ニュース

Twitterで最新情報を配信しています @BFrance_Japan

業種別 ニュース検索

検索

フランス貿易投資庁-ビジネスフランス 日本事務所

Cosmoprof Bologna 2018 日仏交流カクテル・ネットワーキング

Asako MATSUKI - 20-févr.-2018 08:38:34

フランス貿易投資庁-ビジネスフランスは、イタリアにて開催予定のCOSMOPROF BOLOGNA(美容関連見本市)に今年もフランスパビリオンを出展、60社以上のフランス企業が参加します。会期中の3月16日(金)18時より、フランスパビリオンにて日仏交流カクテル・ネットワーキングを開催いたします。出展者の中で特に日本企業とのビジネス交流、日本への展開に関心を持つ企業が参加を予定しております。フランスパビリオン参加者と意見交換いただく場として是非ご活用いただきたく、ご案内申し上げます。日本からご来場のバイヤーの皆様のご参加をお待ちしております。 ■ 日時 : 2018年3月16日(金)18時~ ■ 場所 : Cosmoprof Bolognaフランスパビリオン ■   展示会公式サイト: http://www.cosmoprof.com/cosmoprof/cosmoprof-worldwide-bologna/ ■   フランスパビリオンカタログ : http://export.businessfrance.fr/Galerie/Files/Divers/Catalogue-exposants-Cosmoprof-Cosmopack--Bologne-2018.PDF 参加ご希望の方は、 添付の申込用紙 にて3月2日(金)までにe-mailまたはFAXにてお申し込みください。 奮ってのご参加を心よりお待ちしております。 お問い合わせ先 フランス大使館貿易投資庁-ビジネスフランス 貿易担当官 椎名 三花子                   TEL : 03-5798-6118(直通) E-mail : mikako.shiina@businessfrance.fr

FOODEX JAPAN 2018フランスパビリオンにてワークショップを開催

Chihiro AIKAWA - 19-févr.-2018 07:19:45

    フランス貿易投資庁 - ビジネスフランスは、 3 月 6 日~ 9 日まで幕張メッセで開催される第 43 回 FOODEX (国際食品・飲料展)に、総面積 700m 2 のフランスパビリオンを出展します(ホール 3 、ブース No.3C01 )。フランスパビリオンには初出展のおよそ 30 社を含む、 70 社近くのフランス企業が出展します。   フランスパビリオン出展企業は こちら をご覧ください。       French Tasting Room (フレンチ・テイスティング・ルーム) 今回は初の試みとして、フランスパビリオン内にフレンチ・テイスティング・ルームを開設します。フレンチ・テイスティング・ルームでは会期中毎日、試食・試飲つきのワークショップを開催し、フランスパビリオン出展のワイン・スピリッツおよび食品をご紹介します。ワークショップでは専門家の方をお招きし、それぞれの製品の特徴や歴史についてご説明いただきます。   フランス産食材・ワイン・スピリッツをお試しいただくまたとない機会です。ぜひ、お申込みの上、ご参加ください。各回とも申込先着順で定員( 16 名)になり次第締め切らせていただきます。   フレンチ・テイスティング・ルーム概要 ワークショップ プログラム 日時 テーマ 3 月 6 日  10 : 30 ~ 11 : 30 食品:フランス流の朝食を楽しみましょう! 3 月 6 日  12 : 00 ~ 13 : 00 食品:フランスの家ごはん。 3 月 6 日  14 : 00 ~ 15 : 00 ワイン:シャンパーニュ! 3 月 6 日  15 : 30 ~ 16 : 30 ワイン:ヴァン・ナチュール、テラヴィティス、有機栽培ブドウのワイン、ビオディナミワイン 3 月 7 日  10 : 30 ~ 11 : 30 食品:フランス流の朝食を楽しみましょう! 3 月 7 日  12 : 00 ~ 13 : 00 食品:フランスの家ごはん。 3 月 7 日  14 : 00 ~ 15 : 00 ワイン:『ロゼ』―次にくるワイン 3 月 7 日  15 : 30 ~ 16 : 30 スピリッツ:フレンチ・スピリッツのオリジナリティ 3 月 8 日  10 : 30 ~ 11 : 30 食品:フランス流の朝食を楽しみましょう! 3 月 8 日  12 : 00 ~ 13 : 00 食品:フランス流の調味料とドレッシング 3 月 8 日  14 : 00 ~ 15 : 00 ワイン:注目のメダル受賞ワイン 3 月 8 日  15 : 30 ~ 16 : 30 ワイン:多彩なボルドーワインを味わう 3 月 9 日  10 : 30 ~ 11 : 30 食品:フランス流の朝食を楽しみましょう! 3 月 9 日  12 : 00 ~ 13 : 00 ワイン: 注目のメダル受賞ワイン 3 月 9 日  14 : 00 ~ 15 : 00 ワイン:スウィート・ワイン:甘口、ミディアム・スウィート、ヴァン・ドゥ・ナチュレル     お申込み方法 下記の web サイトよりお申し込みください。 http://bit.ly/2EuNn9p * 事前登録制。   * 各回とも申込先着順で定員( 16 名)になり次第締め切らせていただきます。 * ワークショップ開始5分前までにフレンチ・テイスティング・ルーム(ホール 3 、 3C01-C01 ブース)までお越しください。5分前までにお越しいただけない場合は登録をキャンセルさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。 * 業界関係者およびメディアの方を対象としています。一般の方のお申し込みは受け付けておりません。   FOODEX JAPAN 2018 (国際食料・飲料展) 日時: 2018 年 3 月 6 日(火)~ 9 日(金) 10 時~ 17 時(最終日は 16 時半終了) 場所: 幕張メッセ  https://www.m-messe.co.jp/access/ 公式サイト  : http://www.jma.or.jp/foodex/   フランスパビリオン: ホール 3 、 3 C 01 ブース

ローヌ・ヴィニョーブル 14生産者合同ワイン試飲会

Kaori SUENAGA - 19-févr.-2018 04:11:36

      ローヌ渓谷に沿って北から南まで、 14 ドメーヌが来日し、未輸入とすでに日本で購入可能なワインを生産者が直接ご紹介します。 1990 年に結成されたRhôe Vignobles (ローヌ・ヴィニョーブル)は、ワイン造りをこよなく愛する 14 の作り手集団で、自らを音楽を愛するミュージシャンのように The Winegroover と表現し、こだわりのワインを作り続けています。この貴重な機会を お見逃しなく!       対象:ワインインポーター、ワイン関係従事者限定  参加申し込み方法:  WEB での申し込み⇒ http://bit.ly/2C3xHvV   FAX での申し込み⇒ こちら  締め切り: 3 月 12 日(月)     【注意事項】 ・当日は、お名刺を2枚ご用意ください。 ・未成年、一般の方の入場は出来ません。  ・輸入、仕入れを目的としたプロの方対象の試飲会です。目的に沿わない場合はご来場をお断りする 場合がございます。  ・お車でのご来場はご遠慮ください。  ・貴重品、所持品等の紛失、その他事故等につきまして主催者側は一切の責任を負いかねますので、 あらかじめご了承下さい。  ・今回頂きました情報は、本催しに関する諸手続きとビジネスの目的のために使用させて頂きます。    お問い合わせ:フランス大使館貿易投資庁-ビジネスフランス担当:木曽 / 峯 TEL:03-5798-6121/6125Email: agrotech.japon@businessfrance.fr       

プロヴァイン2018 フランスパビリオンに860社が出展

Chihiro AIKAWA - 09-févr.-2018 09:34:09

        3 月 18 日~ 20 日にデュッセルドルフで開催されるワイン&スピリッツ業界の国際展示会、第 25 回プロヴァイン( Prowein )にフランスパビリオンが出展し、 860 社のワイン&スピリッツ生産者・ネゴシアンを紹介します。   ビジネスフランスがプロヴァインにフランスパビリオンを出展するのは今年で2年目です。ホール 11 および 12 にまたがるおよそ 6,500m2 の広さがあるフランスパビリオンで、フランス全土から参加する 860 社のフランス企業をご紹介します。パビリオンには Made in France, Made with Love のロゴを掲げ、世界各国から来場する 58 , 500 人のビジターを迎えます。   #BonjourProWein ショールーム(ブース番号: 11 A159 ) 今回初の試みとして、プロヴァインに先立って行われた ドイツ、ベルギー、スウェーデンの3か国 での試飲会で選ばれた 100 アイテムのワイン&スピリッツを #BonjourProWein ショールームでご紹介します。 未知のワインや生産者と出会うまたとない機会です。ぜひお立ち寄りください。   フランスパビリオン特設サイト開設 今回のイベントに合わせビジネスフランスは、出展者情報の閲覧や各社への商談の申し込みを行うことが可能な特設サイトを開設しました。各社の紹介や出展ワイン情報も公開しています。 フランスパビリオン特設サイト: www.frenchpavilionbybusinessfrance.com/prowein2018   昨年、合計 150 万回の閲覧回数を記録したフランスパビリオン SNS キャンペーンを本年も引き続き行います。 ハッシュタグ #BonjourProWein で情報を発信します。ぜひご覧ください。   フランスパビリオンには、下記の業界団体や生産者団体の協力のもと、さまざまな地方の企業が出展します。 ·          アルザス地方 :アルザスワイン委員会 ·          ブルゴーニュ・フランシュ = コンテ地方 :ブルゴーニュ・フランシュ = コンテ商工会議所 ·          ボルドー地方、南西地方:新アキテーヌ食品局 (AANA) ·          ロワール地方: Dev’up 、フード・ロワール ·          ローヌ地方:インターボジョレ、インターローヌ、オーヴェルニュ・ローヌ・アルプ・グルマン ·          オクシタニー地方:インターオック、シュッド・ド・フランス開発局 ·          プロヴァンス地方:プロヴァンスワイン委員会 ·          コルシカ地方:コルシカワイン評議会 ·          複数の地方を統括・連携:ヴァン・ド・フランス委員会 (Anivin) 、フランス・ヴァン・ビオ   近年、フランスワインは若い世代のワイン生産者や女性、スタートアップの活躍により、再び盛り上がりを見せています。また、生産者はトレーサビリティや自然さ、消費者との距離の近さにこだわり、社会の要請にこたえるよう努めています。 プロヴァインではまだ見たことのない新しい製品がきっとみつかります。ぜひフランスパビリオンまでお越しください。   フランスパビリオン特設サイト : www.frenchpavilionbybusinessfrance.com/prowein2018 ビジネスフランス展示ブース:ホール 11 、 A 160 ブース(フランスパビリオン内)   プレスコンタクト                     フランス大使館貿易投資庁 - ビジネスフランス  Email : Presse.JP@businessfrance.fr     URL : http://www.youbuyfrance.com/jp/       https://twitter.com/BFrance_Japan    

愛知・名古屋国際ネットワーク 「欧州経済フォーラム」

Asako MATSUKI - 09-févr.-2018 05:34:04

2 月 8 日、名古屋国際交流懇談会実行委員会主催による「欧州経済フォーラム」 にて、フランス大使館 貿易投資参事官 貿易投資庁 - ビジネスフランス 日本・北東アジア地域代表のパスカル・ゴンドランは、日仏の経済パートナーシップについて講演を行いました。 同委員会は、愛知県・名古屋市・名古屋港管理組合・名古屋商工会議所・中部経済連合会によって構成され、中部地方の国際化の進展や関係各国と当地域のネットワークづくりをすすめています。 昨年 7 月に日 EU 経済連携協定 (EPA) 交渉が大枠合意に至った欧州主要 6 カ国(ベルギー、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、英国)の代表がそれぞれ講演を行いました。 フランスからは、最優先課題とされるフランスのイノベーション、大統領が公約に掲げて積極的に推進する労働法・税制改革、日仏の強固な経済関係、日系企業のフランス進出動向についてご紹介させていただきました。   配布資料「なぜフランスに投資するのか?」はこちらよりご覧ください。    

リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー記者発表会開催

Chihiro AIKAWA - 02-févr.-2018 08:46:03

    株式会社レーサム(東京都千代田区霞が関 3-2-1 、以下レーサム)は、 2018 年 3 月 24 日(土)、フランス・パリにある「リベルテ・ラ・パティスリー・ブーランジェリー( LIBERTÉ LA PÂTISSERIE BOULANGERIE )」(以下リベルテ)の世界展開 1 号店を、東京都・吉祥寺にオープンします。   2013 年、パリ 10 区にオープンしたリベルテは、どこか懐かしさを感じさせる素朴な見た目とシンプルで飽きのこない優しい味で、パリの人々を魅了しています。伝統的な製造方法を守りながらも、若手も含め職人同士が互いの意見を尊重し、お菓子作りの繊細さを軸にした丁寧なものづくりを心がけています。お客様に毎日食べて欲しいという想いから生み出されるスイーツやパンは、店内にある工房で作った安全でフレッシュなもののみを提供しています。   そのリベルテの東京店オープンに先駆けて、来る 2018 年 2 月 22 日(木)、在日フランス大使館において、プレスの皆様・フランスに携わる皆様をお招きし記者発表会と試食会を開催いたします。当日は、創設者でオーナーのミカエル・ベニシューが来日・列席します。みなさまとコミュニケーションをとる貴重な時間であり、リベルテの味を体験していただけるまたとない機会になります。万障お繰り合わせのうえ、ぜひご出席賜りますようお願い申し上げます。 - 記 - 日時: 2018 年 2 月 22 日(木) 11 : 30 ~ 13 : 00 ( 11 : 15 受付開始) 場所:在日フランス大使館 アトリウム会議室                            東京都港区南麻布 4-11-44             リベルテの魅力 パリの本店は全面ガラス張りで、ショーケースはもちろん、スイーツやパンを作っている工房もオープンになっており、若手職人が生き生きと働き、チームワーク良く仕事に取り組む様子がお客様にも伝わります。店舗は、老若男女を問わず、スイーツやパンを求める人でいつもにぎわっていて、町の人々から愛されている様子がうかがえます。商品は、どれも伝統的なパティスリーやブーランジェリーのレシピを守りつつ、現代のライフスタイルに合わせて送り出されるものです。とりわけ、リベルテの看板商品である「タルトシトロン」や「タルトタタン」といったトラディショナルなメニューは、懐かしさと新しさを兼ね備え、シンプルで素朴でありながら何度でも食べたくなる味として人気です。また、自家製天然酵母から作られるパンの数々は、味わい深く、日々の食事には欠かせません。人々の日常生活に溶け込み、人々の生活に寄り添うパティスリー・ブーランジェリー、それがリベルテなのです。   東京店について 海外1号店となる東京店は、吉祥寺にオープンします。古くからの住宅街が残り、老舗の飲食店や百貨店があるかと思えば、おしゃれなカフェやブティックも建ち並ぶ多様な魅力を有する街は、常に「住みたい街」のトップランクに入る人気エリアです。その吉祥寺でリベルテが目指すのは、「 100 年前からそこにあるかの ような、親近感のある店」。創設者であるミカエルは「パリ同様、日本でも地域に愛され、吉祥寺の人たちの生活に根ざした店にしたい」と言います。そして東京店では、 リベルテとしては初めてのカフェスペースを設け、ここでしか食べられないオリジナルメニューを召し上がっていただくこともできます。 パリ本店と同様、 「透明性」「親近感」「品質」を大切に、みなさまの日常生活をよりおいしく彩るスイーツとパンを提供して まいります。     【店舗情報】 店名                        リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー                                     LIBERTÉ PÂTISSERIE BOULANGERIE 運営会社      株式会社レーサム  www.raysum.co.jp/ 住所                        東京都武蔵野市吉祥寺本町 2-14-2 開業予定日 2018 年 3 月 24 日 ( 土 ) URL                         www.libertejapon.com Facebook      www.facebook.com/LiberteJapon/ Instagram      www.instagram.com/LiberteJapon/   ※ 2 月 13 日(火)までに、下記までメールにてお申し込みください。   Presse.JP@businessfrance.fr    ※お席に限りがございますため、返信期限を過ぎてのご返信、規定数を超えた場合には、  お断りさせていただくこともございますので、ご了承ください。 ※一般の方のお申し込みはお断りさせていただいております。              

Choose Franceサミット開催

Asako MATSUKI - 23-janv.-2018 02:58:30

22日、エマニュエル・マクロン大統領、エドゥアール・フィリップ首相など政府関係者臨席のもと、世界で最も影響力のある企業経営者ら140名以上がヴェルサイユ宮殿に招聘され、フランス経済に変革をもたらすための戦略について意見交換を行いました。 本サミットでは、フランスの大規模な経済改革に向けての意見交換、フランスのビジネス環境にかかわる主な立役者と面会し、フランスの労働市場の柔軟化、企業にとって有利な税制改革など、すでにフランス政府が取り組んでいる改革について言及しました。 また、社会の変革、経済変革の過程、すでに予定されている改革、イノベーションに有利なビジネス環境、海外のスタートアップや優秀な人材の誘致、などをテーマに、双方向の意見交換、テーマ別ワークショップが催されました。 詳細については、プレスリリース英語版をご確認ください。 データファイル"Why invest inFrance?"も併せてご覧ください。    

貿易投資庁-ビジネスフランスとは
フランス貿易投資庁 - ビジネスフランス フランス貿易投資庁 - ビジネスフランスは、フランス経済の国際化を促進する政府機関です。 フランス企業の国際展開と貿易振興、また外国企業のフランス進出を支援します。 フランスの経済国としてのイメージ向上、特に地方や企業の魅力を伝える広報活動を推進し、フランス国際企業インターンシップ・プログラム( V.I.E )の発展も担います。 2015 年 1 月 1 日、対仏投資庁( AFII )とフランス企業振興機構(ユビフランス)の統合により「フランス貿易投資庁-ビジネスフランス」が発足しました。 世界 70 カ国に在外事務所を構え、 1500 人のスタッフが、国際的な官民ネットワークのもと活動し、企業へのサービスを提供しています。   コーポレートパンフレットはこちらよりダウンロード可能です。 Twitter では、最新の日仏企業ニュース、フランスビジネス環境、フランスのデジタル産業、テクノロジー、展示会情報などを配信しています。 https://twitter.com/BFrance_Japan  

もっと読む

    
    You Buy France 

    

    Rail industry 

   

    Vivapolis  

   

    Healthindustry

   

    Axema

          
   
Facebook
プレス、メディアギャラリー、資料