新技術 イノベーション サービス産業

米ラスベガスCES  フレンチテックパビリオン出展

Chihiro AIKAWA - 05-déc.-2017 08:24:04

          米ラスベガス CES 25 社のスタートアップがフレンチテックパビリオンに出展 2018 年 1 月 9 日~ 12 日 ブース番号: Eureka Park   50626   2018 年 1 月 9 日 ( 火 ) ~ 12 日 ( 金 ) 、米ラスベガスにて開催される CES ( International Consumer Electronics Show / 国際家電見本市 ) のフレンチテックパビリオンに出展するスタートアップ 25 社が選出されました。 5 年連続でフランス貿易投資庁 - ビジネスフランスが主催する フレンチテックパビリオン は、エウレカ パーク (Eureka Park) 50626 ブースを中心に展開されます。 この世界が注目する家電見本市 CES には、昨年、世界各国から 17 万人が来場し、 3900 社あまりが出展しました。   専門家からなる審査員によって 100 社以上のフランス企業の中からもっとも有望なスタートアップとして選出された 25 社が、今後のテクノロジーのトレンドを紹介します。 CES は、まさに最新デジタル製品の世界的なショールームです。スタートアップ企業にとって、この展示会に出展することは、メディアに取り上げられるまたとないチャンスです。コネクテッドデバイス、ペットテック、 VR 、 3D アバター、インテリジェントごみ分別ロボット、触感を再現するハプティクススクリーン、ビューティ IoT など…。この CES 2018 では、フランスのスタートアップ各社は、フランス色で彩られた FrenchTech バナーを掲げます。   「 CES に来場するデシジョンメーカーに関心を持っていただけるように、私たちは、実際に国際的な発展が期待でき、また加速的にビジネス展開が可能な、革新的な企業を優先しました。展示会の効果を最大限に享受するために、ラスベガスで展示されるプロトタイプは年内に入手可能なものに限っています。家電を扱うスタートアップにとって、 CES は、こうした企業の世界市場への夢を実現する第一歩なのです。」(ビジネスフランス、フレンチテックパビリオン担当責任者、トマ・ドゥルヴリエ)   前回の CES では、フランスは、アメリカ、中国に次ぐ第 3 の参加国でした。参加スタートアップの企業数では、アメリカに次ぐ第 2 位( 200 社)で、以下のイスラエル、韓国、中国を大きく上回りました。このデータは、フレンチテックの成熟したエコシステムを反映しており、世界中で評価の高いフランスのエンジニアやデザイナー、数学者らの手腕によってもたらされたものです。   以下、ビジネスフランスがフレンチテックパビリオンでサポートする 25 社のスタートアップです。     -   AirNodes ( コネクテッドデバイスをデザイン。スマートミラー Anna を出展 )   -   Aurasens ( 音楽とマッサージを融合した新しいアームチェア )   -   Blade ( クラウドを使ったハイパフォーマンス バーチャル PC サービス Shadow)   -   CamToy ( 留守中の飼い主と愛犬の双方向コミュニケーションを可能にするスマートロボット Laïka)   -   Catspad ( 猫用スマートフード・ウォーターディスペンサー )   -   Caveasy ( 家庭用ワインストック管理アプリケーション )   -   Energy Square ( 置くだけで同時に複数のスマホやタブレットを充電できる導電性ワイヤレス充電パッド )   -   eXsens ( フィットネス、健康 / 医療、ファッション( E コマース)、広告、ゲーム等に応用可能な 3D アバター )   -   Green Creative ( 飲料容器をリアルタイムに分別、圧縮、回収のモニタリングまで行うインテリジェントごみ箱 R3D3)   -   Hap2U ( スクリーン上での新しいタッチインターフェースやユーザーエクスペリエンスを可能にするハプティクス テクノロジー )   -   Shapeheart ( 心拍数を計測するスポーツ用アームバンド )   -   Jagger & Lewis ( 犬用スマート首輪 )   -   Joy ( 幼児が時間の感覚や毎日の習慣を身に着けるためのアイコン表示機能付き子供用スマートウォッチ OCTOPUS)   -   Lancey Energy Storage ( 節電を可能にするバッテリー内蔵ヒーター )   -   Lovebox ( 恋人や家族へのラブメッセージを伝えるためのコネクテッド メッセンジャー・ボックス )   -   MainBot (7-10 歳の子供向け教育用スマートロボット Winky)   -   Miraxess ( スマホをノート PC に換える Book 型エクステンション Mirabook)   -   myBrain Technologies ( ストレスレベルを感知して、状態に合わせた音楽を流すヘッドフォン )   -   R-Pur ( バイク / 自転車ライダー用公害対策マスク )   -   Romy Paris ( ひとりひとりの肌に合わせた基礎化粧品を生成するテクノロジー )   -   Snips (IoT デバイス、自動車、スマートホーム等に組み込み可能な音声アシスタントミドルウェア及びプラットフォーム )   -   Team8 ( 自分だけのスーパーヒーローと、遊びながら身体を鍛える 5-12 歳の子供向けスマートウォッチ )   -   Timescop e ( 観光地で時代を遡った情景を体験することができる設置型 VR ビューワ― )   -   Unistellar ( 光の増幅と AR インターフェースを応用したコンパクトなスマート天体望遠鏡 )   -   Vandelay ( スマホアプリでデータアクセス権管理やファイル転送ができる新世代 USB キー Lokly)   中でも、 CamToy 、 Lancey Energy Storage 、 myBrain Technologies 、 R-Pur 、 Unistellar の 5 社は、 CES Unveiled Paris にて « CES Innovation Award » を受賞しています。 この CES Unveiled は、次の CES で発表されるいくつかのイノベーションを先行してお披露目する公式イベントです。今年の 10 月から 1 月にかけて、パリ - アムステルダム - ニューヨーク - ラスベガスと、ヨーロッパからアメリカまで巡回しています。   また同時に、ビジネスフランスは、約 10 社の若手企業からなる « Family & Friends » と称したデレゲーションを組んでおり、この世界的な家電展示会 CES で総勢 35 社のフランス企業をサポートします。その他にも多くのフランス企業の参加が期待され、前回の 260 社余りを上回る企業がフレンチテックの旗を掲げ、ヨーロッパ最大のデレゲーションを構成することとなるでしょう。   詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。 http://events-export.businessfrance.fr/ces/     CES フレンチテックパビリオン担当者 ( 現地 英語対応 ) : Business France Thomas Delouvrier ( トマ・ドゥルヴリエ ) – thomas.delouvrier@businessfrance.fr   Maxime Sabahec ( マクシム・サバエック ) – maxime.sabahec@businessfrance.fr     このプレスリリースのお問合せ先 フランス大使館貿易投資庁 - ビジネスフランス  相川 千尋 (広報担当) Mail : Presse.JP@businessfrance.fr  電話 : 03-5798-6127      


VC投資で記録を伸ばすフランス

Asako MATSUKI - 22-nov.-2017 02:34:22

CB Insightsによる、フランスのベンチャーキャピタル投資動向についての最新レポート(Tech Funding Trends In France Q3 2017)によれば、2017年第3四半期末時点で、投資件数523件、総額26億ドルに達したことが明らかになった。投資件数では対前年比42%増、投資額で79%増を記録している。投資件数でフランスは英国に引き続き2位、その後ドイツが続き、投資額では第3位の座につくなど大いに健闘している。現時点で2017年調達金額最高額はIoTネットワークを提供するSigfoxのライバル企業、Actilityで2017年4月に7000万ユーロを調達している。フランスがこの勢いで躍進を続ければ、2017年末時点でのVC投資総額は35億ドルに達する見込みであり、対前年比75%増という大きな成果を達成することになる。 仏スタートアップ調達金額ランキングTOP10(2017年1~9月)はこちら: ◾Actility (7000万€) ◾Oodrive (6500万€) ◾Manomano (6000万€) ◾Ivalua (5900万€) ◾Vestiaire Collective (5800万€) ◾Blade/Shadow (5100 万€) ◾Younited Credit (4000万€) ◾Vivet Therapeutics (3750万€) ◾Guest to Guest (3300万€) ◾Frichti (3000万€)、HR Path (3000万€)、SendinBlue (3000万€) Tech Funding Trends In France Q3 2017。レポート全文はこちら: https://www.cbinsights.com/research/report/french-tech-q3-2017/


フレンチテック東京総会開催

Asako MATSUKI - 26-oct.-2017 09:08:38

  10 月 25 日、フランス大使公邸にて、初のフレンチテック東京総会が開催され、政府、企業、在日のスタートアップら関係者が一堂に会するなか、日本における活動内容の報告が行われました。総会第二部として、提携関係にある日本のパートナー 3 者:ハードウェア・スタートアップを支援するものづくり施設 DMM.make AKIBA 、京都で IoT スタートアップを支援する Makers Boot Camp 、起業家や技術者のグローバル展開をサポートする 大阪イノベーションハブ ( OIH ) からの発表、活発な 意見交換ののち、ネットワーキングレセプションでは日仏スタートアップ界のさらなる交流が深められました。日本国内でのフレンチテックのさらなる発展を目指し、エコシステムの一層の連携強化を図ります。


仏独スタートアップ政策の比較レポート

Asako MATSUKI - 19-oct.-2017 07:22:03

  2013 年末、フランス政府は、スタートアップ、企業、ベンチャーキャピタル、研究開発センター、メディア、公的機関などのネットワーク形成の促進を目指し、スタートアップ成長支援イニシアチブ「 La French Tech (フレンチテック)」の推進を決定しました。世界のイノベーション先進都市でハブを形成し、仏スタートアップの国外進出(東京は 2015 年 10 月にスタート)、国外のスタートアップ誘致を推進しています。パリでは 7 月に 1000 社のスタートアップが収容可能な大型インキュベーション施設 StationF がオープンするなどフランスのスタートアップを取り巻く環境は日々改善しています。 「欧州の産業デジタル化をめぐる潮流 — スタートアップの成長と老舗企業の変革 — 」  三井物産戦略研究所 産業調査第二室 酒井三千代氏のレポートでは、フランスとドイツのスタートアップ支援政策の比較や、老舗企業がスタートアップの強みを生かして進化する例が取り上げられています。どうぞご参照ください。レポート全文はこちら: http://www.mitsui.com/mgssi/ja/report/detail/1224672_10674.html  


フレンチテックツアー2017

Kaori SUENAGA - 18-oct.-2017 07:49:14

          FRENCH TECH TOUR フレンチテック ツアー  2017 2017 年 11 月 9 日~ 10 日(ソウル)、 13 日~ 15 日(東京)、 16 日~ 17 日(台北) Orange Fab Asia Fall 2017 Demo Day 11 月 14 日 ( 火 ) 15 時~       フレンチテック ツアー 2017 が、 11 月 9 日から 17 日まで、ソウル、東京 台北を巡り、情報通信分野におけるフランス企業と日・韓・台湾企業とのビジネス・リレーションを目指します。第 7 回目を迎える今回は、フランスから IoT  、 AI 、フィンテック分野などで革新的な技術を持つ 9 社のスタートアップ企業が来日します。   フレンチテック ツアーには、北東アジア市場でのポテンシャルや技術レベルを認められた企業が事前に選出され、参加します。企業の選出は、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ、サムスンや ASUS といった、日本・韓国・台湾の大手企業をはじめとする各市場ニーズを熟知する専門家パネルが行います。日本の専門家パネルは、前述の株式会社エヌ・ティ・ティ・データのほか、在日フランス企業のブイグアジア、 LM3Labs 、 Next Level Japan その他 IT エキスパートらで構成されています。 詳しくは以下のフレンチテック ツアーサイトから “OUR EXPART PANEL” をご覧ください。 http://events-export.businessfrance.fr/frenchtechtour-asia/   参加フランス企業の大部分にとって、今回のフレンチテックツアーは日本・韓国・台湾でのパートナーシップあるいは製品販売のための最初のステップとなります。同ツアーのメリットは日韓台のリーダー企業や投資家にフランススタートアップの高い技術力を紹介するだけにとどまらず、参入が難しいと言われるこれらの市場へ、ツアー参加企業が実際に進出し、プレゼンスを向上する可能性があるという点です。   今回選出され来日するスタートアップ企業は以下の 9 社です。 フレンチテック ツアー東京 参加企業:(詳細は 参加企業リスト をご覧ください。 ) EDEVICE, GLOBAL EXAM, GO TOUCH VR, IVALUA, KERLINK, PROVE&RUN, QUANTCUBE TECHNOLOGY, SNIPS, TEMPOW   参加フランス企業 9 社 は、Orange Fab Asia Fall 2017 Demo Dayに参加し 、 日本の IT 企業関係者や投資家ら との交流を図ります。   【 Orange Fab Asia Fall 2017 Demo Day 】 ・日時 : 2017 年 11 日 14 日(火) 14:30 開場、 15:00 開始 ~ 21:00 終了、 20:00 頃より懇親会 ・場所 : 弊社オフィス 〒 160-0022 新宿区新宿 3-1-13  京王新宿追分ビル 9F ・参加費用: 無料 ・ 参加のお申し込み:以下のフォームよりご登録ください。   https://goo.gl/forms/6oLr3nbct9asrPSH3   ※席数に限りがございます。満席となった場合には、お申込みを締め切りとさせていただきます。   ・プログラム 15:00  スタートアップ プレゼンテーション(英語) Orange Fab Asia (東京・ソウル・台北) 全 16 社 韓国 G-CCEI アクセラレータープログラム参加チーム 17:20  オーディエンス賞の発表 17:30   French Tech Tour10 社、 France Travel Tech4 社 プレゼンテーション 19:10  スタートアップ ブース展示・デモンストレーション プレゼンテーションをする全社 20:00  懇親会 (ブース展示も並行して行います) 21:00  終了予定        フレンチテック ツアー について フレンチテック ツアーは、在日フランス大使館貿易投資庁 - ビジネスフランス東京事務所とビジネスフランス ソウル事務所 台湾事務所が主催するフランス企業支援プログラムです。各市場の大手企業を含むエキスパートらが、新たな技術調達先となりそうなフランス企業を選出し、ターゲット市場でビジネスミーティングを展開します。このフレンチテック ツアーは、アメリカ市場での成功をきっかけに、 2011 年以来、毎年日本で開催され、翌 2012 年からは韓国へまた 2014 年からは台湾へと拡大してきました。日本の大手企業とフランスの革新的な企業との出会いを実現し、これまで具体的なビジネス・リレーションへと導いてきました。     「フレンチテック東京」 について スタートアップ企業の経済的価値と雇用創出への貢献を見据えたフランス政府は、 2013 年末、これら企業の発展を支援する「 La French Tech (フレンチテック)」の推進を決定しました。国外では世界のイノベーション先進都市において展開され、フランス企業のこれら都市への進出および外国スタートアップ企業のフランス進出を支援するものです。 2015 年 6 月にニューヨークで始動した 「 French Tech NEW YORK CITY 」 に続き、 「 フレンチテック東京 」は 2015 年 10 月 5 日に スタートしました。 公式サイト: http://tokyo.lafrenchtech.com/        企業からのお問合せ先 フランス大使館 貿易投資庁 - ビジネスフランス 東京事務所 林 薫子 Tél. : + 81(0)3 57 98 61 11 Mail : kaoruko.hayashi@businessfrance.fr   報道関係者からのお問合せ先 フランス大使館 貿易投資庁 - ビジネスフランス 東京事務所 末永かおり Tél. : + 81(0)3 57 98 61 28 Mail : kaori.suenaga@businessfrance.fr             


経済同友会によるStation F視察

Asako MATSUKI - 13-oct.-2017 02:34:41

  10 月 2 日、経済同友会による欧州ミッションが行われ、フランス貿易投資庁 - ビジネスフランスのサポートにより、 今年 6 月 29 日に開所したばかりのスタートアップキャンパス、 Station F を見学に訪れました。   日本の経済界トップからも注目を浴びる Station F は、アール・フレシネ (Halle Freyssinet) 駅舎をリノベーションした 3 万 4000 平方メートルにおよぶ世界最大規模のインキュベーション施設です。 3000 を超えるスタートアップを収容するワークスペースや最新のオフィス設備に加え、レストランやイベントスペースも併設されています。マイクロソフトやフェイスブックなどの企業が参画するプログラムやイベントが行われ、起業家同士だけでなくベンチャーキャピタルや投資家との盛んな交流を提供する画期的なエコシステムとなっています。 現在フランスではこうしたスタートアップ向けエコシステムの構築が積極的に行われ、海外の人材や企業、投資の誘致につながることが期待されています。   Station F 公式サイト https://stationf.co/   フランスのスタートアップについての資料はこちら(英語)  


フレンチテック関連イベントのご案内

Asako MATSUKI - 12-oct.-2017 04:26:42

10/17 (火) Orange Fab Asia にて、ヨーロッパにおけるスタートアップ向け誘致策をテーマとしたイベント「ヨーロッパに行こう! How to expand into Europe for Japanese startups - Orange Fab Asia Meetup #5 」が開催されます。フランス貿易投資庁 - ビジネスフランスからは、フレンチテックビザ、フレンチテックチケットなどフランスのスタートアップ支援策についてプレゼンを行います。欧州進出のためのノウハウや有益な情報を共有する機会として、ぜひご活用ください。 プログラム   18:00  会場オープン 18:30-18:45  オープニング、 Orange Fab Asia の紹介 18:45-19:15   How to expand into Europe   Natalie Meyer 氏(東京エスク) ヨーロッパ各国大使館による Pitch Battle ! 19:15-19:25  イギリスのスタートアップ誘致について  Colin Mason 氏(英国大使館 国際通商省 テクノロジー・スペシャリスト) 19:25-19:35  オランダのスタートアップ誘致について  Pieter van den Berg 氏(オランダ大使館  Trade Secretary ) 19:35-19:45  休憩 19:45-19:55  フランスのスタートアップ誘致について 佐分 希久子(フランス大使館 ビジネスフランス日本事務所 対仏投資担当官 ITC ・エレクトロニクス・デジタルコンテンツ産業担当) 19:55-20:25   Cerevo のヨーロッパ戦略とフランスの IoT 市場動向 美谷 広海氏( Cerevo) 20:25-21:30  懇親会               なお、参加ご希望の場合は、下記サイトから事前登録をお願いいたします。奮ってのご参加お待ちしております!   http://peatix.com/event/300920


貿易投資庁-ビジネスフランスとは
フランス貿易投資庁 - ビジネスフランス フランス貿易投資庁 - ビジネスフランスは、フランス経済の国際化を促進する政府機関です。 フランス企業の国際展開と貿易振興、また外国企業のフランス進出を支援します。 フランスの経済国としてのイメージ向上、特に地方や企業の魅力を伝える広報活動を推進し、フランス国際企業インターンシップ・プログラム( V.I.E )の発展も担います。 2015 年 1 月 1 日、対仏投資庁( AFII )とフランス企業振興機構(ユビフランス)の統合により「フランス貿易投資庁-ビジネスフランス」が発足しました。 世界 70 カ国に在外事務所を構え、 1500 人のスタッフが、国際的な官民ネットワークのもと活動し、企業へのサービスを提供しています。   コーポレートパンフレットはこちらよりダウンロード可能です。 Twitter では、最新の日仏企業ニュース、フランスビジネス環境、フランスのデジタル産業、テクノロジー、展示会情報などを配信しています。 https://twitter.com/BFrance_Japan  

もっと読む

    
    You Buy France 

    

    Rail industry 

   

    Vivapolis  

   

    Healthindustry

   

    Axema

          
   
Facebook
プレス、メディアギャラリー、資料