パリ、ユーロ圏の金融市場でトップ

Asako MATSUKI - 28/06/16

今年の2月にKPMG が発表したバロメータによれば、パリは外国の投資受入れ都市として上位を維持し、経済・金融都市としての地位を再び確実なものとした。パリは、ユーロ圏で第1位の金融市場であり、オフィス物件の収容数では欧州都市第1位(オフィス物件占有面積5300万㎡)、特に欧州トップのビジネス地区、ラ・デファンスに限れば、オフィス占有面積300万㎡、3600社、18万人が勤務している。英国のEU離脱が話題となるなか、欧州各都市がEU圏の投資先としてのメリットを強くアピールしている。

パリ・リージョン・エンタープライズへの東洋経済のインタビュー「英EU離脱なら仏の海外企業誘致には追い風だ」はこちら http://shikiho.jp/tk/news/print/0/124133

投資先としてのパリの魅力について(英文)
http://invest.businessfrance.fr/mediatheque/paris-region-kit/?lang=en

タグ: パリ
ダウンロード: ダウンロード可能ファイルなし
コメント
貿易投資庁-ビジネスフランスとは
フランス貿易投資庁 - ビジネスフランス フランス貿易投資庁 - ビジネスフランスは、フランス経済の国際化を促進する国の機関です。 フランス企業の国際展開と貿易振興、また外国企業のフランス進出を支援します。 フランスの経済国としてのイメージ向上、特に地方や企業の魅力を伝える広報活動を推進し、フランス国際企業インターンシップ・プログラム( V.I.E )の発展も担います。 2015 年 1 月 1 日、対仏投資庁( AFII )とフランス企業振興機構(ユビフランス)の統合により「フランス貿易投資庁-ビジネスフランス」が発足しました。 世界 70 カ国に在外事務所を構え、 1500 人のスタッフが、国際的な官民ネットワークのもと活動し、企業へのサービスを提供しています。 コーポレートパンフレットはこちらよりダウンロード可能です。 Twitter では、最新の日仏企業ニュース、フランスビジネス環境、フランスのデジタル産業、テクノロジー、展示会情報などを配信しています。 https://twitter.com/BFrance_Japan  

もっと読む

    
    You Buy France 

    

    Rail industry 

   

    Vivapolis  

   

    Healthindustry

   

    Axema

          
   
Facebook
プレス、メディアギャラリー、資料