ニュース

Twitterで最新情報を配信しています @BFrance_Japan

業種別 ニュース検索

検索

フランス貿易投資庁-ビジネスフランス 日本事務所

第2回ボルドー&ボルドー・シュペリュールワイン ソムリエコンクール2018

Kaori SUENAGA - 29-mars-2018 09:54:13

      第 2 回ボルドー&ボルドー・シュペリュールワイン ソムリエコンクール 2018 エントリーのご案内 Concours 2018 de sommellerie Japon,   autours des appellations Bordeaux et Bordeaux supérieur     ボルドー & ボルドー・シュペリュールワイン生産者組合は、この夏、第 2 回目のソムリエコンクールを開催します。 このコンクールでは、未来を担うソムリエの皆さまに、ボルドー & ボルドー・シュペリュールワインの知識を一層深めていただくため、第 1 回コンクールの優勝者、井黒 卓氏による特別講義を開催します。 日本でより多くの方にボルドー & ボルドー・シュペリュールワインを身近に感じ、気軽に楽しんで頂けるよう、ソムリエの皆様が架け橋となって下さることを願っています。 皆様のご応募を心よりお待ちしております。   主催:ボルドー&ボルドー・シュペリュールワイン生産者組合 共催:在日フランス大使館貿易投資庁 - ビジネスフランス 後援:   一般社団法人 日本ソムリエ協会       n 日程 募集期間 : 2018 年 4 月 20 日(金) 10 : 00 ~ 6 月 15 日(金) 18:00 特別講義・予選 : 2018 年 6 月 27 日(水)  9:15 ~ 15:00 ( 講義 ) 、 15:30 ~ 16:30 ( 予選 ) 講師:一般社団法人 日本ソムリエ協会執行役員、第 1 回コンクール優勝者  井黒卓氏 決勝・表彰式 : 2018 年 7 月 24 日(火) 14 : 30 ~ 17:30 ( 決勝 ) 、 18:00 ~ 19:00 ( 表彰式 )       n 会場       在日フランス大使館内 東京都港区南麻布4-11-44 https://jp.ambafrance.org/article288     n 主なアペラシオン: ボルドー・ルージュ/ボルドー・シュペリユール・ルージュ/ボルドー・ブラン/ボルドー・シュペリュール・ブラン/ボルドー・ロゼ/ボルドー・クレレ/クレマン・ド・ボルドー   n エントリー資格 1.        ワインを中心とする種類、飲料、食全般の専門知識・テイスティング能力を有する方(一般社団法人日本ソムリエ協会認定が定めるソムリエ呼称資格認定の定義を満たす方。資格保有については問いません)であり、かつ現在日本のホテル、レストランなど飲料を提供する施設においてソムリエとしてサービスに従事している方 2.        将来にわたりソムリエとしての職務を遂行する意思を有する方 3.        45 歳以下        ※ 性別、国籍不問   n 参加費 無料  ※ 交通費自己負担     n 審査員 審査員長     森 覚氏(一般社団法人日本ソムリエ協会 常務理事 技術研究部長) 審査員         石田 博氏(一般社団法人日本ソムリエ協会 副会長) 佐藤 陽一氏(一般社団法人日本ソムリエ協会 理事) 岩田 渉氏(一般社団法人日本ソムリエ協会 執行役員、第 8 回全日本最優秀ソムリエコンクール優勝者) 井黒 卓氏(一般社団法人日本ソムリエ協会 執行役員、第 1 回本コンクール優勝者)       n 出席者(予定) ローラン・ピック 駐日フランス大使 ボルドー&ボルドー・シュペリュールワイン生産者組合     n 入賞賞品 【優勝】 ボルドー旅行(航空券、宿泊、ワイナリーツアー込み)、認定ディプロム 【準優勝】 ボルドー研修旅行(宿泊、ワイナリーツアー込み)、認定ディプロム 【 3 位】 ボルドーワイン、認定ディプロム (入賞商品は変更となる場合がございます)   n エントリー 受付開始: 2018 年 4 月 20 日(金) 10 : 00 受付終了: 2018 年 6 月 15 日(金) 18 : 00 下記フォームよりエントリーしてください。 https://goo.gl/qcU2Ej     定員  :40 名   * 定員以上の応募があった場合、先着順といたしますので、ご了承ください。     【注意事項】 ·        当コンクールのエントリーには特別講義の受講が必須です。尚、特別講義のみの受講や見学は、ご遠慮いただいております。 ·        当コンクールでのメインの使用言語は日本語ですが、英語もしくはフランス語で表現をしていただく場面がございます。 ·        特別講義及び試験の内容は、変更となる場合がございます。     n お問合せ先 BBS ソムリエコンクール運営事務局 Email : concoursbbs@businessfrance.fr Tel :03-5798-6133  

Immersion in French Industry -フランスの産業を芸術的視点から

Asako MATSUKI - 20-avr.-2018 08:00:56

フランス貿易投資庁-ビジネスフランスでは、フランスの産業と国内外で活躍するフランス企業を広く紹介する目的で、パリ第2大学の協力のもと、芸術的視点でインダストリー(産業)をとらえ、幻想的な世界を魅せるプロジェクトを立ち上げました。国際的に活躍し先端技術を誇るフランス企業、またフランスに拠点を置く海外の製造企業の生産現場をインスタグラムで活躍するフォトグラファーが旅行者が冒険をするような視点で撮影しました。 作品は フランス貿易投資庁-ビジネスフランスの公式インスタグラム で紹介していくとともに、パリをはじめとしたフランス国内外で展覧会の開催と写真集出版を予定しています。初の展覧会は、 2018年4月23~27日にドイツで開催される世界最大規模の産業見本市ハノーバーメッセ フランスパビリオン にて行われます。日本では、生産現場撮影に協力いただいた仏ウィーアーグループの東京オフィス:WEARE Pacific 東京ビルディング(東京都港区西麻布3-10-9)にて、4月27日(金)より一般公開をいたします。 撮影協力: 外資系企業:トヨタ自動車(Toyota Motor Manufacturing France)、アラガン(アイルランドの製薬メーカー)、伊パスタ製造バリラ、構造材料大手の米ヘクセル フランス企業:サフラン(防衛・航空・通信)、ナビヤ(自動運転バス)ESI(製造業向けバーチャルプロトタイピング)ADFグループ(航空宇宙・エネルギー)、WeAreグループ(航空・宇宙) Environnement SA(環境汚染のモニタリング機器) 撮影:Guillaume Flandre, Sidi Omar Alami, Madame Oreille, Yohan Terraza, William K フランスの「産業の未来」 経済と産業の活性化に向けて、フランス政府は「Industry of the Future (産業の未来)」という、ドイツのインダストリー4.0に匹敵する国家戦略をたちあげ、産業のデジタル化に取り組んでいます。具体的には、次世代交通網、IoT、新資源、将来性の高い医薬品、デジタルセキュリティ、スマートシティ、データエコノミー、健康食品、エコカーの9つの分野において「生産拠点の刷新と新生産技術の促進」「ビジネスモデル変革を促すデジタル技術のサポ―ト」「中小企業のエコシステム構築」を目標に掲げています。

仏カップ・アンファン グランフロント大阪 ナレッジキャピタルにて展示とデモンストレーションを実施

Chihiro AIKAWA - 17-avr.-2018 05:21:22

  外国語学習の準備のための乳幼児向け教育ツール開発企業 仏カップ・アンファン グランフロント大阪 ナレッジキャピタルにて展示とデモンストレーションを実施 オープニングセレモニー: 4 月 23 日 ( 月 )  展示期間: 4 月 23 日 ( 月 ) ~ @ グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル 「 The Lab. みんなで世界一研究所 」   フランスのカップ・アンファン( Cap Enfants )社は 4 月 23 日 ( 月 ) より、グランフロント大阪 ナレッジキャピタルにて、乳幼児向けのドーム型教育ツール「ミュージカル・バブル」 ( Bulle Musicale® ) を展示します。   音楽や音を通して、乳幼児のうちから世界に目を向け、外国語を学ぶ準備を 国際化が日常となった今日、未来をになう子供たちの教育が大きな関心を集めています。とりわけ、外国語教育と多文化教育は日本にとって重要な課題であり、こうした関心を背景に、 カップ・アンファンは知的創造・交流の場であるナレッジキャピタルにて、ミュージカル・バブルの展示をする運びとなりました。この展示はナレッジキャピタルの協力により、4月 23 日 ( 月 ) より開催されます。 ミュージカル・バブルは特許取得済みのユニークな教育ツールです。 10 平方メートルほどのドームは、さまざまな知覚を刺激します。子供たちはドームの中で、まるで世界一周旅行をするように世界中の多様な音を聞くことができます。これにより、将来の外国語学習の下地を作り、幼少期から文化の多様性に親しむことが可能になります。   ミュージカル・バブル:発見・共有・創造のためのスペース ミュージカル・バブルは、子供たちが聞き、記憶し、学んだことを再現し、夢を描く能力を育み、子供たちの想像力を刺激します。乳児であっても、さまざまな音や音楽を聴くことで、五感が刺激されます。 幼児の場合には、下記のさまざまなアクティビティが可能です。   ●多様な言語の童謡や数え歌を聴き、学ぶ ●さまざまなリズムに合わせてダンスを踊る ●世界中の楽器の多様性を学ぶ ●知らない動物の鳴き声を聞いて、区別ができるようになる ●未知の音に触れる   神経科学の専門家がすすめるツール 音楽と言語の脳内での処理には共通性があるため、ミュージカル・バブルが提供するアクティビティは子供たちにとって豊かな言語刺激となります。過去 11 年にわたりカップ・アンファン社内で蓄積された専門知識により、このような音楽的感覚の早期覚醒が子供たちの学習能力を高め、自信を与え、創造性と集中力を高めることがわかっています。ミュージカル・バブルのアクティビティを通して、子供たちは国際社会で成長する上でのまたとない強みを得ることができます。   イノベーティブな教育のための技術に裏打ちされたツール 良質の音響を提供するミュージカル・バブルは、子供たちの居心地のよさと安全を第一に設計されています:   ●音を忠実に再現するために考案された音響装置 ●赤ちゃんから幼児まで安心して使える、厚いマット敷きの床面 ●調光装置を備えた LED テープによる照明   ミュージカル・バブルの中では子供たち自身がさまざまな発見の主役です。壁面を飾る音符の裏側には圧力センサーが取り付けられており、音符のマークに触れることで子供たちは自分で好きなように映像や音を再生することができます。   この教育ツールは、乳幼児と音楽の専門家とのコラボレーションによりフランスで設計されました。ミュージカル・バブルのソフトウェアと情報システムはカップ・アンファン社のパートナ―企業であり、デジタルサービスを提供する多国籍企業アトス社によって最適化されています。   ミュージカル・バブルは4月 23 日 ( 月 ) から 大阪のナレッジキャピタルにて展示されます。お子様をお持ちの方や幼児教育の専門家の方のご来場をお待ちしています。 カップ・アンファン社とは カップ・アンファン社は現在の経営者であるクローディア・ケスピ₌ヤイにより、 2006 年に創業されました。企業内保育所の開設・運営を行う企業であり、同時にミュージカル・バブル( Bulle Musicale ® )という 国内外で特許を取得したユニークな製品を製造しています。フランス国内で5つの保育所を運営し、 100 人以上の従業員を雇用しています。ミュージカル・バブルは現在、フランス南部での実験的運用が始まり、商品化へ向けた第一歩を踏み出しました。日本での導入実績はまだないものの、カナダのケベック州やチリ、ドイツなどで関心を集めています。   オープニングセレモニー 日時: 4 月 23 日 ( 月 )   10 時~ 12 時 場所:ナレッジキャピタル The Lab. みんなで世界一研究所 2F (アクティブスタジオ)※展示は 3F となります    〒 530-0011 大阪府大阪市北区大深町 3-1  グランフロント大阪 北館 内  https://kc-i.jp/access/ 参加申込(英語): japon@bullemusicale.com ­        カップ・アンファン リサーチ&イノベーション担当 エステル ・ サレ ー( Estelle Salley )によるスピーチ ­        ミュージカル ・ バブル デモンストレーション セミナー後は同会場にて簡単な懇親会を行います。   4月 17 日 ( 火 ) ~ 23 日 ( 月 ) までエステル・サレー氏は大阪に滞在します。個別取材をご希望の方は下記までご連絡ください。   プレスコンタクト フランス大使館 貿易投資庁 - ビジネスフランス 東京事務所 広報室 Mail : Presse.JP@businessfrance.fr  

フランス経済の国際化に関する報告書 2017年

Asako MATSUKI - 06-avr.-2018 09:22:20

フランス貿易投資庁-ビジネスフランスは4月3日、2017年の対仏直接投資結果をまとめた「フランス経済の国際化に関する報告書」を発表しました。 2017年、外国企業による対仏投資プロジェクトは1,298件にのぼり(対前年比16%増、週平均25件のペースで投資プロジェクト成立) 、33,489人の雇用が維持・創出されました(参考:2016年のプロジェクト数1,117件、雇用数30,108人)。初めて対仏投資を行った企業数は412社にのぼり、全体の32%を占めました。プロジェクト全体の50%は新規拠点開設(対前年比14%増)、42%は既存拠点の拡張プロジェクトが占めました(対前年比22%増)。 日本は、65件の雇用創出プロジェクトを達成し、対仏投資国第5位を維持(中国と同位)、これにより1,926人の雇用創出・維持を記録しました。拠点の機能をみると、生産(32%)と意思決定機関(32%)で、その多くが初の対仏投資案件(28%)でした。産業でみると、全体の70%以上が製造業を占め、機械・機械設備(14%)が優勢でした。 日系企業による主要プロジェクト(2017): 富士通株式会社: フランスのデジタル革新を支援するイノベーションプロジェクトを立ち上げ、今後5年間で5千万ユーロ以上の投資を発表。 株式会社アシックス: オクシタニー地方、モンペリエ空港地域のモーギオに3万8千平米の物流拠点を新設する。2019年末の稼働、約100名の雇用を見込む。従業員の半数はガール県ガラルグ=ル=モンテュにある同社の物流拠点から移転する予定。 トヨタ自動車株式会社: オー=ド=フランス地方、ヴァランシエンヌ近郊オナンにあるトヨタモーターマニュファクチャリングフランス社の工場に3億ユーロの投資を発表。同工場の生産設備・技術刷新を順次すすめていく。臨時雇用の従業員300人を無期限雇用に再契約し、生産能力が年間30万台レベルに引き上がるタイミングで新たに400人を採用する予定。 サラヤ株式会社: グラン・テスト地方ムーズ県ヴェランスに本拠をおく洗浄剤衛生関連商品の仏メーカー、アヴニール・デテルジャンス社を買収。30人の雇用を維持。 日本電産株式会社: 2016年に買収した同社の仏子会社、日本電産ルロア・ソマーホールディング社が、PSAグループと自 動車用トラクションモータの開発・生産・販売をおこなう合弁会社設立に向けた契約を締結。出資額は2億2千万ユーロ にのぼり、日本電産ルロア・ソマー、PSA それぞれが50%ずつ出資する。新しい研究開発拠点は、イル=ド=フランス地 方キャリエール=ス=ポワシーにあるPSAグループのパワートレイン開発拠点内に設置され、2019年末の開業を目指す。100人の雇用創出。 調査報告書全文(英語) 日本の対仏投資(2017年) プレスリリース     2017年対仏直接投資の概要

IFF MAGIC JAPANにフランス企業12社が団体出展

Kaori SUENAGA - 28-mars-2018 07:42:03

  4 月 25 日から東京ビッグサイトで開催される IFF MAGIC JAPAN に、フランス企業 12 社が参加し、フレンチブランドのノウハウを披露します。この団体出展は、フランス企業の日本市場への関心の高まりを受け、フランス貿易投資庁 - ビジネスフランスが行う初めての試みです。   今回の IFF MAGIC JAPAN に は、靴 8 社、プレタポルテ 2 社、ファッションアクセサリー 1 社、カバン 1 社の総勢 12 社が参加し ます。フレンチ・ブランドが持つエレガンスと最先端のトレンドを携えて、各社、日本市場強化を図ります。   「フランス=ファッションの国」というイメージ通り、貿易高 1500 億ドルを上回る服飾産業は、フランスでも重要な分野のひとつです。また世界でも、革小物では第 3 位、ジュエリーでは第 8 位、プレタポルテでは第 10 位の輸出国です。 男女を問わずワードローブの重要なエレメントであるファッションアクセサリーに関しても、高級品のほとんどはヨーロッパ製、その中でもフランス製品が際立っています。この業界は、多くの中小企業で構成されており、それぞれの創造性を武器に、高い品質を特長としています。 一方、フランスの靴産業の市場規模は、およそ 8 億 3900 万ユーロ( 2017 年)であり、 2017 年の対日輸出高は 5100 万ユーロを上回り、前年度比 17 %増を記録しました。その 90 %が革靴で、男性用が 2300 万ユーロを占めています。日本に 50 万足以上のフランスの靴が上陸したことになります。   今回、 IFF MAGIC JAPAN に参加するフランス企業は、以下の 12 社です。    Fried Paris (フリード・パリ) : www.friedfreres.fr 出展ゾーン : Fashion Goods 100 年以上前にパリで創業した Fried Frères 社のファンシー・ジュエリーブランド。 Arsayo (アルサヨ) : www.arsayo.com   出展ゾーン: Bags ユニセックスの「都会派」リュックサック。安全性を考慮したジッパーのタグ(特許)や身体に負担を感じさせないデザインが特徴。 Frnch (フレンチ) : www.frnch.fr 出展ゾーン : Women’s 婦人服で 20 年以上の経験をもつフランクとクロエが 2013 年にパリで設立したブランド。ブランド名はフランク( FRN )とクロエ( CH )の二人の名前から。 Maison Colas (メゾン・コラス) 出展ゾーン: EDIT 素材と職人技にこだわったマリーンテイストのフレンチ・ブランド。クオリティ・デザイン・価格帯、すべて審査に通ったブランドのみが出展できる EDIT ゾーンにセレクト。             ANAKI (アナーキ) /Canal Saint Martin ( カナル・サンマルタン ) /Klom ( クロム ) : www.anakiparis.com www.canal-saint-martin.com   出展ゾーン : Footwear パリ・サンマルタン運河エリアを拠点とするメーカー、 EMY103 の婦人靴とスニーカーのブランド。 Cléon (クレオン) : www.cleon.com   出展ゾーン: Footwear 創業 1945 年。 70 年以上にわたる実績をもつフランスの主要靴メーカーの1つ。   Bagllerina (バグレリーナ) : www.bagllerina.com 出展ゾーン : Footwear 100 %革製の折りたたみ式バレエシューズ。 Bagllerina は「バッグの中バレリーナ」の意。 Méduse (メデューズ) : www.meduse.co   出展ゾーン: Footwear 1946 年にソフトプラスチック製のサンダルからスタートしたメデューズは、雨の日でも晴れの日でも楽しめるコレクションを提案。       M.Moustache (エム・ムスタッシュ) : www.m-moustache.com 出展ゾーン : Footwear 2013 年、 Who ’ s Next でベストブランド賞を受賞。 2016 年にはパリ・マレ地区に第1号店をオープン。 Karston (カルストン) : www.karston.fr   出展ゾーン : Footwear 1987 年創業の靴メーカー。フランス国内の自社アトリエですべてのモデルをデザイン・制作。 Morel & Gaté (モレル&ガテ) : www.lesrivesdunancon.com www.morelgate.com 出展ゾーン : EDIT 1886 年創業のフランス高級靴の最古のメーカーのひとつであるモレル&ガテが、 2016 年に復活。 EDIT ゾーンに登場。 Viagioia (ヴィアジョイア) : www.viagioia.com 出展ゾーン : Footwear パリでデザインされ、フランス国内の工場でハンドメイドされたバレエシューズ。 素材はヨーロッパおよび日本のものを厳選して使用。         IFF MAGIC JAPAN では、是非、フレンチ・エレガンスをご体験ください。 東京ビッグサイト 西館   企業からのお問い合わせ先 フランス大使館貿易投資庁-ビジネスフランス 担当者:宮井那緒子 Email : naoko.miyai@businessfrance.fr  プレスコンタクト                     フランス大使館貿易投資庁-ビジネスフランス 担当者:末永かおり Email : kaori.suenaga@businessfrance.fr   URL : http://www.youbuyfrance.com/jp/    

世界最大の産業見本市 ハノーバーメッセ2018 “産業の未来”を代表するフランス企業が出展

Chihiro AIKAWA - 26-mars-2018 08:40:36

  2018 年 4 月 23 日~ 27 日、ビジネスフランスと産業の未来アライアンス( AIF )は、ドイツのハノーバーで開催される世界最大の産業見本市ハノーバーメッセ内のホール 8 「 Digital Factory 」と「 Integrated Automation, Motion & Drive 」部門にフランスパビリオンを出展します。同パビリオンでは、フランス産業のイノベーションや、産業の未来を担うフランス企業のクリエイティビティやノウハウを紹介します。   ハノーバーメッセでは産業部門の世界的な変化にともない、3年ほど前から展示会場内の多くのホールで生産チェーンのデジタル化や環境効率性向上という「産業の未来」のためのテクノロジーが紹介されてきました。フランスはこうした大きな変化の重要性を早くから認識しており、今やこの分野で世界をリードする国のひとつとなりました。 2018 年 4 月 23 日から 27 日まで開催されるハノーバーメッセで、ビジネスフランスは上記分野における選りすぐりのテクノロジーをご紹介します。   総面積 350m 2 におよぶビジネスフランスのパビリオン内には、「産業の未来」のためのソリューションや製品を提供する企業が結集する地方団体や、産業分野を代表するフランス企業、革新的な中小企業、 Bpifrance (フランス公的投資銀行)による French Fab* が出展します。   2017 年に引き続き出展するオー₌ド₌フランス地域圏に加え、今年はペイ・ド・ラ・ロワール地域圏もビジネスフランスパビリオンに参加します。また、 Bpifrance (フランス公的投資銀行)も今回初めてブース内で企業を紹介します。   ビジネスフランス主催の各種イベントについて ビジネスフランスはその国際ネットワークを生かし、 すでに未来の産業のための戦略を策定している下記4か国との2国間交流促進デーを4日間にわたり開催します。   4月 23 日(月)フランス・イタリアデー 4月 24 日(火)フランス・ドイツデー(協力:在仏ドイツ商工会議所) 4月 25 日(水)フランス・アメリカデー(協力:アメリカ合衆国商務省) 4月 26 日(木)フランス・日本デー(協力:ダッソー・システムズ)   このイベントの目的は、主要国の需要を把握し、産業の未来と各国が推進するイニシアティブとのシナジー効果を促進すること、ならびに産業の未来関連分野におけるフランス企業と外国企業のもっとも象徴的な協力関係にスポットライトをあてることです。カクテルネットワーキングとパビリオン参加企業のピッチセッションも毎日開催予定です。   フランス・日本デー「産業の未来についての日仏間セミナー」プログラム @ ホール8 フランスパビリオン 10 : 00 ~ 11 : 30  セミナー v   開会のご挨拶 セバスティアン・ヴィセンテ フランス貿易投資庁―ビジネスフランス 東京事務所 上席貿易担当官 v   日仏二国間の公的機関パートナーシップのご紹介 v   フランスにおける産業の未来 タール・メリティ氏 産業の未来アライアンス 専務理事 v   日本における産業の未来 久保智彰氏 ロボット革命イニシアティブ協議会 事務局長 v   産業のルネサンスおよび未来における労働力 小木郁夫氏 ダッソー・システムズ株式会社 ディレクター、パブリックアフェアーズ 11 : 30 ~ 12 : 30  懇親会   セミナーは事前登録が可能です。ご希望の方は下記までご連絡ください。 フランス大使館貿易投資庁 - ビジネスフランス 広報担当:相川千尋 Email : chihiro.aikawa@businessfrance.fr   2017 年の様子   ホール8「 Digital Factory 」内フランスパビリオン出展団体および企業   è    ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏 ( www.agence-paysdelaloire.fr ) からは、同地域圏が推進する「未来の工場」計画においてオーダーメイドの革新的技術ソリューションを提供する6社の中小企業が参加します。 ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏は今回のハノーバーメッセだけではなく、同地域圏内においても、産業の未来関連分野に注力しています。同地域圏は造船業や海洋再生可能エネルギー分野での高い競争力をほこり、航空産業(民間航空機製造で国内2位)やリサーチ&イノベーション部門(「テクノキャンパス」と呼ばれる5つの研究所のネットワーク、フランス初のテクノキャンパス IRT ジュール・ヴェルヌ、競争力拠点のダイナミックなネットワーク)に多くの強みを持ち、活力ある「スマートファクトリー」( VR 、 AR 、ロボット工学、協働ロボット研究、 AI 、マシン・ラーニングと AI を利用したものづくり「マニュファクチャリング・ラーニング」)を地域圏内に展開し、未来の産業を支えています。 French Fab の各県ごとのクラブがはじめて結成されたのも、ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏の企業を中心としてでした。未来の中小企業モデルの発展を目指そうという同地域圏の意欲はこうしたことにもよく表れています。 出展企業 : 競争力拠点 EMC2 , IRT JULES VERNE , PARADE PROTECTION, PRODUCTYS , RH RACCORD , VISIO NERF .     è    オー ₌ ド ₌ フランス地域圏 ( www.hautsdefrance.fr ) からは3企業が出展し、そのノウハウを披露します。 今回の団体出展は同地域圏の企業および企業家にとって、産業の未来に関わるアクターとして、製品やノウハウ、事業を紹介することのできる絶好の機会です。地域圏にとっては、企業活動がしやすい地方というイメージや、産業の未来に関して地域圏が提供する設備・施設やインフラストラクチャーなどの強みをアピールし、また投資家や購買・調達担当者、パートナーに向けて地域圏の政策を周知し、関係を深める機会でもあります。 出展企業 : FONDERIES DE SOUGLAND , PROSYST , UBIKEY .     è    Bpifrance (フランス公的投資銀行) ( www.bpifrance.fr ) は、今回初めてハノーバーメッセに出展し、製造業のソリューションを提供する中小企業 15 社を紹介します。 Bpifrance は、近 年変化の著しい製造業における最新テクノロジーを 発掘するための「アクセレレーター」計画から誕生した中小企業 40 社に対し、各社に最適化した事業計画を考案しました。 2017 年には、とくに未来の産業分野に向けたサービスを通して、 10,200 社を超える製造業分野の中小企業に 50 億ユーロ規模の投資をしています。       è    単独出展の中小企業7社 : ADDUP , 2B1ST CONSULTING , BUY MANAGER , GROUPE ADF , MONIXO , PREDICT , SCORTEX .   ホール 27 「水素関連産業」内フランスパビリオン出展団体および企業 ブルゴーニュ₌フランシュ₌コンテ地域圏の展示スペースに出展する 10 社を含む 19 社のフランス企業が、ホール 27 に出展し、エネルギーシフトのための水素ソリューション開発促進を目指すさまざまなアクターとの商談にのぞみます。フランスパビリオンにはオーヴェルニュ₌ローヌ₌アルプ地域圏の競争力拠点 TENERRDIS も出展します。 * French Fab ( フレンチファブ)とは 2017 年秋に始動したフレンチファブは、フランス産業の近代化と変革に向け、フランス国内に展開する製造業者や生産拠点をまとめることを目的につくられました。「産業の未来」戦略もフレンチファブの一環をなしています。このラベルはビジネスフランス、産業の未来アライアンス、 Bpifrance (フランス公的投資銀行)、地域圏、産業分野の連盟や連合体などフランスのさまざまなアクターによって活用されています。 プレスコンタクト                     フランス大使館貿易投資庁 - ビジネスフランス 広報室 Email : Presse.JP@businessfrance.fr   URL   : http://www.youbuyfrance.com/jp/     https://twitter.com/BFrance_Japan  

ESI、溶接解析ソリューションの最新版SYSWELD 2017をリリース

Chihiro AIKAWA - 26-mars-2018 08:13:25

      製造業向け バーチャルプロトタイピング ・ソリューションの先駆者でありソフトウェア・サービスのプロバイダーである、 ESI グループ が、溶接・組立て・熱処理用ソフトウェアソリューションの最新版 SYSWELD2017 をリリースいたしました。 ESI SYSWELD は、溶接(アーク、電子ビーム、レーザー、摩擦攪拌、スポット溶接)および熱処理(浸炭、浸炭窒化、焼入れ)シミュレーション用の製品の中で最も高精度な有限要素解析( FEA )のマルチフィジックスソフトウェアです。 SYSWELD は、溶接による製品の強度、耐久性等、溶接品質を予測可能です。 各製造プロセスで発生する影響を次の工程に移行できる SYSWELD は、溶接・組立産業部品製造のための真のエンドツーエンドの予測ソリューションです。   これらのユニークな機能によって、自動車・重工・航空等産業メーカーは、製品開発のコストと時間を削減し、プロセスの自動化と最適化を実現できます。例えば、ブラジルの大手バス製造業者 COMIL 社は SYSWELD を使用して、バスの扉フレームの溶接と組立てで生じる寸法の歪みを予測し、改善することができました。 COMIL 社のエンジニア Thiago Sotilli 氏は次のように述べています。「様々な溶接シーケンスを予測することができるので、溶接時の歪みを予測するのに大いに役立ちました。短時間で高精度の結果が出て飛躍的な技術の向上につながり、以前は仕様に合わず廃棄していたプロトタイプや材料コストが削減されました 」           ESI は、今回リリースする最新版 SYSWELD 2017 で溶接と熱処理のシミュレーション機能を強化し、プロセスの実現可能性と安全性の確保、材料特性と残留応力の制御、また溶接によっておきる歪みを許容範囲内に抑えることによって、製品の性能を向上させます。新たに提供するメッシュ作成機能により、溶接や熱処理専用のメッシュを作成する時間を大幅に短縮させることができます。マルチパス溶接への対応を強化した SYSWELD 2017 は 、各溶接工程の間のパス間温度を自動制御し、相分率や応力を直接制御できるため、部品の整合性を高めることができます。最新版は、スペーサを使うスポット溶接、摩擦攪拌溶接や浸炭窒化などの新しい製造プロセスにも対応します。 1 つのシミュレーションパターンで使用したデータを他のパターンにスマートに移行できる新機能によって、製造プロセス全体のシミュレーションが可能になり、性能の向上を図ることができます。さらに、超大型モデルの処理や出力ファイルサイズの最小化など SYSWELD の新しいコア技術によって使いやすさも 改善しています。   SYSWELD 2017 は、ボディ生産工場の組立てシミュレーションのために新たな拡張機能を提供します。自動車産業向けに 2 年間の開発を重ねた結果、成形 - 溶接 - 組立ての全工程のシミュレーションをモデル化し、自動車ボディ生産工程において迅速に変形を評価することを実現します。これにより、連続的な組立プロセスの間で生じる力学的負荷の影響や溶接による熱の作用を考慮に入れて、溶接の加熱および冷間による組立部品の寸法の狂いを制御することができます。このように、実物プロトタイプを作成する前段階から物理的にリアルな仮想部品を使ってバーチャルな製造・組立て・試験を行うことができ、製造プラン・予備試験・プロセス検証にかかるコストと時間を削減することができます 。   SYSWELD 2017 による自動化と最適化によって、 造船業では、 溶接に伴う歪みの抑制や防止にかかるコストと時間を大幅に削減することができます。新たなソフトウェアの開発により、造船産業で一般的な厚みのあるパネルとマルチパス溶接を使った大型溶接組立品における歪みの制御が確実にできるようになりました。工場生産をターゲットとするソフトウェアは、直感的なわかりやすいインターフェースを使って溶接シーケンス計画を最適化し、専用の自動メッシュ機能とモデルの簡単なセットアップが可能です。製造エンジニアは歪みの主な原因となっている溶接を迅速に特定し、シーケンス、クランプ、予熱などの様々なプロセスのパラメータを調整し、その効果を確認することができます 。     v   SYSWELD に関する詳しい情報は こちら をご覧ください(日本語)。 v   ESI 関連ニュースに関しては、 こちら をご覧ください。       ESI グループ について ESI Group は、「材料物理学」を重視した革新的なソリューションおよびサービスを提供する『バーチャルプロトタイピング』のリーディングカンパニーです。物理的な試作と実験を仮想的な設計・製造・アセンブリ・試験・評価に置き換え可能とする独自のソリューションを開発してきました。 今日の最新技術を駆使した ESI のバーチャルプロトタイピングは、製品の使用開始から寿命にいたるライフサイクルでの性能評価を課題とする、より広いコンセプト: Product Performance Lifecycle ™を提唱します。それは、シミュレーション・物理学・データ分析を活用し Hybrid Twin ™を作成することで、よりスマートに製品を開発し、その実製品とのつながりを保ち、製品使用期間全域での性能予測とメンテナンス必要時期の予期を可能にします。 ESI Group は NYSE ユーロネクスト(コンパートメント B )に上場しているフランス企業です。世界 40 カ国以上のお客様ニーズに応えるため、全世界で 1,200 人以上のスペシャリストを雇用し、 2016 年には 1 億 4,100 万ユーロの売上を計上しています。               日本イーエスアイ 問合せ先 日本イーエスアイ株式会社営業本部 〒 169-0074  東京都新宿区北新宿 2-21-1   新宿フロントタワービル 28F Tel: 03-5331-3832   Fax: 03-5331-3836   e-mail: marketing@esi.co.jp http://www.esi.co.jp    

貿易投資庁-ビジネスフランスとは
フランス貿易投資庁 - ビジネスフランス フランス貿易投資庁 - ビジネスフランスは、フランス経済の国際化を促進する政府機関です。 フランス企業の国際展開と貿易振興、また外国企業のフランス進出を支援します。 フランスの経済国としてのイメージ向上、特に地方や企業の魅力を伝える広報活動を推進し、フランス国際企業インターンシップ・プログラム( V.I.E )の発展も担います。 2015 年 1 月 1 日、対仏投資庁( AFII )とフランス企業振興機構(ユビフランス)の統合により「フランス貿易投資庁-ビジネスフランス」が発足しました。 世界 70 カ国に在外事務所を構え、 1500 人のスタッフが、国際的な官民ネットワークのもと活動し、企業へのサービスを提供しています。   コーポレートパンフレットはこちらよりダウンロード可能です。 Twitter では、最新の日仏企業ニュース、フランスビジネス環境、フランスのデジタル産業、テクノロジー、展示会情報などを配信しています。 https://twitter.com/BFrance_Japan  

もっと読む

    
    You Buy France 

    

    Rail industry 

   

    Vivapolis  

   

    Healthindustry

   

    Axema

          
   
Facebook
プレス、メディアギャラリー、資料