ニュース

Twitterで最新情報を配信しています @BFrance_Japan

業種別 ニュース検索

検索

フランス貿易投資庁-ビジネスフランス 日本事務所

仏PELLENC(ペレンク) 軽量・パワフル・使いやすさを兼ね備えた最新電動剪定ばさみ Vinion(ヴィニオン)

Kaori SUENAGA - 18-août-2016 09:10:07

    在日フランス大使館 貿易投資庁 プレスリリース No.590226 2016 年 8 月 23 日 仏 PELLENC( ペレンク ) 軽量・パワフル・使いやすさを兼ね備えた 最新電動剪定ばさみ  Vinion( ヴィニオン )   2015 年 4 月にペレンク社が世界的に発売した電動剪定ばさみ「 VINION (ヴィニオン)」は、初年度の売上目標を 40% 上回り、ユーザーからの高い評価を得ました。軽量、パワフル、使いやすさを兼ね備えた第 6 世代の剪定ばさみは競合製品のいずれをも圧倒する価格で提供され、大成功を収めています。フランスで 400 軒のブドウ栽培農家を対象としたアンケート調査を実施した結果、 Vinion ユーザーの 95% が製品に満足していると回答しました。   Vinion は日本では株式会社ニッカリを販売総代理店とし、とりわけ果樹市場(ブドウ、モモ、ナシ、カキ等)向けに販売されています。日本市場でも好評で、今後もこの市場での拡大を見込んでいます。   市場最軽量のはさみ部は使いやすさ抜群 市場最軽量( 680 グラム)のはさみ部は、農作業に伴う筋肉の張りを軽減します。前述のアンケートでは、 78% のブドウ栽培農家が購入を決めた第一の理由として、はさみの軽さをあげており、 87% のユーザーがその軽さに大変満足していると回答しました。 人間工学を考慮した設計は、フランス人はもとより、日本人の手にもフィットし、その操作のしやすさは高く評価されています。またハーフオープンモードとフルオープンモードが自動で切り替わるため、面倒な設定は不要です。切断刃の交換も工具レスで簡単に交換・調整が行えます。   バッテリー性能の要となるリチウムイオンの高い技術 Vinion のバッテリー寿命も特にユーザーに好評でした。 リチウムイオン技術とブラシレスモーターを手掛けて 10 年以上の経験をもつペレンク・グループは、超軽量なのに 9 時間使用できる、市場で最も高性能のバッテリーを開発しました。充電量にかかわらず一定の電力を供給し、 3 つの切断モードをボタン一つで設定できるため、一日中剪定する農家のあらゆるニーズに対応できます。バッテリー残量の表示もあります。   ユーザーが高く評価した価格と品質のバランス Vinion のユーザーが満足している 3 番目の理由は品質(性能)と価格のバランスです。価格以上の性能は競合他社製品を寄せ付けません。    Vinion : メイドインフランスの剪定ばさみ 1973 年に設立したペレンクは、南仏ペルチュイで工具を開発製造しています。 新しい製品シリーズを発売するにあたり、元来性能が優れているペレンク業務用工具を全面的に見直しました。製造ラインを大きく変革し、前例のない価格と品質を実現させました。     全体として顧客の 95.8% がペレンクを業界の仲間に口コミで推奨できると答え、また 94.8% が将来買い換えるときもまたペレンクを選ぶと答えています。   各写真のダウンロード  製品写真はこちら⇒  http://bit.ly/2bzyk3c    利用シーンの写真はこちら⇒  http://bit.ly/2b0iGfN     PELLENC (ペレンク)グループについて 1973 年にロジェ・ペレンクが創設したペレンク・グループは、現在、専門農業および緑地・公共施設の保全業務に使用される機械、装置、電動式携帯型工具(リチウムイオン技術)の世界的リーダーとして知られています。ペレンク・グループの発展は、その創設以来、たゆまぬイノベーションという方針に基づいています。市場の進化を先取りし、専門業務に携わる顧客に常に高い性能をもたらすソリューションを届けることをめざしています。この戦略により 859 件の特許を取得、さらに数々の報償、受賞、優勝の実績がペレンク製品の優れた特質を証明しています。 現在、社員は 1408 名、子会社 16 社、 8 つの事業拠点をフランスおよび世界に展開しています。フランスには 108 名のエンジニアを擁する R&D テクノ・センター、また世界各地に 800 ほどの販売代理店があります。ペレンク・グループ(総売上高 2 億 1200 万ユーロ)は、特にブドウ栽培、ワイン用果樹栽培、果樹園、オリーブ栽培の分野で世界的リーダーの地位を確立しています。また、フランス国内の経済に貢献するだけでなく、全世界で販売を強化しており、顧客数は 5 万近くになります。 ペレンク・グループは、また長年にわたりグローバル環境方針に基づき、「ゼロ・エミッション」製品を完備して提案するとともに、「エコ建築」規格に対応する工業用ツールの開発と普及、物流の最適化による廃棄物の削減と環境への影響低減に取り組んでいます。ペレンク・グループの長い歴史と市場におけるリーダーの地位は、製品の技術革新、たゆむことのない業績向上、持続的な活動の展開を推進する能力に支えられています。 Pellenc S.A. Quartier Notre Dame - Route de Cavaillon B.P. 47 - 84122 Pertuis Cedex - FRANCE 広報担当 : Ms Jessica GALIZZI – Head of communication     Email : j.galizzi@pellenc.com   Tel. + 33 (0) 4 90 09 47 00 インターネットサイト: www.pellenc.com     ペレンク製品の販売に関するお問い合わせ 日本販売総代理店 株式会社ニッカリ 国内営業部  Tel:086-943-0061 http://www.nikkari.co.jp/wp-content/uploads/2016/02/vinion.pdf            

国際航空宇宙展にフランスパビリオン出展

Asako MATSUKI - 17-août-2016 10:24:15

2016年10月12日~14日、 国際航空宇宙展(JA2016) では、航空関連中小企業20社からなる企業団が来日、フランスの革新的な技術やノウハウを紹介します。 国際航空宇宙展(JA2016)は航空産業の最新技術が紹介される業界向けの展示会です。4年に一度開催されるアジア最大規模の同イベントは、企業・団体・省庁の意思決定者との交流の場となっています。今年は30000平米に700企業・団体が出展。来場者数も30000人近くになると予想されています。 3日間にわたり、フランス大使館 貿易投資庁-ビジネスフランスはフランス企業と日系企業とのビジネスマッチングを行い、とりわけ中小企業間のビジネス促進を図ります。また10/12(水)13時30分~、東京ビッグサイト(会議室10号室)にて技術セミナーを開催し、日本の業界向けに参加各社がそれぞれの技術・ノウハウを紹介します。 また会期中には大手日本企業への訪問も予定されています。本ビジネスミッションの目的は、航空宇宙分野におけるフランスのノウハウを明確にし、同分野における日仏間の協力関係を強化することにあります。 フランス航空局(DGAC)と経済産業省間における日仏超音速旅客機開発プロジェクトに象徴されるように、航空宇宙分野における日仏協力には活気があります。この協力は素材、ロボット、バッテリー、ネットワーク、シミュレーション、センサー、また日本が世界の最先端の一角を成すITS(Intelligent Transport Systems/高度道路交通システム)など航空技術分野における両国の関係を拡大させることで更に強化され得るでしょう。 航空宇宙産業全般における日仏公的研究機関の協力は活発で、産業協力に解放的であり、フランス企業にとっての日本への架け橋となり得るものです。 2016年10月12日~14日、東京ビッグサイトの国際航空宇宙展(JA2016)、クリエイティブ・フランスパビリオン(ブース番号W2-058)へ是非お立ち寄りください。 お問い合わせ先 :                                                                                  フランス大使館 貿易投資庁-ビジネスフランス 大阪事務所代表補佐 桜本 実 電話:06-6131-5271 / FAX : 06-6343-0028 E-mail : minoru.sakuramoto@businessfrance.fr

世界原子力展示会2016 第2回WNEを成功のうちに閉幕

Kaori SUENAGA - 09-août-2016 02:52:05

  プレスリリース 2016 年 7 月 29 日 世界原子力展示会 2016   第 2 回 WNE を成功のうちに閉幕     原子力エネルギー業界の重要な国際イベント、第 2 回世界原子力展示会「 World Nuclear Exhibition ( WNE )」がパリのル・ブルジェ展示会場で 6 月 28 ~ 30 日に開催され、ビジネスの基盤として大きな成果をあげました。 「世界のエネルギー・ミックスにおける民間原子力産業」をテーマとした WNE 2016 は、ビジターの顔ぶれ、あるいは契約や提携の成立件数においても、際立って国際的なものとなりました。   数字が示す成果   今回の出展者数は 37% 増、展示面積は 42% 拡大、ビジター数も 22% 増と、 WNE 2016 の成功はその数字からも明らかです。 出展者の 35% ( 2014 年は 24% )、ビジターの 28.5% ( 2014 年は 21.5% )がフランス国外からの参加者であったことから WNE の国際性がわかります。   フランス国外からの出展者  35%   vs. 24% (2014) 27 か国から出展、 17 か国のパビリオン   外国人来場者  28,5%   vs. 21,5% (2014) 外国人来場者数は 61% 増 展示会のハイライト   開幕式 出展者が勢ぞろいするなか、ジェラール・コットマン WNE 議長が開幕を宣言し、ファティ・ビロル国際エネルギー機関( IEA )事務局長が演説しました。ビロル事務局長は「 2015 年は世界各地で大規模な原子力施設が次々と建設された」と指摘したうえで、「原子力の安全性に対する社会の懸念に対応することが我々の最も重要な課題のひとつであり、全世界に対応できる規制機関の重要性を過小評価するわけにいかない」と述べました。とはいえ、ポスト COP21 に向け、また低炭素化の誓約を守るために原子力が不可欠であること、その観点から世界のエネルギー・ミックスにおける原子力の割合は今日の 11% から 2040 年には 18% ないし 20% に引き上げなければならないと語りました。   フランスのエマニュエル・マクロン経済・産業・デジタル大臣は、原子力業界の関係者に対し「業界の活気」を称えるとともに、次のように語りました。「原子力は単に過去の選択肢ではなく、 21 世紀の課題に本格的に取り組むためのまったく現代的なソリューションです。というのも、原子力は雇用のために重要であり(…)特にこの業界は有資格者 22 万の雇用、 2,600 の企業、約 500 億ユーロの売上という実績をあげています(…)。また、気候および環境対策においても中心的な役割を担うものであり、原子力のおかげでフランスは脱炭素発電を実現できます」 充実したラウンドテーブル プラチナ・スポンサー(アレバ、フランス電力 (EDF) 、アシステム、アンジー)、ゴールド・スポンサー(ボカール、中国核工業集団、中国広核集団、ロスアトム、ウェスティングハウス)、公的機関(放射性廃棄物管理公社 (Andra) 、フランス原子力庁 (CEA) )の主催で、 11 のラウンドテーブル( 2014 年は 6 )が設けられました。 2016 年のテーマ「世界のエネルギー・ミックスにおける民間原子力産業」をめぐり、民間原子力業界の著名なゲストを招きパネルディスカッションが行われました。   未来を見据えた第 1 回 WNE 賞授賞式 6 月 29 日(火) 17 時、 4 つの審査委員会の委員長、すなわちベルナール・ビゴ委員長(イノベーション)、ジャック・レガルド委員長(優れた運用)、デイヴィッド・ドリュリー委員長(スキルマネジメント)、ウィリアム・ D. マグウッド IV 委員長(原子力の安全性)が 2016 年の受賞者を発表、 118 の候補者から 4 者に賞が贈呈されました。   「イノベーション」部門の受賞者は … アレバ:「重要な原子力部品の寿命を延長するための超高圧キャビテーション・ピーニングの利用」プロジェクト 「優れた運用」部門の受賞者は … ASE グループ - ロスアトム エンジニアリング部門 : 「 Multi-D® 技術による主要プロジェクトの管理システム」プロジェクト 「スキルマネジメント」部門の受賞者は … EDF :「運用時の火災リスク管理プラットフォーム」プロジェクト 「原子力の安全性」部門の受賞者は … アレバ:「原子力調査事業を支援するモジュール式汎用ロボット」プロジェクト   その他の賞 WNE では、 6 月 29 日(水)に「 WiN 賞」、 6 月 30 日(木)には「 Innovatome (イノヴァトム)」、「 Spark Contest (スパーク・コンテスト)」、「 Fem’Energia (ファメネルジア)」各賞によって業界で活躍する人々を表彰しました。   ビジネス環境 重要な契約 展示会場の様々なブースで数多くの契約や提携が成立し、中でもビジネスのために設けられたセッションで商談が進みました。 2014 年の第 1 回展示会で反響を呼んだ「 Business opportunities (ビジネス・オポチュニティ)」のほか、特別セッションでは ITER (国際熱核融合実験炉)、カナダ、米国、インド、ポーランド、トルコ、欧州委員会などの国や組織がそれぞれのニーズを紹介しました。   実りある交流 Des échanges fructueux WNE は世界の原子力業界関係者の出会いの場として大いに力を発揮し、数々の契約が成立しました。 特に今回の展示会では教育と将来のための能力育成に焦点をあて、「 Training Planet (トレーニング・プラネット)」を開設し、一部の国における教育の必要性や教育機関のプログラムを紹介し、この期待に応えました。 「 Workshops 」や開催初日夕方の「 Happy Hour 」なども出展者とビジターの交流の場となりました。   イノベーションにスポットライト 「 Innovation Planet (イノベーション・プラネット)」ではスタートアップが原子力に貢献   オープンイノベーション、 IoT (もののインターネット)、ファブラボ、その他のハッカソンの時代となった今、原子力業界においても、もののネット接続やゲームなどに使用される 3D モデリングが注目されています。業界の老舗企業と並び、 Innovation Planet では先駆的な企業を 15 社ほど紹介しました。彼らの文化を吸収することは原子力産業のイノベーションの促進につながります。   Photos © WNE 2016 – Christian Bamale             AIFEN (フランス原子力産業輸出協会)について WNE は、 AIFEN (フランス原子力産業輸出協会)のイベントです。 AIFEN は、燃料の製造から解体に至るまで原子力の全サイクルに関与する 300 以上のフランス企業および重要機関( PFCE 、 PFME 、 GIIN 、 PNB )を代表する団体です。   主催団体 オーガナイザー プレスコンタクト (英・仏語) Ms Nathalie Vinatier www.aifen.fr www.reedexpo.fr nathalie.vinatier@nereides-conseils.fr   このプレスリリースに関するお問い合わせ先 フランス大使館 貿易投資庁-ビジネスフランス 東京事務所 プレス担当  末永 かおり Tel. : + 81(0)3 57 98 61 28   /   Fax : + 81(0)3 57 98 60 81 Mail : kaori.suenaga@businessfrance.fr 〒 106-8514 東京都港区南麻布 4-11-44  

プレイタイム東京 フランス企業9社が出展

Chihiro AIKAWA - 08-août-2016 04:42:53

  8 月 23 日(火)~ 25 日(木)ベルサーレ渋谷ガーデンで開催される 日本最大級のキッズファッションとマタニティの展示会「プレイタイム東京」に、ビジネスフランスの支援のもと 9社のフランス企業が出展します。   フランスのキッズファッションはプレタポルテ産業の中でももっとも需要が大きく、ダイナミックな市場のひとつです。また、 国際市場でもクリエイティビティ、安全性、品質の高さで高い評価を受けています。   今回のプレイタイム東京には、キッズファッション、ママとベビーで使えるコスメ、スイムウェアやぬり絵など、フランスらしいおしゃれでユニークな9ブランドが出展し、日本市場との関係強化を目指します。ぜひ、会場にお越しください。     プレイタイム東京 2016 年 8 月 23 日(火)~ 25 日(木) 場所:ベルサーレ渋谷ガーデン オフィシャルサイト : www.playtimetokyo.com       出展企業 Bleu comme gris Paris (ブルー・コム・グリ・パリ):ブース番号 D05 0 ~ 14 歳までのキッズウェア、アクセサリーブランド。ウォームカラー、かわいいプリント柄、良質なファブリック、ファッショナブルなカッティングで、パリらしい「カジュアル・シック」と時代を超えたクラシカルなスタイルをミックスしています。   Bonheur du jour (ボンヌール・ドゥ・ジュール):ブース番号 E06 3 か月から 16 歳までのキッズ・ウェア、アクセサリーブランド。上質な素材や繊細な刺繍、丁寧なディテールにこだわっています。毎日のファッションをおしゃれで個性的にする色使いのコレクションです。おしゃれで流行を取り入れているのはもちろんのこと、毎日の生活の中で着られる、着やすく手入れの簡単な服を作っています。   Centifolia (センティフォリア):ブース番号 A27 ベビー、ママ&ファミリーで使える安心のオーガニックコスメ。全製品が厳しい「エコサート」認証を受けており、各製品のオーガニック成分の割合(全成分中)は非常に高いものばかりです。手ごろな価格で、ギフトにも喜ばれるラインナップです。   Frenchy Yummy (フレンチー・ヤミー):ブース番号 D10 オリジナルでトレンディかつラグジュアリーな「 ロックシック」なファッションをコンセプトにしています。スイムウェアラインにはスワロフスキーを使用。コットンラインは 0 ~ 14 歳まで。 Les petites choses ( レ・プティット・ショーズ ): ブース番号 C05 0 ~ 10 歳までのキッズブランド。フランスとアメリカ両方のカルチャーをミックスしたスタイルを南フランスから発信。シックで楽しいコレクションやスポーツウェアを、情熱をこめて作っています。   Louise Misha (ルイーズ・ミシャ):ブース番号 A33 ガールズとレディースのプレタポルテおよびジュエリー・アクセサリーのブランド。ボヘミアンでノスタルジックなテイストあふれるやさしい世界を表現しています。   Miboti (ミボティ):ブース番号 B15 フランス人デザイナーによる環境に配慮したエシカルなキッズファッションブランド。 0 ~ 9 歳対象。オーガニック繊維製品であることを示す GOTS 認証を すべての製品に 取得しています。ビビッドなカラーと楽しい動物のキャラクターがデザインされた、よだれかけ、パジャマ、タオル、ベビーベッドガードなどをラインナップ。     Noro (ノロ):ブース番号 E13 3 か月~ 16 歳までのシックなデザインのキッズファッションブランド。ドット、ボーダー、花柄、チェックなどを用いた、ナチュラルでポエティック、そして絵のようなデザインを提案。上質な素材を用いてディテールや仕上げにこだわったボヘミアンシックなスタイルの洗練されたコレクションです。やわらかで繊細なトーンのロマンチックなプリント地が特徴。   OMY (オーマイ):ブース番号 A02 明るく、ユーモアあふれるぬり絵ブランド。ぬり絵として遊べるだけでなく部屋のインテリアにも使えるラインを提案しています。布や紙、インクなどの素材を品質と環境に配慮して厳選しています。   コンタクト : フランス大使館貿易投資庁 大阪事務所  遠藤 妙子 Tel : 06 6131 5273 Email : taeko.endo@businessfrance.fr  

スポーツ界のスタートアップを収容するパリのインキュベーション

Asako MATSUKI - 03-août-2016 05:38:48

2014年11月、パリ市とパリ経済開発局(Paris & Co)は、スポーツ産業のイノベーションに特化したスタートアップを収容するインキュベーション施設「Le Tremplin」を開設した。ジャン=ブーアン スタジアム(Stade Jean-Bouin)内に設置され、リノベーションされた施設である。ここでは、スタートアップ向けにサポート、資金援助、セミナールームやワーキングスペースを提供している。 現在、Le Tremplinでは、第2弾となるスタートアップ向けプロモーションを行っている。 2015年は17社のスタートアップが選出され、今年の5月にはあらたに19社が加わった。 イノベーションを目指す起業家にとって、盛り上がりを見せるスポーツ界は、投資家から注目を浴びる有望市場だ。Le Tremplin では Mac-Lloyd(高性能のセンサー) 、 Gymlib(スポーツ施設利用のプラットフォーム) 、 Arioneo(競走馬のデータサイエンス) など将来有望なフランスのスタートアップが収容されている。Le Tremplinではイノベーティブな技術を持つ多様なスタートアップを受け入れ、こうしたイノベーションが競技に生かされ、勝利に結びつく日を待ち望んでいる。 同施設の資料(英語)はこちら http://www.letremplin.paris/wp-content/uploads/2016/06/Présentation-Tremplin-en-anglais-.pdf

レクトラ・ジャパン スクールプログラムセミナー開催

Chihiro AIKAWA - 03-août-2016 05:11:27

フランス大使館貿易投資庁-ビジネスフランスは、来る2016年8月25日(木)に、ファッション&アパレル業界向け ソリューションを提供するLectra(レクトラ)によるスクールプログラムセミナーを開催します。 Lectraは、長年に渡ってファッションやアパレルを学ぶ学生や専門家の育成に取り組んできました。スクールプログ ラムは、60カ国で850を超える教育機関で提供されています。同社はコレクション企画と管理ソフトウェアの 60,000以上のライセンスを提供し、関係者を対象として最新の技術をトレーニングしています。 当セミナーでは、WGSN社の浅沼小優氏をお招きし「社会動向とファッショントレンドはつながっている-2017春夏を例に」と題して講演をしていただきます。そしてそれらのトレンドをかたちにするためのLectraのソリューション、スクールプログラムの概要、および海外での事例を紹介します。 フランス発のファッション&アパレルソリューション開発企業Lectraへの理解を深めていただく場として、また同社の関係者との情報交換、またビジネス交流の場として、ぜひご参加ください。   日時: 2016 年 8 月 25 日(木)  14:00 - 17:20  (受付開始 13:30) • 会場: フランス大使館  会議室  (港区南麻布 4-11-44) • 定員: 40 名  (事前登録制) • 参加費: 無料 • プログラムは、 こちら をご覧ください。 • セミナー後は 、同会場 にて ネッ トワーキン グ懇親会 を 17:50 -19:00 に行い ます 。 なお会場のフランス大使館のセキュリティの関係上、事前登録が必要になりますので、 参加希望の方は下記までお申込みください。 ご参加いただく方の:①氏名 ②所属団体名 ③役職/部署(英語名も) ④電話番号 ⑤Emailアドレスもご明記くださ い。こちらをもとに当日ご持参いただく「参加登録証」を発行、送信いたします。 事前登録お申込み先: フランス大使館企貿易投資庁-ビジネスフランス 堀江啓子 Tel : 03-5798-6113 Mail : keiko.horie@businessfrance.fr

活気づくメイドインフランスのゲーム

Asako MATSUKI - 02-août-2016 10:14:16

ロサンゼルスで6月に開催された世界最大のコンピューターゲーム見本市 Electronic Entertainment Expo(E3) で、フランスのゲームが注目を浴びた。制作会社につき、1~2本が紹介されるのが通例であったが、今年は全体の3分の1をフランスのゲームが占めた。特に仏ゲームメーカー UBISOFTは「Ghost Recon Wildlands」や「STEEP」などの純メイドインフランスの超大作を発表した。 技術革新の成長の証として、フランスのコンピューターゲーム産業における2016年前半の成長率は4%、産業全体の売上は11億4000万ユーロを記録した。開発費用が税控除されるゲーム税額控除制度や研究開発税額控除制度などフランス政府措置が追い風となり、2016年全体の売上も上向きになると見込まれている。 あらたにフランスのクリエイティビティが実を結んだ例として、フランスのゲームスタジオ DONTNOD により発表された「Life is Strange」は世界中のゲーマーを感動の渦に巻き込んだアドベンチャーゲームだ。フランスで制作されたゲームは、国境を越え、数百万本を売り上げた。

貿易投資庁-ビジネスフランスとは
フランス貿易投資庁 - ビジネスフランス フランス貿易投資庁 - ビジネスフランスは、フランス経済の国際化を促進する国の機関です。 フランス企業の国際展開と貿易振興、また外国企業のフランス進出を支援します。 フランスの経済国としてのイメージ向上、特に地方や企業の魅力を伝える広報活動を推進し、フランス国際企業インターンシップ・プログラム( V.I.E )の発展も担います。 2015 年 1 月 1 日、対仏投資庁( AFII )とフランス企業振興機構(ユビフランス)の統合により「フランス貿易投資庁-ビジネスフランス」が発足しました。 世界 70 カ国に在外事務所を構え、 1500 人のスタッフが、国際的な官民ネットワークのもと活動し、企業へのサービスを提供しています。 コーポレートパンフレットはこちらよりダウンロード可能です。 Twitter では、最新の日仏企業ニュース、フランスビジネス環境、フランスのデジタル産業、テクノロジー、展示会情報などを配信しています。 https://twitter.com/BFrance_Japan  

もっと読む

    
    You Buy France 

    

    Rail industry 

   

    Vivapolis  

   

    Healthindustry

   

    Axema

          
   
Facebook
プレス、メディアギャラリー、資料