ニュース

公式Twitterアカウントオープンしました  @BFrance_Japan

業種別 ニュース検索

検索

フランス貿易投資庁-ビジネスフランス 日本事務所

日仏企業セミナー「Forum Japon ジャパンフォーラム」のご案内

Asako MATSUKI - 27-mai-2016 08:15:59

フランス貿易投資庁-ビジネスフランスは、6月24日(金)、パリ本部にて、対仏投資日系企業および対日投資フランス企業向け合同セミナー「ジャパンフォーラム」を開催します。日仏両国におけるイノベーション振興策をテーマにパネルディスカッションを行い、日系企業向けに、駐在員に適用される滞在許可証やビザ、労使税務改革について解説いたします。また、法律専門家との個別相談の機会も設けております。直接専門家に相談できるこの機会を是非ご利用ください。 ■ 日時 : 2016年6月24日(金)9時~ ■ 会場:フランス貿易投資庁-ビジネスフランス、パリ本部 (77 Boulevard Saint-Jacques 75014 Paris) ■ 会場へのアクセス :  Business France, 77 boulevard Saint Jacques, 75014 PARIS 公共交通機関最寄り駅 : Metro 6 (Denfert-Rochereau ou Saint-Jacques) もしくは Metro 4 (Denfert-Rochereau) RER B (Denfert-Rochereau) – バス  38, 68, 88   プログラム詳細につきましては、こちらをご確認ください。   参加ご希望の方は、 申込書をこちらよりダウンロードいただき 、メールにてフランス貿易投資庁-ビジネスフランス、パリオフィス利根川まで( Satoka.TONEGAWA@businessfrance.fr ) ご返信ください。 奮ってのご参加を心よりお待ちしております。 ※本セミナーへの参加は投資企業の方に限らせていただいております。また、 会場の収容人数の関係上、遅れてのお申込みの場合にはお断りさせていただくこともございます。予めご了承ください。  

《Paper Trail》THIBIERGE PARIS – Le Carnet ローンチ発表会

Chihiro AIKAWA - 27-mai-2016 05:25:55

  フランスの高級紙ブランド Thibierge (ティビエルジュ)が、世界最軽量のライティングペーパーを用いた手帳にアプリを連動させました。この高級スマート手帳「 Le Carnet (ル カルネ)」のローンチ発表会 « PAPER TRAIL» を、 6 月 9 日、在日フランス大使館にて開催いたします。       フランスからデザイナーの  Emeric Thibierge (エメリック・ティビエルジュ)が来日し、ノートブックコレクション「 Le Carnet (ル カルネ)」および専用のスマホアプリに関するプレゼンテーションを行います。     詳細は以下のリンクよりご覧ください。   http://bit.ly/1qWIcHt         ―記―   日時: 2016 年 6 月 9 日(木) 14 : 00-17 : 00   受付開始: 14 : 00     プレゼンテーション: 14 : 30   /   16 : 00   会場:在日フランス大使館 1階会議室「アトリウム」   東京都港区南麻布 4-11-44         参加ご希望の方はご希望の回を明記のうえ、下記までご連絡ください。   フランス大使館 貿易投資庁-ビジネスフランス  プレス担当 相川千尋   Email : chihiro.aikawa@businessfrance.fr Tel. : + 81(0)3 57 98 61 27 / Fax : + 81(0)3 57 98 60 81  

InnoTrans 2016 フランス・パビリオン出展

Chihiro AIKAWA - 27-mai-2016 05:03:26

          InnoTrans 2016 常に最前線を行くフランス鉄道関連企業 パビリオン出展 ドイツ、ベルリン  9 月 20 日~ 23 日     ビジネスフランス―フランス経済の国際化を促進する国の機関―は、鉄道産業の国際見本市 InnoTrans (イノトランス)展においてフランスを代表する鉄道関連企業を集めてパビリオンを主催します。 95 社の出展企業のうち約 3 割が初出展で、それぞれの製品、サービス、ノウハウを紹介します。多くの企業の所属するクラスターや地域も共同参加します。フランス・パビリオンはホール 3.2 、 11.2 、 26b を占め、全展示面積は 1,700m 2 です。約 90 社が各自のブースを設け、フランス企業の活躍をアピールします。   この展示会では、産業界とハイテク分野から 5 団体がスポンサーとなり、ビジネスフランスと協力してフランスのノウハウを紹介します。オンボード電子装置のリーダー CENTRALP (www.centralp.fr) 、鉄道車両の保守を専門とする CIM グループ (www.cimgroupe.com) 、運転シミュレータの設計製作分野を代表する CORYS (www.corys.com) 、ディスクブレーキとブレーキブロックの施工の専門家 FLERTEX (www.flertex.fr) 、オンボード電子システムのエンジニアリングを専門とする NEXTER ELECTRONICS (www.nexter-group.fr) です。   フェール・ド・フランス(フランス鉄道産業協会) とのパートナーシップ 今回の フランス・パビリオンは前回に引き続きビジネスフランスとフェール・ド・フランスのパートナーシップのもと出展されます。フェール・ド・フランスは 2012 年に創設され、政府、管轄機関、旅客・貨物運送業者、インフラ管理者、エンジニアリング産業界および協会など公民にわたる鉄道関連の組織が広く加盟する業界団体です。推定売上額 300 億以上、約 30 万人が働く鉄道業界を代表する団体です。   フェール・ド・フランスは、フランス鉄道業界全体の優れた業績と技術力をグローバルなビジョンの実現とフランス国内外での高い目標の達成に活用するという使命に基づき、フランス・パビリオンへ参加します。クラスター、大学、各種学校、技術開発研究機関などの業界パートナーの組織を有効に活用しようとしています。また、エネルギー転換、気候変動対策に取り組み、クリーンな輸送形態への移行を重要な課題と受け止め、消費エネルギー、渋滞解消、インフラとスペースの利用という点で最も効率的な輸送形態である鉄道への転換を積極的に進めています。   この目的のため、フェール・ド・フランスはフランス鉄道業界の製品やサービスを国際的に宣伝するウェブサイト www.french-rail-industry.com をビジネスフランスと共同で展開しています。英語によるこのサイトでは、この分野の事業活動を促進し、対外ビジネスにおけるフランス企業の傑出した業績の一部を紹介するとともに、フランス鉄道関連企業に関わる一年間の重要なイベントの告知も掲載しています。海外の発注者はフランス企業のプロフィールから希望する取引先を探し、専用のリンクから直接企業に連絡をとることができます。   フランス・パビリオン参加企業向け、中小・中堅企業最優秀賞コンテストの開催 ビジネスフランスは、新技術・新製品の販売促進の支援のため、フランス・パビリオンに参加する企業を対象とした中小・中堅企業優秀賞コンテストを今回初めて開催します。すでに選定は始まっており、まず機械部品分野からスタートして、次に電子システムと安全技術の分野を対象とする予定です。   フランス鉄道業界の強み フランスの出展企業の経験と知識、技術的な能力、イノベーション力により、フランスの鉄道産業は国際的に高く評価されています。売上高は世界第三位、ヨーロッパではドイツに次ぐ第二位です。 1500 の企業が活動し、売上総額 40 億ユーロ以上、そのうち輸出が 12 億ユーロを占めています。フランスの優れた産業分野として世界でよく知られており、その様々な職種において世界トップレベルの企業を擁しています。   InnoTrans 展のフランス・パビリオンの出展企業はこの産業分野のあらゆるカテゴリーにわたりますが、なかでも代表的なものは、車両機械部品( 45% )、車両整備( 17% )、インフラ( 14 % )、車両搭載電子システム( 12 % )などです。   海外の業界関係者は、フランス鉄道業界の製品やサービスを国際的に宣伝するウェブサイト www.french-rail-industry.com でフランス鉄道産業の比類ないノウハウを今すぐ知ることができます。展示会場では、ホール 3.2 スタンド 301 、ホール 11.2 スタンド 110 、ホール 26b スタンド 115 でお待ちしています。     フランス貿易投資庁-ビジネスフランスについて フランス貿易投資庁 - ビジネスフランスは、フランス経済の国際化を促進する政府機関です。フランス企業の国際展開と貿易振興、また外国企業のフランス進出を支援します。 フランスの経済国としてのイメージ向上、特に地方や企業の魅力を伝える広報活動を推進し、フランス国際企業インターンシップ・プログラム( V.I.E )の発展も担います。 2015 年 1 月 1 日、対仏投資庁( AFII )とフランス企業振興機構(ユビフランス)の統合により「フランス貿易投資庁-ビジネスフランス」が発足しました。 世界 70 カ国に在外事務所を構え、 1500 人のスタッフが、国際的な官民ネットワークのもと活動し、企業へのサービスを提供しています。 詳細情報はウェブサイトをご参照ください。 www.businessfrance.fr   プレスコンタクト フランス大使館 貿易投資庁 - ビジネスフランス 東京事務所 貿易担当官 プレス担当 相川千尋 Tel. : + 81(0)3 57 98 61 2 7   /   Fax : + 81(0)3 57 98 60 81 Mail : chihiro.aikawa@businessfrance.fr 〒 106-8514 東京都港区南麻布 4-11-44              

革新的ドキュメント・トレーサビリティを実現したフランス・ベンダー、マジレム社 セミナーのご案内

Kaori SUENAGA - 26-mai-2016 03:23:22

            革新的ドキュメント・トレーサビリティを実現した 革新的ドキュメント・トレーサビリティを実現した フランス・ベンダー:マジレム社 セミナーと懇親会開催のご案内   <従来困難であったシステム設計の様々なドキュメントを 有機的にリンク及びトレーサビリティのソリューションを提供>       フランス大使館貿易投資庁-ビジネスフランスは、来る2016年6月21日(火)に、フランス発の革新的なツール提供会社 Magillem(マジレム)社のセミナーを下記の通り開催いたします。 本セミナーでは、各種電子デバイス搭載のシステム設計に関する様々なドキュメント(システム仕様書、各種設計データ、各種関連技術書)を有機的(ダイナミック、リアルタイム且つ双方向)に紐付けした環境を構築することによって、従来困難とされていた様々なソリューションを実現したツール群についてご紹介いたします。 この新たなソリューションを、急速に複雑化しているシステム(例えばIoTなど)構築にとって必須なものと認識し、採用・展開している顧客が増えておりますので、事例紹介も合わせてご紹介いたします。 またセミナー後は、軽食とお飲みものをご用意し、懇親会のお時間を設けておりますので、情報交換やネットワーキングにご活用ください。           -    記    - · 日時: 2016年6月21日(火)       セミナー 14:30 - 16:00 (受付開始 14:15)       懇親会 16:00 - 17:45 · 会場: フランス大使館 会議室 (港区南麻布4-11-44) · 定員: 40名 (事前登録制) · 参加費:無料 · プログラム: 添付のプログラムを御参照下さい。 なお会場のフランス大使館のセキュリティの関係上、事前登録が必要になりますので、 参加希望の方は6月10日(金)までに下記までご連絡いただけますようよろしくお願いいたします。 ご登録いただいた方に当日の参加証をお送りいたします。 参加お申込み先: フランス大使館貿易投資庁-ビジネスフランス 企業担当  林 薫子      Tel 03-5798-6111    kaoruko.hayashi@businessfrance.fr プレス担当 末永 かおり Tel 03-5798-6128    kaori.suenaga@businessfrance.fr  

音楽コンテンツ配信のフェイス、仏法人を設立

Asako MATSUKI - 25-mai-2016 09:52:54

デジタルサービスを通した音楽コンテンツ配信・音楽サービス提供する株式会社フェイスは、5月25日、フランスに現地法人Faith France, SASを設立し年6月1日から営業を開始すると発表した。欧州への音楽サービス提供を目指し、当初BGMを核とした店舗ソリューションサービス、FaRao PRO事業を開始し、グローバルなプラットフォーム展開を推進していく。 進出先のアンジェ市は、パリから高速鉄道TGVで1時間半に位置し、大学や高等教育機関と歴史的遺産を多く持ち、オペラや現代音楽の演劇公演・フェスティバルや、美術館や図書館などの文化施設も多く、西フランスの文化芸術を担う。2015年6月にはFrench Tech推進都市に選定され、IT化を積極的にすすめている。 同市でインターネット配信によるBGMを核とした店舗ソリューションサービスをすすめる。手始めに自治体と連携し公共施設でのサービスを開始、順次フランス国内の飲食店などにBGM提供を行いながら、店舗ソリューション事業や音楽サービスを展開していく。 企業の配信リリースはこちら: http://www.faith.co.jp/press/doc/20160525_faith-fr.html

フランス、投資受入れで欧州3位を維持

Asako MATSUKI - 25-mai-2016 09:02:54

5月23日、EY(アーンスト・アンド・ヤング)は投資先としての欧州魅力度調査結果を発表した。データは英コンサルティング企業オックスフォードが調査した対欧投資案件の発表にもとづいている。不況続きのなか、欧州42か国は5083件の投資を受け入れ、217666人の雇用を創出、対前年比14%増を記録した。 フランスは2015年の雇用創出投資プロジェクト受け入れで欧州第3位の地位を維持した。製造分野の投資案件に限れば、15年連続でフランスは欧州トップを維持している。研究開発分野の投資では欧州第5位、クリエイティブでイノベーティブな国としての地位を証明した。 EYの関連サイトはこちら(仏語のみ) (仏語) http://www.ey.com/FR/fr/Issues/Business-environment/ey-barometre-de-l-attractivite-france-2016 (英語) http://www.ey.com/GL/en/Issues/Business-environment/ey-2016-european-attractiveness-survey

プロヴァンス・ロゼの名門 シャトーミニュティー 日本発売記念イベント開催

Kaori SUENAGA - 24-mai-2016 11:46:36

  プレミアム・キュヴェのロゼワイン「シャトー・ミニュティー」が、 6 月 14 日より、サッポロビール株式会社から全国で発売されます。 この 新発売を記念したイベントが、 5 月 25 日(水)、フランス大使館にて 開催されました。   ビジネスフランス日本代表のパスカル・ゴンドランは、今後の市場拡大が期待されているロゼワインのトップキュヴェをサッポロビールが扱うことで、日本でのロゼの新たな発見につながるとして、今後の事業展開にエールを送りました。   また、シャトー・ミニュティーからオーナーのマトン氏、サッポロビールから取締役常務執行役員の時松氏、ワイン事業部 部長の西川氏をお迎えし、シャトー・ミニュティーの魅力、サッポロの事業戦略等が紹介されました。   販売に関する詳細は添付のサッポロビール株式会社のプレスリリースをご参照ください。    

貿易投資庁-ビジネスフランスとは
フランス貿易投資庁 - ビジネスフランス フランス貿易投資庁 - ビジネスフランスは、フランス経済の国際化を促進する国の機関です。 フランス企業の国際展開と貿易振興、また外国企業のフランス進出を支援します。 フランスの経済国としてのイメージ向上、特に地方や企業の魅力を伝える広報活動を推進し、フランス国際企業インターンシップ・プログラム( V.I.E )の発展も担います。 2015 年 1 月 1 日、対仏投資庁( AFII )とフランス企業振興機構(ユビフランス)の統合により「フランス貿易投資庁-ビジネスフランス」が発足しました。 世界 70 カ国に在外事務所を構え、 1500 人のスタッフが、国際的な官民ネットワークのもと活動し、企業へのサービスを提供しています。 コーポレートパンフレットはこちらよりダウンロード可能です。 Twitter では、最新の日仏企業ニュース、フランスビジネス環境、フランスのデジタル産業、テクノロジー、展示会情報などを配信しています。 https://twitter.com/BFrance_Japan  

もっと読む

           creative france   

    

           Business France

 

 

            About the French know how :
 
        
    Vivapolis

 

    Sport

 

    Rail industry

 

    French Healthcare

 

    Axema
 
 
   
Facebook
プレス、メディアギャラリー、資料