ニュース

Twitterで最新情報を配信しています @BFrance_Japan

業種別 ニュース検索

検索

フランス貿易投資庁-ビジネスフランス 日本事務所

第2回ボルドーソムリエコンクール2018 結果発表

Kaori SUENAGA - 29-mars-2018 09:54:13

        #ボルドーソムリエコンクール 第 2 回ボルドー&ボルドー・シュペリュールワイン ソムリエコンクール 2018   塚元晃氏が優勝 ボルドー&ボルドー・シュペリュールワインのオフィシャルアンバサダーに就任   7 月 24 日(火)、フランス大使館 大使公邸にて、ボルドー&ボルドー・シュペリュールワイン生産者組合が主催する、第 2 回ボルドー&ボルドー・シュペリュールワイン ソムリエコンクール決勝が開催され、オーベックファン神戸の塚元晃氏が優勝を果たしました。 塚元晃 氏には、今後1年間、ボルドー&ボルドー・シュペリュールワインのオフィシャルアンバサダーとして、同ワインの PR 活動にご協力いただきます。塚元氏は「決勝を通して、このコンクールは自分の個性ややさしさ、笑顔を主張できるコンクールであると強く感じました。今後はみなさんがボルドーワインを楽しんでいただけるように、アンバサダーとして頑張ってまいりたいと思います。」と優勝の喜びを語りました。塚元晃氏は岡山県出身、現在オーベックファン神戸に勤務しする傍ら、 ACADEMIE DU VIN  大阪梅田校で講師をされています。 【第 2 回ボルドー&ボルドーシュペリュールワイン ソムリエコンクール 2018  結果】 優勝   塚元 晃 氏  ( オーベックファン神戸 ) Ø   賞品:ボルドー研修旅行、雑誌「ワイン王国」購読 ( 1 年 ) 、認定ディプロム、トロフィー 準優勝  千々和 芳朗 氏(筥崎宮 迎賓館)                                   Ø   賞品:ボルドー研修旅行、認定ディプロム 第 3 位  紫貴 あき 氏( ACADEMIE DU VIN) Ø   賞品:ボルドーワイン、認定デュプロム (写真の説明)左から ボルドー&ボルドー・シュペリュールワイン生産者代表 ジョナタン・デュクール氏、紫貴 あき 氏、塚元 晃 氏、千々和 芳朗 氏、ローラン・ピック フランス大使   こちらのフォトギャラリーより、写真をご覧いただくことができます。 https://www.youbuyfrance.com/jp/photogallery.aspx   【開催概要】   ■  日程 募集期間 : 2018 年 4 月 20 日(金) 10 : 00 ~ 6 月 15 日(金) 18:00   –  締切  特別講義・予選 : 2018 年 6 月 27 日(水)  -  終了 9:15 ~ 15:00 ( 講義 ) 、 15:30 ~ 16:30 ( 予選 ) 講師:一般社団法人 日本ソムリエ協会執行役員、第 1 回コンクール優勝者  井黒卓氏 決勝・表彰式 : 2018 年 7 月 24 日(火)  -  終了 11 : 30 ~ 受付開始 12 : 00 ~ 15 : 00  決勝 15 : 30 ~ 17 : 00  授賞式・レセプションパーティ ※ 一般公開はいたしません     ■  会場       在日フランス大使館内 東京都港区南麻布4-11-44 https://jp.ambafrance.org/article288     ■   主なアペラシオン: ボルドー・ルージュ/ボルドー・シュペリユール・ルージュ/ボルドー・ブラン/ボルドー・シュペリュール・ブラン/ボルドー・ロゼ/ボルドー・クレレ/クレマン・ド・ボルドー     ■   エントリー資格 1.        ワインを中心とする種類、飲料、食全般の専門知識・テイスティング能力を有する方(一般社団法人日本ソムリエ協会認定が定めるソムリエ呼称資格認定の定義を満たす方。資格保有については問いません)であり、かつ現在日本のホテル、レストランなど飲料を提供する施設においてソムリエとしてサービスに従事している方 2.        将来にわたりソムリエとしての職務を遂行する意思を有する方 3.        45 歳以下        ※ 性別、国籍不問   【注意事項】 ·         当コンクールのエントリーには特別講義の受講が必須です。尚、特別講義のみの受講や見学は、ご遠慮いただいております。 ·         当コンクールでのメインの使用言語は日本語ですが、英語もしくはフランス語で表現をしていただく場面がございます。 ·         特別講義及び試験の内容は、変更となる場合がございます。     ■   参加費 無料  ※ 交通費自己負担     ■   募集人数 40 名     ■   審査員     ■   出席者 ローラン・ピック 駐日フランス大使   ジョナタン・デュクール  ボルドー&ボルドー・シュペリュールワイン生産者組合  生産者代表 ( ゲスト審査員 )   ジェニファー・ジュリアン  ( ゲスト審査員 )           ■   入賞賞品 【優勝】 ボルドー旅行(航空券、宿泊、ワイナリーツアー込み)、 雑誌『ワイン王国』購読( 1 年)、トロフィー、認定ディプロム 【準優勝】 ボルドー研修旅行(宿泊、ワイナリーツアー込み)、認定ディプロム 【 3 位】 ボルドーワイン、認定ディプロム   ■   主催 ■   共催 ■   後援 ■   協力 ■   お問合せ先 BBS ソムリエコンクール運営事務局 Email : concoursbbs@businessfrance.fr Tel :03-5798-6133  

PwCセミナー Brexit最新動向のご案内

Asako MATSUKI - 13-août-2018 03:18:41

8月24日(金) PwC Japanグループは「Brexit最新動向~フランスをビジネス拠点とする日系企業の意義と課題~」セミナーを開催いたします。Brexitによる在フランス日系企業への影響および税務動向について解説いたします。皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。   日程:2018年8月24日(金)10時~12時(受付開始9時30分) 会場:PwC税理士法人セミナールーム(東京都千代田区霞が関3-2-5) http://www.pwc.com/jp/ja/about-us/member/tax/map-tokyo.html   【プログラム】 1) ご挨拶 / フランス貿易投資庁-ビジネスフランス 貿易投資参事官 パスカル・ゴンドラン 2) 日系企業によるフランス投資 / フランス貿易投資庁-ビジネスフランス 上席投資担当官 縫部 昭子 3) Brexitによる在フランス日系企業への影響および税務動向 / PwCフランスパートナー エマニュエル・ピク氏 / シニアマネージャー 猪又和奈氏 4) Brexit impact on Japan – Brexitによる日本への影響 / PwC税理士法人 パートナー 村上高士氏/ PwC Japan LLC. シニアマネージャー 舟引勇氏 【参加登録はこちら】 https://krs.bz/pwctaxjp/m/2018-0824 【本セミナーに関するお問い合わせ先】 PwCJapanセミナー事務局 TEL 03-5251-2851  pwcjapan.taxpr@jp.pwc.com

製麺の宝産業 欧州初の製造拠点をフランスに開設

Asako MATSUKI - 19-juil.-2018 05:10:18

宝産業株式会社(本社所在地:京都市伏見区、代表取締役 井上 光昌氏)は、北フランスのオードフランス地方、オワーズ県アンブレンヴィル(Amblainville)にて、製造拠点を開設すると発表しました。初期投資額は約2億円(160万ユーロ)にのぼり、事業拡大に応じて30名の雇用創出を見込んでいます。 アジア圏、米国に工場を開設したのち、ラーメン人気が高まりつつあるヨーロッパ市場への参入を決定、進出先として、北フランスのアンブレンヴィルにある、500m²の工場用建物(総敷地面積3472m²)が選択されました。進出先の選定にあたり、外国企業の投資誘致を促進する政府機関であるフランス貿易投資庁-ビジネスフランスをはじめ、北フランス地方投資促進開発局、自治体、地元の食品加工企業連合らがネットワークを駆使して同社のプロジェクトをサポートしました。 企業お問い合わせ先 宝産業株式会社(TEL075-612-2791) http://www.takara-jp.com/ リリース日本語訳はこちらよりご参照ください。

フランス・ビジネスセミナー 開催報告

Asako MATSUKI - 18-juil.-2018 04:46:26

6 月 5 日 、 7 日、フランス貿易投資庁 - ビジネスフランス日本事務所は PwCJapan グループとの共催により、東京、大阪にて、日系企業向けにフランスビジネスセミナー「労働法改正による日系進出企業の対応のポイント」を開催しました。マクロン大統領が昨年実施した大規模な労働法改正により、雇用主の労務管理が大幅に柔軟化されました。労使交渉と解雇に関して留意すべき事項につき、来日した PwC フランス (PwC Société d’Avocats)  の講師陣らが解説しました。また日本企業の対仏投資状況、フランスで生産拠点を持つ進出企業(イーグル工業株式会社、ダイキン工業株式会社)により、現地でのご活動、エピソードを踏まえたアドバイスなどご紹介いただきました。以下より講師のプレゼン資料をダウンロードし、ご参照いただけます。 PwCフランスによる資料 【内容に関するお問い合わせ先】 PwCフランス (PwCSociété d’Avocats) マネージャー (仏国弁護士)  猪又和奈氏 kazuna.inomata@pwcavocats.com      

クボタ、フランスに研究開発拠点を新設

Asako MATSUKI - 09-juil.-2018 08:19:37

7月6日、株式会社クボタは、研究開発体制のグローバル化の一環として、北フランス、クレピーアンヴァロア市(Crépy-en-Valois)に敷地面積27万平米におよぶ新しい研究開発拠点を設立すると発表した。2020年7月の稼働を見込む。本拠点を通じて、欧州向け畑作用トラクタの開発、事業拡大を目指す。日欧共同開発により畑作トラクタ開発を加速させ、より一層現地のニーズに対応していく。同社は2015年に同じく北フランス、ダンケルク近郊(ノール県ビエルヌ市)にて畑作用大型トラクタ工場を始動させている。 企業リリースはこちら

FRENCH JAPAN SPORT & OUTDOOR DAYS 2018開催

Chihiro AIKAWA - 21-juin-2018 05:02:57

        “FRENCH JAPAN SPORT & OUTDOOR DAYS 2018” フランスのスポーツ関連企業4社が合同商談会を開催 2018 年 7 月 4 日~ 6 日     来る 7 月 4 日~ 6 日、 フランス貿易投資庁 - ビジネスフランスは、スポーツ関連のフランス企業を紹介する合同商談会 “French Japan Sport & Outdoor Days” を開催します。 今回の商談会には、今後東京で開催される巨大スポーツイベントを見据え、フェンシング用品製造販売会社、スポーツイベントオーガナイザー、スポーツ施設等のフロア材メーカー、大規模スポーツイベントなどに付随するキッチンやケータリングスタッフ研修も担う教育機関4 社のフランス企業が参加します。参加企業は、3日間にわたり日本企業や関連団体との面談にのぞみ、パートナーシップの提携を目指します。   参加企業 企業 概要 エスクリーム・ディフュジオン https://www.escrime-diffusion.fr/ 1990 年設立のフェンシング用品販売・製造を専門とする企業。ドイツのフェンシング用品ブランド、アルスターおよびウルマンのフランス総代理店として、実店舗およびオンラインでの販売を行うと同時に、 2018 年からは 100 %メイドインフランスの FIE (国際フェンシング協会)公認マーク付きユニフォーム「 DEFI 」の製造販売を開始。「 DEFI 」の海外展開を目指しています。 ジェルフロア https://www.gerflor.com/world-map.html   革新的でデザイン主導の環境に配慮したフロア材メーカー。特殊なフロア材ソリューションを開発し、住宅・病院・教育施設・スポーツ施設・店舗・工場・オフィス・ホテル・レストラン・輸送車両など、すべての内装需要に対応。 Taraflex® 、 Mipolam® 、 DLW® 、 Tarabus® 、 Connor Sports® 、 Sportcourt® 、 Gradus® 等、世界的に知られるブランドを擁しています。 環境にも配慮し、すべての生産工場で ISO14001 を取得。製品はメンテナンスが容易で、「グリーンビルディング」認証を多くの国で取得しています。 イロップ・スポーツ http://ilop.re/categorie/ilop-sport/   1999 年創業の仏領レユニオン島のアウトドアスポーツ企画・運営企業。数々のトレイルランニングレース(未舗装の山野をフィールドとする中・長距離レース)の考案者であり、「トロピカ・ダング」レースのような革新的なコンセプトのレースを提案し続けています。また、レユニオン島で毎年 10 月に開催される「グラン・レイド」を主宰するグラン・レイド協会のコミュニケーションおよびイベントパートナーとのリレーションシップを担当するコンサルティング企業としても活動。 2014 年からは、レユニオン地域圏および WWF との共催によるエコ・スポーツイベント「パンダスロン」も開催。 ル・コルドン・ブルー https://www.cordonbleu.edu/japan/home/ja   1895 年創立以来、ル・コルドン・ブルーはガストロノミー、ホスピタリティ、マネジメントにおける教育機関として 20 か国 35 校余りで展開、製品・サービスの開発や教育・研究の国際ネットワークを通じて、業界の発展に貢献。また、各種業界・高等教育機関との連携も行っています。スポーツ関連では、オーストラリアのル・コルドン・ブルー・シドニー校がニューサウスウェールズ州政府の要請により学校運営を開始し、インターナショナルスポーツイベントの準備としてケータリングスタッフのトレーニングを開始( 1996 )するなど、カリナリーアーツ・ホスピタリティ分野の人材育成で貢献しています。   企業の取材のご希望がございましたら、下記までご連絡ください。 プレスコンタクト                     フランス大使館貿易投資庁 - ビジネスフランス 担当者:相川千尋 Email : Presse.JP@businessfrance.fr        

仏領レユニオン島のアウトドアスポーツ「グラン・レイド」主催団体来日

Chihiro AIKAWA - 15-juin-2018 09:53:38

      仏領レユニオン島で開催される人気アウトドアスポーツ 「グラン・レイド」主催団体 グラン・レイド協会が来日 7 月 4 日~ 6 日     来る7月4日~6日、仏領レユニオン島で毎年開催されている トレイルランニング(未舗装の山野をフィールドとする中・長距離レース)「グラン・レイド」の主催団体である「グラン・レイド協会」が来日し、スポーツ関連の合同商談会 “ French Japan Sport Days ”に参加します。   今回はグラン・レイド協会会長ロベール・シコー( Robert CHICAUD )および同事務局長フレデリック・ベナール( Frederick BENARD )が、 協会のコミュニケーションおよびイベントパートナーとのリレーションシップを担当するイロップ・スポーツ社を伴って来日し、日本のトレイルランニング主催者等とのコラボレーションに向けたミーティングを行います。   グラン・レイドとは グラン・レイドとは毎年 10 月にインド洋に浮かぶ仏領レユニオン島で開催される トレイルランニングレースです。 中でも最も歴史ある「ディアゴナル・デ・フー」(愚か者たちの対角線)と呼ばれるレースは 170 キロメートル以上、累積標高差 10,000 メートル以上のコースからなる、世界で最も過酷なレースのひとつとして知られています。   コースは南部のサン・ピエールを出発点とし、島を対角線上に横切り、北部サン・ドニのゴールへと向かいます。参加ランナーは、ラ・フルネーズ火山や、ユネスコ世界遺産の圏谷群、希少な原生林などレユニオン島にきわめて特徴的な自然の中を駆け抜けます。   ディアゴナル・デ・フーはスポーツであるにとどまらず、レユニオン島の生活そのものに根差した、いわばレユニオン島のツール・ド・フランスのような存在です。数千人の観客が沿道からランナーに声援を送り、大会3日間の間、限界に挑む 2500 人のクレイジーなランナーの冒険を島中が見守ります。参加者の国籍は 30 か国近くにのぼり、世界中のメディアがレースの映像を配信しています。日本からの参加者もあり、 2017 年には奥宮俊祐氏が 10 位フィニッシュを果たし、日本人ランナーの最高順位を記録しました。   第 26 回大会は 2018 年 10 月 18 日~ 21 日に開催予定です(申し込みはすでに締め切られました)。 グラン・レイド協会とは ( Association Le Grand Raid ) 26 年前からレユニオン島でグラン・レイドを主催。多数の地元ボランティアの協力のもと、安全性の高い、環境に配慮したコース運営を行っています。 公式サイト: www.grandraid-reunion.com   イロップ・スポーツ社とは グラン・レイド協会のコミュニケーションおよびイベントパートナーとのリレーションシップを担当する仏領レユニオン島の 1999 年創業の企業。自社でもレユニオン島で開催される数々のトレイルランニングを主催し、「トロピカ・ダング」レースのような革新的なコンセプトのレースを企画しています。   このプレスリリースに関するお問い合わせ先 フランス大使館 貿易投資庁-ビジネスフランス 広報室 Mail : Presse.JP@businessfrance.fr   グラン・レイド協会のお問合せ先 Tel : +262 (0)2 62 20 32 00 Mail : info@grandraid-reunion.com 168 rue du Général de Gaulle 97400 Saint Denis – Ile de la Réunion            

貿易投資庁-ビジネスフランスとは
フランス貿易投資庁 - ビジネスフランス フランス貿易投資庁 - ビジネスフランスは、フランス経済の国際化を促進する政府機関です。 フランス企業の国際展開と貿易振興、また外国企業のフランス進出を支援します。 フランスの経済国としてのイメージ向上、特に地方や企業の魅力を伝える広報活動を推進し、フランス国際企業インターンシップ・プログラム( V.I.E )の発展も担います。 2015 年 1 月 1 日、対仏投資庁( AFII )とフランス企業振興機構(ユビフランス)の統合により「フランス貿易投資庁-ビジネスフランス」が発足しました。 世界 70 カ国に在外事務所を構え、 1500 人のスタッフが、国際的な官民ネットワークのもと活動し、企業へのサービスを提供しています。   コーポレートパンフレットはこちらよりダウンロード可能です。 Twitter では、最新の日仏企業ニュース、フランスビジネス環境、フランスのデジタル産業、テクノロジー、展示会情報などを配信しています。 https://twitter.com/BFrance_Japan  

もっと読む

    
    You Buy France 

    

    Vivapolis  

   

    Healthindustry

   

    Axema

Facebook
プレス、メディアギャラリー、資料