・テイスティング・ルームでは、FOODEXに来場される日本の食品業界の方々を対象に、今年もワークショップを開催します。このプログラムは、フランスパビリオンに出展するフランス製品をテーマ毎に解説し、その味わいとクオリティをご紹介するものです。会期中の毎日、専門家がガイド役となり、試食/試飲を通して製品の特長や歴史等をご紹介します。 FOODEX JAPAN 2019(国際食品・飲料展) 日時:2019年3月5日(火)~8日(金)10:00〜17:00(最終日は16:30まで) 場所:幕張メッセ https://www.m-messe.co.jp/access/ 公式サイト : http://www.jma.or.jp/foodex/  フランスパビリオン:ホール 3 C40~07  


「ぶどう農家のシャンパーニュ 試飲商談会・テイスティングセミナー」のご案内

Kaori SUENAGA - 08-janv.-2019 02:57:52

            平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 2015 年、 2017 年に引き続き、 シャンパーニュ地方ブドウ栽培・醸造業者組合 主催による 合同試飲商談会を開催いたします。 10 社が出展し、未輸入アイテムを中心にご紹介いたします。 当日は試飲会に先がけて、 午前中にテイスティングセ ミナーも開催します。     【試飲商談会】   東京  日時: 2019 年 1 月 30 日(水) 12 時 30 分~ 17 時 30 分         会場: ザ・ランドマークスクエア トーキョー(会場:ロータス 品川グース 30 階)  〒 108-0074 東京都港区高輪 3-13-3  シナガワグース内 (旧ホテルパシフィック東京) TEL :( 03 ) 5447-1245   FAX :( 03 ) 5447-1246 地図: http://www.landmark-tokyo.com/access/   最寄り駅: JR 品川 高輪口より徒歩 1 分   大阪  日時: 2019 年 1 月 31 日(木) 12 時 30 分~ 17 時 30 分 会場: リーガロイヤルホテル大阪 (会場:クラウンルーム タワーウイング 28 階) 〒 530-0005  大阪市北区中之島 5-3-68   TEL :( 06 ) 6448-1121   FAX :( 06 ) 6448-4414 地図: http://www.rihga.co.jp/osaka/access/index.html   最寄り駅:「中之島」     【テイスティングセミナー】    東京のテイスティングセミナーは定員に達したため締め切らせていただきました。 東京  日時: 2019 年 1 月 30 日(水) 10 時 30 分~ 12 時         会場: ザ・ランドマークスクエア トーキョー(会場:モニカ 品川グース 29 階)  講師:佐藤陽一氏(マクシヴァン オーナーソムリエ) 先着 40 名様で締め切らせていただきます。また、 1 社につき 3 名様までのお申込みでお願いします。   大阪のテイスティングセミナーは定員に達したため締め切らせていただきました。 大阪  日時: 2019 年 1 月 31 日(木) 10 時 30 分~ 12 時         会場: リーガロイヤルホテル大阪 (会場:エメラルドルーム タワーウイング 28 階) 講師 :岡昌治氏(リーガロイヤルホテル マスターソムリエ)   先着 35 様で締め切らせていただきます。また、 1 社につき 3 名様までのお申込みでお願いします。     お申込み方法: - 以下ダウンロード欄 のお申込書にご記入の上、記載されているメールあるいはファックスにてお送りください。 - Web からもお申込みいただけます→ https://bit.ly/2C7yrhv     お問い合わせ: SGVC シャンパーニュテイスティング&セミナー事務局   Email : agrotech.japon@businessfrance.fr     フランス貿易投資庁 ‐ ビジネスフランス 日本事務所 在日フランス大使館 〒 106-8514 東京都港区南麻布 4-11-44 http://www.businessfrance.fr twitter.com/BFrance_Japan フランス貿易投資庁 - ビジネスフランス日本事務所 公式 Twitter アカウントを開設しました。日仏企業ニュース、フランスの投資環境を配信していきます。      


Sweet Bordeaux プレス向けフードペアリングセミナー

Chihiro AIKAWA - 05-déc.-2018 06:11:40

Sweet Bordeaux プレス向けフードペアリングセミナー 2018年11月1日(木)割烹 小田島   11月1日、ボルドー甘口ワインの生産者協会スウィートボルドーが来日し、六本木の割烹小田島でプレス向けのフードペアリングセミナーを開催しました。 今回のセミナーではソムリエでワインテイスターの大越基裕氏を講師に迎え、旬の食材である牡蠣や海の幸を中心とした、和食と甘口ワインのペアリングについてお話しいただきました。お料理は、1976年の創業以来「和食とワイン」のパイオニアとして知られる六本木の割烹 小田島に、甘口ワインに合う特別メニューをご提供いただきました。 ワインはAOCボルドー・モワルー(半甘口)、カディヤック、ルーピアック、プルミエール・コート・ド・ボルドー、サント・クロワ・デュ・モン、ソーテルヌの6アペラシオン、10アイテムを、それぞれ1皿のお料理とフードペアリング。フランスからは生産者協会代表のエマ・ボードリー氏、生産者のギヨーム・ゴンフリエ氏、生産者の二コラ・サンフルシュ氏、代理の鍵和田昇氏が出席しました。 今回のフードペアリングのポイントについて、大越氏、小田島氏は次のように述べています。 大越基裕氏 「甘口ワインのような強く、濃縮性の高いワインは、牡蠣のような個性的な強い風味を持った食材を利用して風味を味わいに差し込んでいったり、酸味や塩気のある味わいで甘さを抑制させたり、よりオイリーな料理で強さや粘性のある味わいとバランスを取ったりする必要があります。一口にボルドーの甘口といっても、一つずつキャラクターに違いがあります。今回は、日本でよく食べられていて、家庭でも作りやすい様々なタイプの料理で、各ワインのキャラクターに沿ったペアリングをご提案いたします。」 小田島大祐氏 「甘口ワインにその味わいを補完する料理を合わせるというコンセプトでメニューを組み立てました。最初に色の濃淡・濃縮度でワインを分類した上で、残糖や酸といった味わいの違いのバランスによってワインの個性を把握していきました。そして、たとえば酸がしっかりしているワインに脂質を合わせたり、甘い味わいのワインに塩味の強い料理を合わせたり、香ばしいワインに焦げたニュアンスのある料理を合わせたりというように、バランスを考えて組み合わせを決めていきました。和食はもともと酒、みりん、砂糖を使うことの多い料理ですが、これらの調味料がもたらす甘みはあくまでも自然な甘さであり、甘口ワインにも非常に合いやすい味わいです。」 *フランスでは、甘口のワインは、デザート時にサービスされません。  


シュッド・ウエストワイン委員会来日

Chihiro AIKAWA - 07-nov.-2018 07:23:19

  シュッド・ウエストワイン委員会が来日         第 3 回 シュッド・ウエストワイン・デー 開催 11 月 27 日(火) @ フランス大使館、@レストラン「ル・プティ・ブドン」(代官山)             フランスワイン合同試飲商談会『テイスティン・フランス』出展 11 月 28 日(水) @ 東京 /   11 月 29 日(木) @ 大阪   11 月 27 日~ 29 日、フランス南西地方のワイン生産者団体であるシュッド・ウエストワイン委員会( IVSO ) * が来日し、日本市場での躍進を受けて、今年も東京と大阪で、プレス・業界関係者・消費者向けに PR 活動を展開いたします。 ( * シュッド・ウエストはフランス語で「南西」の意味)   2017 年、シュッド・ウエストワインの日本市場における前年比の販売量は数量で +19 % 、金額で +23 % の成長を記録しました ** 。この成長によって、 2013 年以来行っているワイン委員会と生産者による活動が一層強化されました。こうした活動により、シュッド・ウエストワインは業界関係者の間での知名度を高め、メディアでも取り上げられるようになりました。今回の来日では、日本市場へのさらなる浸透をめざし、「 シュッド・ウエストワイン・デー 」を開催するとともに、東京と大阪で開催されるフランスワインの試飲商談会「 テイスティン・フランス 」に参加します。 ( ** フランス貿易統計局 /DNSCE 調べ)   第3回 シュッド・ウエストワイン・デー:発見と学び シュッド・ウエストワイン・デーは、シュッド・ウエストワインの生産者と、 1 日を通して日本の様々なワイン関係者との交流を図ることを目的としたイベントです。3回目となる今回は、「 日本市場での成長 」をテーマに、 11 月 27 日に東京のフランス大使館および代官山のフレンチレストラン「ル・プティ・ブドン」で開催します。   テイスティン・フランス シュッド・ウエストワイン・デーに引き続き、来日生産者は、東京( 11 月 28 日)と大阪( 11 月 29 日)で開催される合同試飲商談会「テイスティン・フランス」に参加します。シュッド・ウエストからは同試飲会に 14 社が参加予定です。   生産者と直接ふれあうことのできる貴重な機会です。ぜひ、ご参加ください。 各イベントの詳細とお申込み方法、出展ワインについては、このプレスリリースの下記をご覧ください。     【 第3回 シュッド・ウエストワイン・デー】 日付: 2018 年 11 月 27 日(火) 参加 6 社: ARBEAU / BRUMONT / PLAIMONT / TARIQUET / VIGOUROUX / VINOVALIE ワインリストは→ こちら   ①      11 : 00 ~ 12 : 30  プレスセミナー 対象: プレス関係者(日仏通訳付き) 内容: 今年は、フランス大使館大使公邸にプレスの皆様をお迎えいたします。この機に来日する シュッド・ウエストワイン委員会ディレクター の ピエール・ファーブル氏 による地方のご紹介とともに、 2013 年よりご協力いただいている全日本最優秀ソムリエの 石田博氏 をお迎えして「 日本市場での成長 」についてご解説いただきながら、シュッド・ウエスト地方 6 社のワインを試飲していただきます。 会場: フランス大使館大使公邸 東京都港区南麻布 4-11-44   参加お申込み: プレスの方を対象としております。氏名、ご担当媒体名、メールアドレス、電話番号をお書きの上、 Email にて以下へお申込みください。 フランス大使館貿易投資庁 - ビジネスフランス プレス担当 末永かおり MAIL : kaori.suenaga@businessfrance.fr   TEL : 03-5798-6128   ②      15 : 00 ~ 16 : 30  マスタークラス ( 16 : 40 ~ カクテルネットワーキング) 対象: 酒販店、小売店、レストラン、カフェ、ワインバー等、酒販・飲食業界の方(日仏通訳付き) 内容: 全日本最優秀ソムリエの石田博氏を講師にお迎えし、フランス大使館にて酒販・飲食業界の方を対象としたマスタークラスを開催します。マスタークラスの後、 17 時からは簡単なカクテルネットワーキングの時間を設けております。シュッド・ウエストワインに合わせて、日本における南仏郷土料理のレストランとして名高いパション・グループのシェフによるフィンガーフードをお召し上がりいただき、来日生産者との交流を深めていただきます。 会場: 在日フランス大使館 東京都港区南麻布 4-11-44 参加お申込み: 酒販・飲食業界の方の方を対象としております。以下のリンクからお申込みください。 ⇒  マスタークラス申し込みフォーム   ③      18 : 00 ~ 21 : 00  ディナーテイスティング 対象: 一般 パション・グループが経営するレストラン「ル・プティ・ブドン」にて、一般のお客様を対象としたディナーテイスティングが開催されます。詳細とお申込みにつきましては、レストランの公式HPをご覧ください。 会場: レストラン 「ル・プティ・ブドン」 渋谷区鉢山町 13-13 ヒルサイドウエスト A          Tel 03-5457-0086   アクセス: http://www.pachon.co.jp/jpn/petit_bedon/index_access.html   詳細は、こちら http://www.pachon.co.jp/jpn/petit_bedon/   に掲載されます。 ( 10 月 24 日現在準備中)       【テイスティン・フランス】 対象: インポーター、酒販店、小売店、レストラン、カフェ、ワインバー等、酒販・飲食業界の方、プレスの方 参加 14 社: ARBEAU / Cave du Marmandais / Château Clamens / Château de Gayon / Château Famaey / Domaine de Laxé / Domaine de Pellehaut / Domaine de Rubens / Domaine les Roques de Cana / Les Hauts de Montrouge / PELVILLAIN VINS / PLAIMONT / VIGOUROUX / VINOVALIE   11 月 28 日(水) 13 : 00 ~ 17 : 00 会場: ザ ランドマークスクエアトーキョー  30 階 ロータス 東京都港区高輪 3-13-3  シナガワグース内 アクセス: https://www.landmark-tokyo.com/wedding/access.html   11 月 29 日(木) 12 : 30 ~ 16 : 30   会場: リーガロイヤルホテル大阪 ペリドット(ウエストウイング 2 階)   大阪市北区中之島 5-3-68 アクセス: https://www.rihga.co.jp/osaka/access   テイスティン・フランス 参加お申込み: 東京、大阪ともに、以下のリンクからお申込みください。   http://bit.ly/2NNBIGe          https://www.facebook.com/SudOuestJP シュッド・ウエスト地方とは ラングドックとボルドーの間に位置し、ピレネー山脈を背に大西洋と地中海の双方から影響を受けるワイン産地であるシュッド・ウエスト地方は、地方内に対照的な気候と土壌が混在し、土着品種 120 種を含む 300 を超える幅広い品種による独自のワインのヴァリエーションを呈します。この地方のワイン生産者は、古くからの伝統を受け継ぐ一方で、常にイノベーションを追及し、積極的に最新技術を取り入れています。 シュッド・ウエスト地方は、気の置けない仲間と食事を楽しむという習慣や、ワインと食事の絶妙なマリアージュなど、独自のライフスタイルをはぐくんでいます。さまざまな香りのパレットを持ったシュッド・ウエストのワインは、手ごろな価格でありながら飲みやすく、友人との集まりや家族で囲む食卓などで、気軽な食の喜びをあらゆる人々にもたらします。   2019 年に向けて:ラグビーとシュッド・ウエストワインの深いつながり ここ数年、日本でもラグビーが注目されるようになってきましたが、ラグビーはフランスでは人気スポーツのひとつです。中でもシュッド・ウエストは歴史的にもその中心的な地方です。 2019 年は、シュッド・ウエスト地方の象徴であり、生活文化の一部であるこのスポーツとワインをからめてご紹介できる機会を計画しています。               


貿易投資庁-ビジネスフランスとは
フランス貿易投資庁 - ビジネスフランス フランス貿易投資庁 - ビジネスフランスは、フランス経済の国際化を促進する政府機関です。 フランス企業の国際展開と貿易振興、また外国企業のフランス進出を支援します。 フランスの経済国としてのイメージ向上、特に地方や企業の魅力を伝える広報活動を推進し、フランス国際企業インターンシップ・プログラム( V.I.E )の発展も担います。 2015 年 1 月 1 日、対仏投資庁( AFII )とフランス企業振興機構(ユビフランス)の統合により「フランス貿易投資庁-ビジネスフランス」が発足しました。 世界 70 カ国に在外事務所を構え、 1500 人のスタッフが、国際的な官民ネットワークのもと活動し、企業へのサービスを提供しています。   コーポレートパンフレットはこちらよりダウンロード可能です。 Twitter では、最新の日仏企業ニュース、フランスビジネス環境、フランスのデジタル産業、テクノロジー、展示会情報などを配信しています。 https://twitter.com/BFrance_Japan  

もっと読む

Facebook
プレス、メディアギャラリー、資料